logo

NECラーニング、本格的ビッグデータ時代の到来に対応し、R言語の入門編トレーニングを4月から開講

~ビッグデータ解析システムの導入コスト削減とカスタマイズ性を向上させるR言語~

NECラーニング株式会社(代表取締役執行役員社長:萩原卓、本社:東京都港区、以下NECラーニング)は、本格的なビッグデータ時代の到来を迎え、統計解析用の開発言語として注目されているR言語の入門編トレーニング「R言語入門」コースを、本年4月から開講します。

オープンソース・フリーソフトウェアの統計解析用の開発言語であるR言語は、ビッグデータ解析システムの開発や運営に最適な言語です。従来、コンビニエンスストアや百貨店等の店舗の購買商品分析を行う場合、数千万円以上もする高価なツールを購入するか、汎用開発言語を用いて複雑なプログラミングを行う必要がありました。
R言語は、簡単な関数を用いてデータ分析が行え、グラフ表示も容易にできることから、ビッグデータ活用の導入コストを軽減でき、お客様の要望にきめ細かく対応できるデータ分析機能の提供を可能にします。

またR言語を習得するためには、C・Java・PHPなどの汎用開発言語と比べて、基礎的な統計学の知識を習得する必要があります。このためNECラーニングでは、R言語を習得するために必要な統計学基礎知識を学ぶ【ビッグデータの分析と活用~統計解析手法によるデータ分析入門~】コースを提供しており、今回の「R言語入門」コースと一緒に受講することをお勧めしています。

「R言語入門」コースの概要・価格および受講フローは、次のとおりです。

1. 「R言語入門」コース(1日間コース)
概要:統計解析に適したデータ構造を扱え、各種統計手法を処理する関数を備えたプログラミング言語「R言語」の基本文法を学習します。

到達目標:
・R言語で処理するデータの定義ができる。
・R言語の基本的なプログラムが記述できる。
・R言語の実行環境、Rguiの操作ができる。

前提知識:
・プログラムの作成経験がある方。

受講料:
43,200円(税込)/40,000円(税抜)

講習日数とスケジュール:
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。