logo

「XPフォーエバー」ハードディスクの限定的ROM化によるウィルス定義ファイル更新不要、永久型アンチウィルス・セキュリティソフト出荷開始

有限会社電机本舗 2014年03月13日 09時00分
From DreamNews

報道関係者各位
プレスリリース

 有限会社電机本舗は、「XPフォーエバー」を出荷開始しました。
ウィルス定義ファイル更新不要の永久型のセキュリティスイートです。

【XPフォーエバー主要機能】
1.DEP(Data Execution Prevention)の機能の全開。DEPによりデータを経由して感染するウィルスから防御。
2. ハードディスクへ限定的ROM化。ディスクにプログラムの書き込み禁止機能を付与しウィルスを感染防止します。
3.USBメモリからのプログラムファイルの実行禁止機能。これによりUSBウィルスからの感染防止機能を実現。

1.DEP(Data Execution Prevention)の機能の全開
Windowsは工場出荷状態でDEPというセキュリティ機能が100%ONになっていません。半開状態となっています。これを100%完全作動させます。DEPはService Pack 2から使用できます。
現在最も問題となっている「ソフトウェアの脆弱性」を付くウィルスに対してDEPによる対応を提供します。
Jpeg画像、PDFファイル、動画ファイルなどデータ経由でアプリ持つ「脆弱性」を付くウィルスに対して免疫を最大にします。


2. ハードディスクの限定的ROM化
 次に、ハードディスクへのプログラムの書き込みを禁止します。ウィルスと言ってもプログラムです。ディスクに書き込みなければ電源OFFと共にメモリ上のウィルスは消えます。
 Windowsではウィルスを含むプログラムは拡張子が.exe, .cmd, .com, .dll, .sys, .cpl,.bat,.wsh・・・etcと決まっています。
 「XPフォーエバー」は限定的ROM化により、DEPによる防御を突破したウィルスに対しファイルへのプログラムの書き込みを抑制します。これによりウィルスの繁殖を防ぎます。



3.USBメモリからのプログラムファイルの実行禁止機能
 USB経由のウィルス対策として、USBからのプログラム読み込み防止機能、実行防止機能を備えます。
 autorun.inf, autorun.iniファイルによる自動実行を防御します。
 また、USB上のプログラムファイルのみ狙い撃ちし、読み込み防御、実行防御します。
つまり、通常のドキュメント、データファイルは自由に読み書きを許します。USB上のプログラムだけ読み込み/実行を禁止。
これによりUSBメモリ/ディスクの利便性はそのままで現実的なセキュリティを実現します。


4.悪意あるプログラムを3つに分類、効果的なセキュリティを提供

 多種多様のウィルス、悪意あるプログラムの感染ルートを類型化し、この中で問題となる実行型プログラムとこれの進化形態であるデータ型に対して効果的な更新ファイル不要のセキュリティを提供します。
 


5.仕様

■URL
リンク  ・・・ 公式Webサイト
リンク ・・・ 支援サイト(OutlookExpressの諸注意)

【価格】 
ダウンロード版 価格:3,980円

2014年3月12日出荷開始

【動作環境】 
・Windows XP 32bit, SP2以降に対応
・VISTA 32/64bit, Windows732/64bit, Windows8 32/64bitにおいては対応しているが未サポート
・空きメモリ512Mバイト以上
・ディスク容量100Mバイト

【本件に関するお問い合わせ先】
有限会社電机本舗
TEL   : 03-5449-7057(13:00~17:00)
FAX   : 03-3447-2775
E-mail : info@dnki.co.jp
郵便番号108-0074
東京都港区高輪1-2-16-6A




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。