logo

フォルクスワーゲンとアウディ、ボーダフォンを採用し、車両のネットワーク化を実現

Vodafone 2014年03月12日 16時00分
From DreamNews

ボーダフォンは本日、ヨーロッパにおいてフォルクスワーゲンおよびアウディと、新たな契約を締結したことを発表しました。当社、本契約に基づき、2015年以降のアウディの新モデルに対して、車両コネクティビティの提供を開始します。

自動車業界向けに特別に開発された組み込み型のSIMチップは、今後登場するアウディの新型車に搭載されます。現在のアウディコネクトのポートフォリオは、WLANホットスポットならびに車載ナビゲーション、コミュニケーションおよびインフォテイメントサービスによって構成されています。2013年にアウディS3は、4G対応インフォテイメントシステムを統合するアウディの最初のモデルとして市場に投入されました。これにより、ボーダフォンのお客様は車内でボーダフォン4Gネットワークへアクセスすることができます。アウディコネクトを搭載したS3は、ドイツで開催中の展示会であるCeBITのボーダフォンのブースにて展示されています。

ボーダフォンのM2M事業部門チーフエグゼクティブ、エリック・ブレンナイス(Erik Brenneis)は次のように述べています。
「私たちは、マシンツーマシン(M2M)通信サービスをフォルクスワーゲングループに提供できることをうれしく思います。この契約により、M2M通信の主要市場の1つである自動車部門における私たちの位置づけは、さらに強化されるでしょう。車載ネットワーク化を実現した自動車は、私たちの効率的なモバイル通信ネットワークを活用することで、ヨーロッパの国境を越えてさらに普及するでしょう。」

グローバルSIMは、将来的に自動車へ広く搭載され、ボーダフォンネットワークとグローバルM2Mサービスプラットフォームを活用して、車両を運転中の顧客に対して、高速インターネットへのアクセスを提供することができます。SIMチップは、自動車業界の厳しい品質要件を満たすために特別に設計・開発されており、摂氏 -40° から +85° の温度で確実に機能します。SIMのアクティベーションおよびサービスプロセスは、フォルクスワーゲングループの特定要件に基づきボーダフォンによって設計されました。

自動車業界は、成長著しいM2M通信分野において既に中心的な役割を担っています。主な原動力の1つはEU全体で展開予定である、事故を起こした時に自動的に遭難信号を送信する「eCall」緊急通報システムです。さらに、自動車に搭載された電子システムを介してオンライン情報サービス、音楽およびビデオへアクセスしたいと考えているエンドユーザーが増えています。これらの通信およびインターネットを利用したインフォテイメントサービスもまた、M2M通信分野における力強い成長を牽引しています。

ボーダフォンはM2M通信の分野で20年以上の経験を持つ世界的リーダーです。当社は、世界規模で事業を展開し、自動車からエネルギーおよび運輸とロジスティック分野まで、すべての主要な産業部門の企業のニーズに250名から成る専門家チームが対応します。調査会社Analysys Masonによって発表された最新のM2M通信サービスプロバイダーのランキングで、ボーダフォンは3年連続で1位を獲得しました。

詳細に関しては以下ウェブサイトをご参照ください。 www.vodafone.com/media/contact

ボーダフォンについて ボーダフォンは売上高で世界最大規模のモバイル通信会社です。2013年12月31日現在で、携帯電話の加入者数は統制市場および共同統制市場において約4億1900万人に上ります。ボーダフォンは、世界約30カ国の電気通信事業に持分を持ち、世界中におよそ50のパートナーネットワークを有しています。詳細に関しては、次のウェブサイトをご参照ください。www.vodafone.com


ボーダフォン M2Mについて
ボーダフォンM2Mは、個別に稼動していた機器やデバイスをネットワークに接続させ、新たな機能やより高度なサービスを人の手を介さず提供することができるように変革させることができる技術です。20年を超える経験と250名の専任スタッフによってサポートされるボーダフォンのグローバルM2Mプラットフォームは、グローバル企業のために、地域間にまたがる展開でも集中管理を可能にするだけではなく、高度な制御機能をお求めやすい価格で提供されています。詳細については以下ウェブサイトをご参照ください。リンク

Twitter: @vodafone_m2m
YouTube:リンク
Website:リンク

報道関係者問合わせ先:
担当:神谷
電話番号:03-5269-1038
vodafone@jspin.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事