logo

Adaptec by PMCとシーゲートがCeBIT2014で 12Gb/秒SASとティアリングストレージソリューションを展示

maxCache Plusティアリングソフトウェア対応のAdaptec8シリーズ RAIDアダプタと
12Gb/秒 SAS HBAベースのソフトウェアディファインドストレージをデモ

2014年3月6日カリフォルニア州サニーベール: 半導体のソフトウェアソリューションの革新的企業で、ネットワークをビッグデータを接続、移動、保管するものへと変革するPMC-Sierra,Inc. (Nasdaq:PMCS)は、3月10日より14日まで、ドイツのハノーバー市のHannover Exhibition Groundsで開催されるCeBIT2014に出展いたします。ホール2,Stand B49(3)のAdaptec by PMCブースをぜひご覧ください。

近年のビッグデータアプリケーションは、従来のデータセンターソリューションでは提供不可能な、最高レベルの密度と柔軟性、パフォーマンスを必要としています。今回、Adaptec by PMC®と Seagate, Chenbroはストレージシステムの管理者の現在の要求を満たすために非常に重要な2つの最先端のストレージソリューションを展示します。

主な展示内容:
Adaptec by PMCは、組み込み済みのゼロメインテナンスキャッシュプロテクション(ASR-81605ZQ)と、先進のキャッシングとティアリング(階層化)ソフトウェアであるmaxCache Plus搭載の8シリーズ12Gb/秒SAS RAIDアダプタのデモを行います。デモ構成は12GB/秒SAS SSDとHDDをからなる2つに階層化されたストレージソリューションが特長です。パフォーマンス階層は、シーゲートの1200 12Gb/秒SAS SSDで構成され、シーゲイトのエンタープライズクラスのConstellation.2 SATA HDDで構成された第2階層を加速させます。 Adaptec maxCache Plusティアリング機能と、冗長性のあるストレージプールは両方ともAdaptecのmaxViewストレージマネージャを使用して管理されます。

新しく追加された4ポートのRAIDアダプタ、ASR-8405を含む、8シリーズアダプタファミリは、より速く、より高密度でより高速、より幅広いストレージ環境を可能にし、それは直接的により高速なデータ転送やデータアクセスとなります。8シリーズのmaxCache Plus™ティアリング(階層化)機能のような技術革新により、データセンタ設計者がそのストレージ資産から最大の価値とパフォーマンスを引き出すことをサポートします。

第2のデモは、Adaptec by PMCの12Gb/秒SAS HBAとPMCの12Gb/秒SASエクスパンダ経由で接続され、Windows Storage Space™ソフトウェアデファインドストレージソリューションに基づいた冗長性と高可用性を持つクラスタが特長です。 Chenbroの外部高密度ストレージソリューション(RM43260)は、サーバシステムを起動する基本的なRAID機能と完全なHBA機能を1枚のアダプタカードで提供する、PMCの12Gb/秒のROC技術に基づいたプロトタイプのsmart HBAソリューションを用いて2つのサーバノードに接続します。

詳細についてはwww.adaptec.com.をご覧ください。

-日時: 2014年3月10日から3月14日まで
-場所:ドイツ、ハノーバー市のHannover Exhibition GroundsのHall 2, Stand B49 (3) のAdaptec by PMC ブースにて

このプレスリリースの付帯情報

12Gb/秒SAS対応 Adaptec 8シリーズ RAIDアダプタファミリ

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

-Tiering:ティアリング(階層化)
-IOPS: Input/Output Per Second
-PCIe: PCI-Express
-SAS:Serial Attached SCSI
-RoC: RAID on Chip

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。