logo

Artprice: 2013年アート市場は15%成長(Art Price グローバル・インデックス)過去最高 ―アート市場レポート

Artprice 2014年03月08日 00時30分
From JCN Newswire

SAINT-ROMAIN AU MONT, FRANCE, Mar 8, 2014 - ( JCN Newswire ) - Artprice創業者兼最高経営責任者(CEO)のThierry Ehrmannが察知し、実際に2013年内に記したとおり、2013年は売上が120億ドルを超え、オークションの歴史において過去最高を記録しました。247年の歴史を誇るクリスティーズでは、戦後および現代美術を通して、史上最高額となるハンマープライス(1億2,700万ドル)を記録しました。落札されたのは英国の画家フランシス・ベーコンの作品です。2013年には、15,000点近くの美術品が新規に登録され、最初の入札があったものを含めると23,000点以上になります。

この素晴らしい年は、グローバル需要、特にこの市場の優れた業績に極めて重要な役割を果たし、20世紀の代表的な画家に対して飽くなき欲求を示したアジア、中東、ロシアのバイヤーによって支えられました。

Artprice.comは1987年以来、アート市場情報における世界的なリーダーであり続けてきました。毎年、世界中のオークション結果とともに、市場および美術品の時価や価格指数の変動、そしてこのアートという特定の市場で影響を及ぼした事柄などを分析しています。また、さまざまな文化的な感性や、多くの熱望を呼び起こすとともに失望も生み出す、芸術とお金の本質的な関係についても調査しています。

序章

2010年、Artpriceがまとめた数十万件の結果によると、アートの世界が市場参加者の誰も無視できない新勢力である中国によって大きく変化を遂げたことが明らかになりました。中国の年間の売上がはじめて、超大国の米国を圧倒しました。中国は4年連続で米国と対抗し、2013年には売上高で再び1位となりました。

中国、米国ともに、美術品の売上がこれほど好調であったことはありません。グローバル年間売上は13%増加し、106億ドルから120億ドルに上昇しました。グローバル価格指数は昨年15ポイント増加し、10年間に全体で80%上昇しました。

新たな投機的バブルの兆候ともいえ、数分のうちに数百万価格が膨れ上がる世界において、急上昇する価格とプレステージ・セールは熱狂的な競争をあおるのでしょうか。市場参加者によると、その答えはノーで、状況は大きく変化していると言います。

なぜなら、アート市場はもはや一握りの裕福なバイヤーには依存しておらず、そうしたバイヤーがオークションから撤退することで市場が崩壊することがなく、現在は、さまざまな理由でアート市場の高い領域に引き付けられた数多くの増え続ける大富豪によってはぐくまれているからです。現在、私たちが目にするのは、国家を輝かせるために設計された新しい博物館や、所蔵品の質の高さで名門であるとする個人収集家、マイクロバブルを育て、新人アーティスト作品を有効に売買し、その選択を時折見直す投資ファンド、主要な美術品の購入が同時に個人のアドベンチャーであり、社会的地位の向上であり、主要な投資となる新しい億万長者などの出現です。

それに加えて、2013年にトップ50入札された作品のうち8点は生存中のアーティストの作品であり、さらに、21世紀の作品で中国の画家Zeng Fanzhiによる「The Last Supper 」(2001)も含まれていました。

2013年の主要な数字

2013年は米国の売上が約20%増加したにも関わらず、中国の売上は再び増加(+21%)しました。中国と米国で売上はアート市場の70%近くを占め、両国の売上は互角でした。グローバル市場1位の中国は、売上が総額41億ドルで、トロフィーとされるアーティスト作品に対するグローバル需要が非常に高かったことから、米国においても、売上は40億ドルを超えました。

両国における着実な伸びに対して、その他の市場は大きく取り残されました。英国の売上は21億ドルで中国、米国の半分にとどまりましたが、3位の座を脅かされることはありませんでした。4位のフランスは5億4,900万ドル(市場占有率4.5%)で、その後にドイツが2億700万ドル(市場占有率1.7%)、スイス(1億5,900万ドル、市場占有率1.3%)、イタリア(1億1,000万ドル、市場占有率0.9%)と続き、以上の国々だけが売上1億ドルを超えました。

有り余るほどの出品物のなかで、売れ残り率が34%というのは、10年前と比較すると、2倍の売れ行きで、市場がその歴史においてこれほど活況であったことはありません。これは、過去10年間において、市場がいかに広範化したかを示しています。総売上高は120.05億ドルで、オークションの歴史において史上最高額を記録しました。これは実りの多かった2012年*と比較しても13%の増加で、その前に史上記録を達成した2011年の売上117.8億ドルと比較しても2.3%増加しています。

* Artprice.comが美術品と定義する、アーティストが明確に特定された絵画、スケッチ、彫刻、写真、版画、マルチメディアの2012年の総売上高は、2012年AMMA Artronレポートの幅広い観点に基づく数字によると、106億ドルに上りました。

Artpriceは、アート市場だけに関する年間レポートを7言語(簡体字及び繁体字を含む)にて発行しており、毎年6,300を超える国際組織、メディアに引用されています。世界中の4,500のオークションハウスにおけるオークション結果を基に、2013年アニュアルレポートでは、新しい売上や美術品の価格の変化に基づき更新されたマクロ及びミクロ経済分析を盛り込んでいます。本レポートはArtpriceの計量経済学部門でArtpriceプレスエージェンシーであるArtMarketInsightによって発行されており、「オークション売上トップ500アーティスト」、「年間トップ100 オークション結果」など数々の独自のランキングも収録しています。

Thierry Ehrmann

出典 : リンク (c)1987-2014 Thierry Ehrmann

PDF形式 - 138ページ
PDF版のレポート(完全版)はこちらよりダウンロードしてください。
リンク

Artpriceについて

Artpriceは50万人以上の美術家を対象とし、2,700万件以上の索引、オークション結果を含む美術品市場データバンクの世界的なリーダーです。Artprice Images(登録商標)は1700年から現在に至る美術作品の画像、彫版印刷物1億800万点のライブラリーである世界最大の美術品市場リソースと、Artpriceの美術史家のコメントに対する無制限のアクセスを提供しています。

Artpriceは4,500の国際的競売人からの情報で永続的にデータベースを更新しており、美術品市場の傾向に関する日々の情報を主要通信社と6,300の国際的報道機関に提供しています。Artpriceは250万人の会員(ログイン会員)に向けて、今や世界の主流になったStandardised Marketplace(登録商標)にフランス関連法(paragraphs 2 and 3 of Article L 321.3 of the French Code of Commerce)の規制に基づき固定価格販売、またはオークションによる美術品売買用に標準化された広告を掲載しています。

Artpriceは、ユーロネクスト・パリ SRD L.O. に上場されています。(ユーロクリア(Euroclear):7478、ブルームバーグ(Bloomburg):PRC、ロイター(Reuters):ARTF)
リンク
リンク

Artpriceのアルケミーと世界に関する情報は以下のサイトを参照。 リンク
Artpriceの本部は有名な現代美術館Abode of Chaos にあります。
リンク
リンク

お問い合わせ先:
Josette Mey
e-mail: ir@artprice.com

概要:Artprice

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。