logo

◎石内 都 - 2014年度ハッセルブラッド国際写真賞受賞者

ハッセルブラッド財団 2014年03月07日 11時10分
From 共同通信PRワイヤー

◎石内 都 - 2014年度ハッセルブラッド国際写真賞受賞者

AsiaNet 56084

【編註】クライアントからの要請により、提供された原稿をそのまま配信します。
    共同通信JBNでは一切編集を行っておりません。

石内 都 - 2014年度ハッセルブラッド国際写真賞受賞者

ハッセルブラッド財団は、日本の写真家石内 都氏を2014年度ハッセルブラッド国際写真賞受賞者としてご紹介できることを大変うれしく思っております。ハッセルブラッド国際写真賞賞金は100万SEK(11万EUR相当)。授賞式典は2014年3月6日に東京で開催予定です。石内 都氏の作品展示会「Miyako Ishiuchi -2014 Hasselblad Award Winner」は、2014年11月7日より、スウェーデン、イエテボリ市立美術館内のハッセルブラッド センターで開催が予定されています。同じく11月7日に、ハッセルブラッド財団は、受賞者によるセミナーを予定しており、石内 都氏の写真集も発表の予定です。

マルチメディアのニュースリリースは:

リンク

2014年度ハッセルブラッド国際写真賞受賞者の石内 都氏業績表彰:
石内 都は、35年間にわたり、インターナショナルなキャリアを確立してきました。そしてそれは深い感銘を与える力をもち、かつ意義深いものです。彼女の人間的な強さと妥協を許さないビジョンは、戦後の日本の個人的な表現というものだけでなく、最もパワフルな表現として結実しました。石内の作品は、極めて首尾一貫しており、断固とした、かつ独自の方法で、展開しています。カメラとカメラのもつあらゆる美的可能性を使って、記憶の政治的な側面と個人的な側面が交差する様を探究しています。石内は、男性支配的な日本の写真界において、特に女性として、パイオニアであり、かつ若い芸術家達の模範でありつづけています。石内 都は、写真家としての活動を通じて、その考えやスタイルやアプローチに、革新的であり、探究し、煽動し続けています。

ハッセルブラッド財団理事長に受賞者を提案した、本年度の受賞者選考委員会は下記の人達で構成されています:

* マルセル・フェイル(本年度委員長)、FOAM(フォーム)芸術部門副館長、
アムステルダム、オランダ

* サイモン・ベイカー Tate Modern(テートモダン)
写真とインターナショナルアートのキュレーター、
ロンドン、英国

* サンイー・チェ フリーランス アートアドバイサー、ジャーナリスト、
Choi&Lager Gallery(チェ&ラーガー ギャラリー)
ダイレクタ―、パリ、フランス

* ヘンク・スラーガー MaHKU、
ヴィジュアル アート デザイン大学院学部長、
オランダ

* ジーヨーン・リー SUUM、ダイレクタ―、
インデイペンデントキュレーター、
ロンドン 英国、ソウル、韓国

▽問い合わせ先
Jenny Blixt
Hasselblad Foundation
+46(0)31-778-21-54


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。