logo

ダイバーシティ&インクルージョンを推進する先進企業を表彰「2014 J-Winダイバーシティ・アワード」株式会社リクルートホールディングスが大賞を受賞

株式会社リクルートホールディングス 2014年03月07日 10時00分
From Digital PR Platform


株式会社リクルートホールディングス(本社:東京都千代田区 代表取締役社長 兼 CEO:峰岸真澄)は3月7日(金)、特定非営利活動法人ジャパン・ウィメンズ・イノベイティブ・ネットワーク(略称:NPO法人J-Win)が主催する「2014 J-Winダイバーシティ・アワード」において、「大賞」を受賞いたしました。昨年の「準大賞」に続いての受賞となります。

▼リクルートホールディングスについて
リンク

――――――――――――――――――――
■リクルートグループのダイバーシティへの取組み
――――――――――――――――――――
リクルートグループは経営理念である「私たちは、新しい価値の創造を通じ、社会からの期待に応え、一人ひとりが輝く豊かな世界の実現を目指す。」を念頭に、従業員一人ひとりの意志と可能性に期待し、お互いを尊重し合い、その持てるエネルギーが最大限発揮されるよう支援を行っています。

一人ひとりを支援するダイバーシティテーマは多様にありますが、特に従業員の4割以上を占める「女性」の「両立支援」「活躍支援」に注力し、企業価値の源泉である「人」の可能性の最大化に取り組んでまいりました。

2013年度の取組みとしては、6月に「2015年までに女性執行役員比率10%を達成する」といった女性活躍目標およびグループ各社の女性管理職比率実績をCSRノート上にて公開。スマートワークプロジェクト、女子塾などグループ各社の自律的な取組みを共有することで、グループ全体が一丸となってダイバーシティ&インクルージョン推進を行ってきました。

また、女性社員の役職志向を高め、経営者としての覚悟を醸成する研修や、ライフイベントを前にした28歳女性社員向けの取組みなど、女性社員の不安を取り除きキャリアイメージを高める取組みを実施し、役員登用まで見据えた女性リーダー輩出のパイプライン形成を積極的に推進してまいりました。

今回の受賞はこれらの取組みが評価されたものです。

※ダイバーシティ&インクルージョン…「多様な人たちを受け容れその力を活かすこと」という意味。お互いに理解し尊重し合うことで持てる力を発揮し、新しいものを作りだしていく、それが企業の持続的な成長につながるという考え方。

――――――――――――――――――――
■J-Winダイバーシティ・アワードとは
――――――――――――――――――――
「J-Winダイバーシティ・アワード」(主催: NPO法人J-Win、後援:日経ウーマノミクス・プロジェクト、内閣府、厚生労働省、経済産業省 他)は、D&Iを推進している先進企業を表彰することで企業におけるD&I推進を加速することを目的とし、2008年より毎年開催されています。

――――――――――――――――――――
■参考:2013年度のダイバーシティへの主な取組み
――――――――――――――――――――
■女性活躍目標ならびにグループ各社の女性管理職比率実績を公開
2015年までに女性執行役員比率10%以上の目標と、グループ各社の女性管理職比率実績をCSRノート上で公開。

■グループ各社における自律的なダイバーシティ推進とその支援
・リクルートテクノロジーズ:働き方改革プロジェクト
・リクルートスタッフィング:スマートワークプロジェクト
・リクルートライフスタイル:女子塾
・グループ各社間のナレッジ共有ツール:バラキャリ(Variety of Career)

■女性経営者候補向けリーダー研修実施
集合研修4回、個別コーチング含めた半年間の研修プログラムを実施。

■「Career Cafe 28」実施
28歳女性を対象としたイベント/面談企画を開催

■男性上司向け女性マネジメントブックの制作
男性上司の理解を促すマネジメントブックを作成、配布。

▼リクルートグループのダイバーシティへの取組みはこちらから
リンク

▼リクルートホールディングスについて
リンク

――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
リンク
――――――――――――――――――――

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事