logo

OKI、タイ王国北部で子どもたちの教育を支援する社会貢献活動を実施

Tokyo, Mar 6, 2014 - ( JCN Newswire ) - OKIグループのプリンタ事業会社OKIデータ(社長:平本隆夫、本社:東京都港区)は、このたび、ドットプリンタ用印字ヘッド生産拠点を持つタイ王国北部で、社会貢献活動の一環として、ラムプーン県メーター群ターカード市メーサゲ村の山岳民族授業センターに学習用品、スポーツ用品、飲用水ろ過設備、生活用品などを寄贈しました。同地域の小学校や授業センターへの寄贈は、6年連続で6回目になります。

OKIデータは、1996年にタイ王国北部にOKIプレシジョン・タイランド(社長:高木正夫、本社:タイ王国ランプーン県、以下 OPNT)を設立し、年間70万台のドットプリンタ用印字ヘッドとSPモータを生産して世界各国へ出荷しています。OPNTではタイ王国北部を中心に、社員による献血や赤十字社への寄付および生活用品の寄贈など、長年社会貢献活動に取り組んできました。

市街地から遠く離れた山岳部にあるメーサゲ村は、車でのアクセスも困難な地域です。メーサゲ村山岳民族授業センターは1998年に設置された同地域で唯一の小学校で、4人の教員のもと、幼稚園児を含む50人の子どもたちが学んでいます。電気が通っていなかったため、政府の支援でソーラーパネルを設置したものの、学校設備や子どもたちの学習用品・生活用品は依然として大変不足しています。

OPNTは、子どもたちの教育を支援するため、同センターと相談の上、パソコン、教科書、ノート、鉛筆・消しゴム・定規・クレヨンなどの学習用品、スポーツ用品、さらに防寒着・毛布・手袋などの生活用品を寄贈しました。また、同地域では水道もなく、山水の飲用による結石患者が極めて多いため、飲用水ろ過装置も設置しました。OPNTは、今後もタイ北部地域などでの社会貢献活動を継続していきます。

OKIグループでは、未来を担う子どもたちへの支援として、今回の取り組みのほか、国際NGOセーブ・ザ・チルドレンによる紛争地域の子どもたちの教育支援活動への協力や、販売拠点のあるアメリカで児童用靴の寄贈、生産拠点のある中国で学校施設の寄贈などを行ってきました。今後も各国・地域のNGOや各種団体と協力し、社会貢献活動に継続的に取り組んでいきます。

概要:沖電気工業株式会社

OKIは米国でグラハム・ベルが電話機を発明したわずか5年後の1881年に創業した、日本で最初に電話機を製造した情報通信機器メーカーです。先見性と勇気をもって果敢に挑戦・行動するという、創業以来の「進取の精神」を連綿と受け継ぎ、ブランドスローガン「Open up your dreams」のもと事業展開しています。現在、「金融システム」「通信システム」「情報システム」「プリンタ」「電子部品・モジュール他」の5つの分野において、OKIグループは社会の発展に寄与する最先端技術の商品・サービスをお客様にお届けし、世界の人々の快適で豊かな生活の実現に貢献しています。詳細はこちらからご覧ください。 リンク

お問合せ先:
本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
OKI 広報部 葛  
電話: 03-3501-3835
e-mail: press@oki.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。