logo

ライフライン復旧までの72時間をサポートする緊急用カレー『ボンカレー72H』

大塚食品株式会社 2014年03月06日 13時30分
From Digital PR Platform


大塚食品株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:戸部貞信)と、株式会社バイオテックジャパン(本社:新潟県阿賀野市、代表取締役社長:江川清貞)は、災害備蓄用食品『ライス72H+ボンカレー72Hセット』を共同開発し、3月11日(火)から、株式会社バイオテックジャパンより全国の公共機関、各団体等へ向けて販売します。

ボンカレーは、1968年2月12日に世界初の市販用レトルト食品として発売して以来、レトルトカレーの定番として長年多くの皆様にご愛顧いただいております。この度、近年の防災意識の高まりを受け、緊急用カレー『ボンカレー72H』を開発いたしました。『ボンカレー72H』は加熱・水不要で、調理の必要がなく、常温でもおいしくお召し上がりいただけるボンカレーです。程よい辛さの中辛タイプで、常温保存で賞味期限は製造後3年間です。

緊急用カレー『ボンカレー72H』と同封する、株式会社バイオテックジャパンの『ライス72H』は、加熱・水不要で、開けてすぐに軟らかいご飯が食べられる緊急用米飯で、『ボンカレー72H』と同様に常温保存で賞味期限は製造後3年間です。
 
大規模な災害時は、発生から水道・ガス・電気などのライフラインが復旧するまでにおよそ72時間かかると言われており、大塚食品株式会社・株式会社バイオテックジャパン両社は、そのような非常事態に備えた食糧の備蓄が大切と考えています。災害時の安心の備えとして、ライスとカレーをセットにした『ライス72H+ボンカレー72Hセット』を是非ご活用ください。

大塚食品株式会社は、レトルト食品のパイオニアとして、今後もさまざまなレトルト食品の商品開発や取り組みを続けてまいります。

【商品特長】

『ボンカレー72H』
ライフラインが復旧するまでの緊急時の約72時間をサポートする、加熱・水といった調理が不要の、常温でもおいしくお召し上がりいただけるボンカレーです。じっくり炒めた玉葱のコクと旨味が決め手の程よい辛さの中辛タイプです。常温保存で賞味期限は製造後3年。

『ライス72H』(株式会社バイオテックジャパン商品)
ライフラインが復旧するまでの緊急時の約72時間をサポートする、加熱なし、水なしで、開けてすぐに食べられる緊急用米飯です。常温保存で賞味期限は製造後3年。

【商品概要】

■商品名 : 『ライス72H+ボンカレー72Hセット』
■内容量 : ライス72H:200g / ボンカレー72H:180g
■希望小売価格 : オープン価格
■発売日 : 2014年3月11日(火)
■販売エリア : 全国
■販売チャネル : 公共機関、企業、その他各団体等

≪商品に関するお客様からのお問い合わせ先≫
発売元 株式会社バイオテックジャパン
TEL:0250-63-1555 (受付時間 : 月~金曜日9:00~17:00 ※祝日を除く)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事