logo

大阪国際大学・同短期大学部が守口キャンパスで、近隣住民らを対象に 「災害避難所の模擬体験と情報収集のつどい」を実施

大阪国際大学 2014年03月05日 17時28分
From Digital PR Platform


大阪国際大学・同短期大学部は、3月23日〈日)に大阪府守口市の守口キャンパスで、近隣の住民らを対象に地震や水害が発生した際の「災害避難所の模擬体験と情報収集の集い」を開く。時間は午前11時から午後3時までで、守口、門真両市が後援、守口消防署と大阪府枚方土木事務所が協力する。

地震や水害の災害が発生した際に避難所に指定されている大阪国際大学守口キャンパスで、実際にどのように対応するかを体験するのが目的。大阪府枚方土木事務所が「守口キャンパス周辺水害・地震への備え」と題して講演。炊き出しや水消火活動、初期救急法などを体験する。

参加希望者はメールかFAXに氏名、所属、性別、連絡先を書いて下記に申し込む。
当日申し込みも受け付けます。(準備の都合でできれば前日までに)
定員 300 名(申し込み順)

メール collabo@oiu.jp
Fax 06-6902-8894

本件に関するお問い合わせ
大阪国際大学・短期大学部 地域協働センター 担当 水本
〒570-8555 大阪府守口市藤田町6-21-57 06-6902-0791〈代)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。