logo

中国5県スマートフォン速度実測調査

中国地方5県でのダウンロード速度はiPhone、Androidともにドコモ優位。

調査・マーケティング会社の株式会社イード(東京都新宿区 以下イード)は、中国地区5県の大学・高校78箇所、観光・レジャー・ショッピング施設39箇所、駅・空港10箇所の計127箇所において、携帯電話主要3キャリアの最新スマートフォンにおける通信速度の実測調査を実施しました。



【TOPICS】

■iPhoneのダウンロード速度1位はドコモ。アップロード速度はソフトバンク。
今回の調査で下りの平均速度が最速だったのはNTTドコモのiPhone 5c(24.0Mbps)でした。ドコモのiPhone は全127箇所中、52箇所で下り最速を記録。auは43箇所、ソフトバンクは32箇所で最速を記録しています。なお、上り速度の平均値はソフトバンクのiPhone が最速(8.8Mbps)となっています。

■Androidダウンロード速度1位はドコモ。平均値31.0Mbps。アップロードはソフトバンクが優勢。
Android端末の比較では、ドコモのXperia Z1fが全127箇所中67箇所で下り速度1位を記録。下りの平均速度はドコモが31.0Mbpsと唯一30Mbpsを超えました。auは23.5Mbps、ソフトバンクが20.9Mbpsとなりました。上りの平均速度ではソフトバンクが9.0Mbpsで最速となっています。

■中国の大学・高校におけるダウンロード速度1位はドコモ。iPhone、Androidともに優位
今回の調査では中国5県の78箇所の大学・高校で測定を実施しました。iPhoneではドコモが20.7Mbps、auが20.0Mbpsでドコモが最速となりました。Android端末でも27.6Mbpsでドコモが最速となっています。上りの平均速度ではiPhone、Android端末ともにソフトバンクが1位となりました。

■中国の観光・レジャー・ショッピング施設のダウンロード速度、アップロード速度はiPhone、Androidともにドコモが優位。
今回の調査では中国5県の39箇所の観光・レジャー・ショッピング施設で測定を実施しました。iPhoneにおいてはドコモが下りの平均速度29.8Mbpsで最速となりました。2位はau(18.7Mbps)、3位はソフトバンク(14.8Mbps)となっています。Android端末ではドコモが下りの平均速度36.9Mbpsを記録して最速に。39箇所中28箇所で1位となっています。上りの平均速度はiPhone、Android端末いずれもドコモが最速となりました。ドコモのAndroid端末は「ゆめタウン出雲(78.9Mbps)」(島根県出雲市)、「アルパーク(74.4Mbps)」(広島県広島市)、「コカ・コーラウエストスポーツパーク(71.7Mbps)」(鳥取県鳥取市)の3箇所で下りの平均速度が70Mbpsを超えており、観光・レジャー・ショッピング施設に強い結果となりました。上りの平均速度ではiPhone、Android端末ともにドコモが1位となりました。

■山口県ではダウンロード速度がiPhone、Androidいずれもドコモが最速。アップロードはiPhoneソフトバンク、Androidドコモが優位
山口県の結果を見てみると、iPhoneの下りの平均速度はドコモが25.6Mbpsで最速となりました。iPhoneの下りの平均速度の最速は「ゆめタウン長府」(山口県下関市)でドコモが記録した64.0Mbpsとなりました。Android端末の下りの平均速度はドコモが29.4Mbps、ソフトバンクは20.8Mbps、auは17.4Mbpsでドコモが優位。ドコモのAndroid端末の最速は「ゆめタウン山口」(山口県山口市)で61.8Mbpsを記録しました。

■広島県ではダウンロード速度でドコモがiPhone、Androidともに優位。アップロードはiPhoneソフトバンク、Android ドコモが最速。
広島県の結果を見てみると、iPhoneでは下りの平均速度26.0Mbpsでドコモが1位となりました。2位はau(23.5Mbps)、3位はソフトバンク(18.3Mbps)です。Android端末ではドコモの下りの平均速度が36.9Mbpsと30Mbpsを超えました。上りの平均速度はiPhoneではソフトバンク、Android端末ではドコモが最速となりました。

■島根県ではiPhoneでダウンロード速度が23.4Mbps、Android端末で26.9Mbpsとドコモ優位に。アップロードはソフトバンク最速。
島根県の結果を見てみると、iPhoneでは下りの平均速度はドコモ(23.4Mbps)が最速となりました。2位はau(21.1Mbps)、3位はソフトバンク(19.9Mbps)です。Android端末においてもドコモが26.9Mbpsで最速となりました。次いで、ソフトバンク(21.3Mbps)、au(20.8Mbps)となりました。上りの平均速度はiPhone、Android端末いずれもソフトバンクが最速となりました。

■岡山県ではiPhoneでダウンロード速度24.3Mbps、Androidで31.2Mbpsとドコモ優勢。アップロード速度はソフトバンク優位。
岡山県の結果を見てみると、iPhoneの下り平均速度はドコモが24.3Mbps、auが23.6Mbps、ソフトバンクが23.3Mbpsでドコモが1位となりました。Androidの下り平均速度においてもドコモが31.2Mbpsで1位となりました。2位はソフトバンク(27.0Mbps)、3位はau(24.7Mbps)となりました。上りの平均速度はiPhone、Android端末いずれもソフトバンクが最速となりました。

■鳥取県ではiPhone、Androidともにドコモがダウンロード速度最速を記録。アップロードはiPhoneは au、Android はソフトバンクが優勢。
鳥取県の結果を見てみると、iPhoneでは下り平均速度はドコモが20.0Mbpsで1位となりました。2位はau(19.7Mbps)、3位はソフトバンク(14.8Mbps)と続きます。Androidでも下り平均速度はドコモが26.6Mbpsで1位となりました。2位はau、3位がソフトバンク。上りの平均速度はiPhoneではau(8.0Mbps)、Android端末ではソフトバンク(8.9Mbps)が最速となりました。


【調査概要】
■調査名: 中国スマートフォン速度実測調査
■調査対象: 携帯主要3キャリア:NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイルのスマートフォン6機種。各キャリアiPhone 5cおよび、Xperia Z1f(ドコモ)、XperiaZ1(au)、AQUOS PHONE Xx(ソフトバンク)。
■調査期間: 2014年2月14日(金)~2月19日(水)
■利用データ:スマートフォン向けスピード測定アプリ「RBB TODAY SPEED TEST」の計測データ
■対象エリア:中国5県それぞれの主要な大学・高校、駅・空港、観光・レジャー・ショッピング施設など127箇所
■対象通信方式:LTE、3G
■調査手法:「RBB TODAY SPEED TEST」アプリを使用し、各地点で全端末同時に3回速度を測定し、その平均値を算出。
:測定箇所は施設入り口付近(大学の場合、正門付近もしくは食堂付近、高校の場合は正門付近)


●調査結果に関するお問い合わせ
株式会社イード
メディア事業本部 大羽・白石・吉川 TEL 03-5990-5331

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事