logo

STM32マイコンで効率的な試作を可能にする低価格な拡張プラットフォームを発表

STマイクロエレクトロニクス 2014年02月26日 09時30分
From PR TIMES

ARM(R) mbed(TM)およびArduinoエコシステムを利用し、ソフトウェアおよびハードウェア開発を加速させるSTM32 Nucleo拡張ボード



多種多様な電子機器に半導体を提供する世界的半導体メーカーで、ARM(R)
Cortex(R)-Mプロセッサ・ベースのマイクロコントローラ(マイコン)の
主要サプライヤであるSTマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、
32bitマイコン・ファミリであるSTM32の全製品向けに、容易に拡張することが
できる低価格な試作用ボードを発表しました。これにより、STM32ファミリの
使いやすさと柔軟性がさらに向上します。

mbed(1)を使用することができる新しいSTM32 Nucleoボードは、Arduino(2)
シールドとの接続互換性に加え、マイコンに内蔵されている全てのペリフェラル
へのアクセスを実現するST Morpho(3)拡張ヘッダも提供しています。開発者は、
mbedに対応したボードにより、mbed.org上のmbedオープン・ソース・
ソフトウェア・プラットフォーム、オンライン・ツール、開発者コミュニティを
利用することができます。

ボード上のArduinoヘッダにより、広範なArduinoエコシステムのシールドを利用
できるため、開発者は特別な機能を迅速かつ簡単に追加することができます。
また、STはBluetooth(R) LEまたはWi-Fi(R)接続、GPS、MEMSマイクロフォンの
専門性を生かした録音、近接センシング、およびワイヤレス制御などの機能を
サポートする独自の専用シールドを提供しています。

STM32 Nucleoは、STM32ファミリ向けの完全なサポートを用意しており、各試作
段階においてハードウェアとソフトウェアの両方を素早く微調整できるため、
迅速な開発が可能です。STM32 Nucleoボードは、様々なプロジェクトであらゆる
シールドの再利用ができるため、顧客のアプリケーション・シールドへの投資が
無駄になりません。

STのマイクロコントローラ事業部 ジェネラル・マネージャであるMichel Buffa
は、次の様にコメントしています。「STM32 Nucleoは、一般的なツールや
リソースを使用して、低価格、利便性、柔軟性、接続性および互換性の卓越した
組み合わせを実現できるため、今日の組込みシステム開発者にとって理想的な
プラットフォームです。また、STM32ファミリの多様性と拡張性を活用する
STM32 Nucleoは、さらなる柔軟性を開発者に提供しており、複数のプロジェクト
における設計ターゲットの修正やハードウェアおよびソフトウェアIPの再利用が
可能です。」

ARM社のIoTプラットフォーム担当ディレクターであるSimon Ford氏は、次の様に
コメントしています。「mbedに対応したSTM32 Nucleoにより、インテリジェント
な電子機器を開発するSTの顧客は、ソフトウェア、ツールおよびコミュニティに
およぶ広範なmbedエコシステムにアクセスすることができます。」

STM32 F1 / L1 / F4 / F0バリュー・ラインに対応した4種のSTM32 Nucleoボード
は、ニュルンベルクで開催されるEmbedded World 2014(2月25~27日)に出展
されます。STブースでは、2200個のSTM32 Nucleoボードを無償配布します。なお、
無償配布をご希望の方は、STのウェブサイトより事前登録が必要です。また、
2014年第2四半期には、STM32 F3 / L0 / F0ラインのサポートも追加される予定です。

STM32 Nucleo -F030R8、STM32 Nucleo -F103RB、STM32 Nucleo -F401RE、
およびSTM32 Nucleo -L152REは現在入手可能で、単価は10.32ドルです。
STM32 Nucleo -F072RB、STM32 Nucleo -F302R8、STM32 Nucleo -F334R8、
およびSTM32 Nucleo -L053R8は、2014年第2四半期に発売される予定です。

(1)業界プロジェクトであるARM mbed(TM)は、革新的なARMベースのデバイスの
迅速な開発に貢献するため、無償ツールおよびオープン・ソースの基礎的な
ハードウェアやソフトウェアを提供しています
(2)Arduinoオープン・ソース・エレクトロニクス・プロトタイピング・プラット
フォームには、特別機能ボード(シールド)を接続できる標準化されたピン・
ヘッダが搭載されているマイコン・ボードが含まれます。Arduinoおよび
サードパーティ開発者から、多種多様なシールドを入手可能です
(3)オフボード接続を実現するST独自の拡張ヘッダ

STマイクロエレクトロニクスについて
STは、「センス & パワー、オートモーティブ製品」と「エンベデッド・
プロセッシング ソリューション」の多種多様なアプリケーションに半導体を
提供する世界的な総合半導体メーカーです。エネルギー管理・省電力からデータ・
セキュリティ、医療・ヘルスケアからスマート・コンスーマ機器まで、そして、
家庭、自動車、オフィスおよび仕事や遊びの中など、人々の暮らしのあらゆる
シーンにおいてSTの技術が活躍しています。STは、よりスマートな生活に向けた
技術革新を通し、「life.augmented」の実現に取り組んでいます。
2013年の売上は80.8億ドルでした。さらに詳しい情報はSTのウェブサイト
リンク )をご覧ください。

◆ お客様お問い合わせ先
〒108-6017 東京都港区港南2-15-1
品川インターシティA棟
STマイクロエレクトロニクス(株)
マイクロコントローラ・メモリ・セキュアMCU製品グループ
TEL: 03-5783-8240 FAX: 03-5783-8216

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事