logo

「ドライストレッチパンツ」 2月24日(月)より発売

株式会社ファーストリテイリング 2014年08月29日 14時26分
From 共同通信PRワイヤー

2014年2月24日

株式会社ユニクロ

プロゴルファー アダム・スコット選手との初の共同開発商品
「ドライストレッチパンツ」 2月24日(月)より発売
-トップアスリートも納得の機能性で日常を快適にする新ボトムスが誕生-

ユニクロは、2月24日(月)より、ユニクロ グローバル ブランド アンバサダーでプロゴルファーのアダム・スコット選手と共同開発した高機能ボトムス「ドライストレッチパンツ」(2,848円+消費税)を、全国のユニクロで順次発売いたします。本商品は、あらゆる人の日常をより快適にする服の進化を目指すユニクロと、トップアスリートとして自身のパフォーマンスを支える高い機能性をウエアに求めるアダム・スコット選手が共同開発した、スポーツシーンはもちろん、ビジネスやカジュアルにも、シーンを選ばず着ていただける全く新しいボトムスです。

アダム・スコット選手が高いパフォーマンスを発揮するためにゴルフウエアに求めるのは、動きやすく、支障なくプレイできる高い機能性。特にボトムスは、スウィング時のダイナミックな動きや、パッティング時の立つ、しゃがむといった動作を妨げないことが重要です。また、夏の暑い中、汗によるボトムスのもたつきは不快なばかりかプレイにも影響します。ユニクロは、このアダム・スコット選手の求める機能は、炎天下の中働くビジネスマンをはじめ、全ての男性の日常生活を快適にする機能と同じであると考え、戦略的パートナーである東レ(株)と新素材を共同開発。ビジネスにも、カジュアルにも着ていただけるよう、シルエットやデザインにもこだわり、高い機能性とファッション性を両立させた「ドライストレッチパンツ」を完成させました。現在アダム・スコット選手がプレイでも着用しているこの「ドライストレッチパンツ」の快適さを、世界中のお客様にお届けします。


■トップアスリートも納得の高い機能性をもった新素材
ユニクロと東レが共同開発した新素材は、非常に優れた速乾性と軽量性を兼ね備え、更に伸長率20%以上と高いストレッチ性を持つ特殊なポリエステル100%の素材です。この「ドライストレッチパンツ」は暑い夏の日に汗をかいても乾きやすいので、快適なはき心地が続きます。また、日常のあらゆるシーンに対応できるよう、特殊な加工によって、まるでコットンのような素材感も実現しました。


■どのようなシーンにもフィットするファッション性を追求したデザインとシルエット
ゴルフシーンだけではなく日常のあらゆるシーンに対応できるデザインとシルエットにこだわりました。着用シワや型崩れを防ぐ加工を施しているので、ビジネスシーンなどにもお勧めです。腰まわりはノータックデザインでウエストラインをシャープに魅せてくれます。ストレッチ性のある素材のため、スリムでスッキリとした無駄のないシルエットが実現し、合わせるアイテムを選ばない、着まわしも自由自在なボトムスが完成しました。


<アダム・スコット選手コメント>
自分がプレイする時にはけるボトムスを、ゴルフ業界の人だけではなく、ファッション業界の人と一緒に開発できるのは、いい体験でした。ここ数か月、ドライストレッチパンツをはいてプレイしていますが、とても良いはき心地です。特に、フィット感とシルエットが気に入っています。いわゆる「ゴルフ用のボトムス」ではなく、どこにでもはいて行けるボトムスなのが良いですね。速乾性があり、軽量なので、ビジネスシーンでも十分通用するボトムスに仕上がっていると思います。こんな本格的な機能性をもちながら誰にでも買いやすい価格なのも魅力だと思います。


商品名  :ドライストレッチパンツ
色数   :4
サイズ  :73-120cm(※)
価格   :2,848円+消費税
発売時期 :2月24日より順次
販売店舗 :全店

※股下76cm/85cm有り
※95-120cmはユニクロオンラインストア(www.uniq.o.com)のみの取り扱い


アダム・スコット選手について
世界ランキング2位(2014年2月現在)のオーストラリア アデレード出身のプロゴルファー。2002年の世界で最も権威のあるゴルフトーナメントの1つとして知られるマスターズに初出場で9位入賞を果たすと、2003年アメリカPGAツアー大会で初優勝を遂げ、2013年にはマスターズで初優勝を飾る。
2005年にAdam Scott Foundation(アダム・スコット基金)を設立し、子ども、青少年の教育などへの寄付活動を行っている。1980年7月16日生まれ。
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。