logo

武雄市図書館(佐賀県)にて、「チームラボと佐賀 巡る!巡り巡って巡る展」連動特別展示が決定! 新作デジタルアート作品発表!福岡・佐賀の「建築」や「アート」を紹介するマップも公開

武雄市図書館(佐賀県)にて、『チームラボと佐賀 巡る!巡り巡って巡る展』(2014年2月28日(金)~3月22日(土))と連動した特別展示の開催が決定。新作のデジタルアート作品「図書館で踊る人」を展示します。 さらに、展覧会会場の近隣にある「建築」や「アート」のオススメスポットを紹介する「チームラボと福岡・佐賀 巡る!巡り巡って巡るマップ」も公開します。




武雄市図書館(佐賀県)にて、『チームラボと佐賀 巡る!巡り巡って巡る展』(2014年2月28日(金)~3月22日(土))と連動した特別展示の開催が決定。新作のデジタルアート作品「図書館で踊る人」を、図書館内のあるデジタルサイネージを使って展示します。

さらに、「チームラボと佐賀 巡る!巡り巡って巡る展」会場の近隣にある「建築」や「アート」のオススメスポットを紹介する「チームラボと福岡・佐賀 巡る!巡り巡って巡るマップ」も公開。福岡県と佐賀県で見ることが出来るチームラボの常設展示作品のほか、2020年東京オリンピックのメイン会場を設計する建築家ザハ・ハディッドの初期作品や、ジョン・ジャーディ、レム・コールハース、アルド・ロッシ、エミリオ・アンバース、黒川紀章、辰野金吾ら名立たる建築家によって手がけられた建築物、現代美術家ナム・ジュン・パイクのビデオアート作品など、大人から子どもまで楽しめる場所を紹介します。

会期中に開催されるイベント情報も随時アップするので、気になるスポットを選んで組み合わせて、「チームラボと佐賀 巡る!巡り巡って巡る展」を巡るオリジナルコースを作り、楽しんでください。

▼チームラボと福岡・佐賀 巡る!巡り巡って巡るマップ
リンク

▼武雄市図書館
図書館で踊る人
チームラボ, 2014, デジタルワーク

図書館内に、もともとあるデジタルサイネージ(ディスプレイ)をジャックした作品。
図書館内のあちらこちらで、いろんな人が踊っています。
たくさんの人が出て来て踊っている時もあれば、そんなにたくさんじゃない時もあります。

【概略】
佐賀県武雄市図書館(リンク
開催期間:2014年2月28日(金)~3月22日(土)
開館時間:9:00~21:00
休館日:なし
住所:佐賀県武雄市武雄町大字武雄5304番地1
料金:無料


■チームラボと佐賀 巡る!巡り巡って巡る展とは
開催期間:2014年2月28日(金)~3月22日(土)
特設サイト:リンク

佐賀県立美術館(リンク
開館時間:9:30~18:00 地図(リンク
[展示作品]
Nirvana ※国内初展示
憑依する滝
追われるカラス、追うカラスも追われるカラス、そして分割された視点 -Light in Dark (work in progress) ※最新版初展示
佐賀県立九州陶磁文化館(リンク
開館時間:9:00~17:00 地図(リンク
[展示作品]
冷たい生命 ※国内初展示
生命は生命の力で生きている
世界はこんなにもやさしく、うつくしい

佐賀県立名護屋城博物館 (リンク
開館時間:9:00~17:00 地図(リンク
[展示作品]
増殖する生命(work in progress) ※世界初展示
花と屍 剝落 十二幅対

佐賀県立宇宙科学館(リンク
開館時間:平日(火~金)9:15~17:15、土、日、祝 9:15~18:00 地図(リンク
[展示作品]
まだ かみさまが いたるところにいたころの ものがたり
メディアブロックチェア

休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)
料金:一般(各館券)¥500、一般(全館共通券)¥1200、 ※高校生以下及び障害者の方は無料
主催:佐賀県
共催:読売新聞社、FBS福岡放送、RKB毎日放送、STSサガテレビ、佐賀新聞社
特別協力:ソニー株式会社
企画協力:チームラボ


<ポスター貼ってくれる人大募集!>

佐賀県内4会場で同時開催される「チームラボと佐賀 巡る!巡り巡って巡る展(2014年2月28日~3月22日)」のポスターを貼ってくれる方を募集しています。
用件は、ただ一つ。「多くの人が見る場所に貼って、シェアしてください」※ポスターを貼ったら、それを撮影して、Facebook、Twitter、instagramなどで共有してください!

チームラボと佐賀 巡る!巡り巡って巡る展 ポスター配布ページ:リンク

<チームラボスタンプラリーの実施が決定!>


4会場(佐賀県立美術館、佐賀県立九州陶磁文化館、佐賀県立名護屋城博物館、佐賀県立宇宙科学館)をすべてを巡ってスタンプを集めると、特製のホログラムステッカー(数量限定)が貰えます。
さらに、抽選でオリジナルの虎がデジタルプリントされたキャンバス作品が当たります。


■チームラボとは

プログラマ・エンジニア(プログラマ、UIエンジニア、DBエンジニア、ネットワークエンジニア、ロボットエンジニア、コンピュータビジョンエンジニア、ソフトウェアアーキテクト)、数学者、建築家、Webデザイナー、グラフィックデザイナー、CGアニメーター、絵師、編集者など、情報社会のさまざまなものづくりのスペシャリストから構成されているウルトラテクノロジスト集団。

主な実績として、カイカイキキギャラリー台北で『生きる』展開催(2011)。フランス『LAVAL VIRTUAL』にて「世界はこんなにもやさしく、うつくしい」が建築・芸術・文化賞を受賞(2012)。国立台湾美術館にてチームラボ「We are the Future」展を開催(2012)。『シンガポールビエンナーレ2013』にて、「秩序がなくともピースは成り立つ」を展示(2013~2014年)。「teamLabBody」が Unity Awards 2013のBest VizSim Projectを受賞。『チームラボって、何者?』がマガジンハウスより刊行(2013年12月19日)。

現在、東京・六本木『MEDIA AMBITION TOKYO 2014』にて「世界は、均質化されつつ、変容し続ける」を展示(2月7日(金) ~ 3月30日(日))。

今後の予定として、東京駅にある商業施設『KITTE(キッテ)』にて、新作「時に咲く花」を常設展示(3月21日(金)~)。

チームラボ株式会社
リンク

チームラボ作品紹介
リンク

■本件に関するお問い合わせ
チームラボ(広報担当・工藤/森)
lab-pr@team-lab.com
03-5804-2356

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事