logo

Atrust Computer、モニター一体型シンクライアントa100T及びゼロクライアントa100Wを発売開始

Atrust Computer 2014年02月18日 11時24分
From PR TIMES

シンプルでセキュアな仮想デスクトップクライアント環境を実現

2014年2月18日 台湾及び東京 - サーバー及びシンクライアントコンピューティングソリューションを展開するAtrust Computer Corp.(本社:台湾、日本事務所:東京都港区)は、新しいラインナップとしてモニター一体型シンクライアント「a100T」、及びモニター一体型PCoIPゼロクライアント「a100W」の国内販売を開始致します。フルHD解像度に対応した21.5インチLEDバックライト液晶を採用し、薄型、静音、軽量、コンパクト、低消費電力でセキュアな仮想デスクトップ環境を提供致します。



モニター一体型シンクライアントa100T及びモニター一体型PCoIPゼロクライアントa100Wは、21.5インチサイズのフルHD解像度に対応したLEDバックライト液晶を採用し、薄く(約16mm)、軽く(約3.2kg)、コンパクトなサイズにより、省スペースでシンプルな作業環境を実現することができます。一般的なシンクライアントの様に、モニター背面にマウントしたり、ディスプレイケーブルを接続したりする必要はありません。起動ボタンも電源ケーブルも一つで済みます。LANケーブル、電源ケーブル、キーボード、マウスを接続するだけで、誰でも簡単に設置することができます。ボタン類はタッチセンサー式で全て前面にあるため操作しやすく、コネクタ類は全て背面にあるためデスクがすっきりします。冷却ファンを搭載してないため、静かな環境で集中して作業をすることができます。

a100T - ARMベースモニター一体型シンクライアント
a100TはTexas Instruments社製DM8148 ARMプロセッサーを搭載し、1GBシステムメモリー、4GBフラッシュメモリーを搭載。シンクライアント専用OS Atrust OSにより、Citrix ICA/HDX, VMware Horizon View(PCoIP/RDP), Microsoft RDP with RemoteFXにそれぞれ対応。シンプルでセキュアなリモートデスクトップ環境及び仮想デスクトップ環境を実現します。

a100W - PCoIP対応モニター一体型ゼロクライアント
a100WはTeradici社製TERA2321プロセッサーを搭載した、VMware Horizon View対応ゼロクライアントです。優れたリッチなコンピューティングエクスペリエンスをもたらす、高解像度、フルフレームレート3Dグラフィックス、HDビデオ&オーディオをサポート。a100Wは、ハードウェアアクセラレーションされた優れたユーザーエクスペリエンスで、タスクワーカーからパワーユーザーまで妥協の無い仮想デスクトップ環境を提供します。


また、2014年3月7日にアセンテック、シトリックス、Atrust Computer共催で開催されますセミナー「仮想デスクトップ&最先端シンクライアントセミナー」に於いて、実機を展示予定ですので是非セミナーへご参加ください。
参加方法は以下のホームページより受け付けております。
リンク

Atrust ニュースリリースページ
リンク

a100Tプロダクトページ
リンク

a100Wプロダクトページ
リンク

Atrust News Release(英文)
リンク

Atrust Computer社について
2007年創立。本社台湾桃園県。Atrustはシンクライアント、ゼロクライアント、サーバー及びマネジメントソフトウェアの設計製造を行っております。Atrustの目的は、高品質、高効率そして環境に優しい製品、及び包括的なソリョーションを顧客に提供することです。厳しい設計プロセス及び品質管理システムを通して、Atrustは高品質の製品を提供致します。 また、Atrustは当社のパートナーやお客様に合わせたソリューションを提供しています。

Atrust Computer Corp.
3F, 361 Fusing 1st Rd., Gueishan, Taoyuan County 333, Taiwan
www.atrustcorp.com

Atrust Computer Corp.日本事務所
105-0003 東京都港区西新橋1-18-6 クロスオフィス内幸町5F
www.atrustcorp.jp
sales-jp@atrustcorp.com

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。