logo

日本エイサー 高輝度1,000ルーメンのLED光源を搭載した モバイルプロジェクター「K335」など4型番を発表

~2014年2月14日(金)より発売開始~



日本エイサー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:詹 國良(ボブ・セン))は、DLPプロジェクター「K335」「X113」「P1283」「P1383W」を2014年2月14日(金)より発売開始いたします。


■ LEDモバイルプロジェクター「K335」製品特長
・モバイルサイズで、1,000ルーメン高輝度LED光源を搭載し、鮮明な映像表示を実現
B5用紙よりも小さい232 x 166 x 46.3 mm、1.3kg の筐体に、トップクラスの1,000ルーメン高輝度LED光源を搭載しています。照明の点いた部屋でも、鮮明な映像を投写します。

・モバイル用途に最適な機能を搭載
- SD(SDHC)カードリーダーと、USBメモリ リーダー(USB typeA)を搭載し、パソコンや再生機器無しで、メモリ内のデータ(※1、2)を直接投写することが可能です。
- パソコンをUSBケーブルで接続して投写が可能なUSBディスプレイ機能を搭載。
- 2GBメモリを内蔵することで、パソコンから伝送したメモリ内のデータ(※1、2)をプロジェクター単体で投写できます。
・多様な利用シーンに対応する便利機能
- MHL(Mobile High-definition Link)対応で、MHL対応スマートフォン(※3)を接続して映像を投写することができます。映像を伝送しながら、電力も供給するので、バッテリー消耗の心配もありません。
- 各種3D方式に対応するHDMI ver1.4a端子を搭載。3D対応再生機器や家庭用ゲーム機器を接続して、迫力の3D映像を視聴できます。(※4、5)
- 使い終わったらすぐ片付けたい、そんな時に最適な「インスタント・パック」機能を搭載しています。電源が点いたまま電源ケーブルを抜いて、電源を切ることができます。
- 電源を落とした後に、またすぐ使いたい時に便利な「インスタント・レジューム」は、電源を落としてから2分以内なら、何度でも電源のON、OFFが可能で、アイドリング運転の終了を待たずに投写の再開が可能です。

※1 対応フォーマットは製品仕様をご覧ください。
※2 フォーマットによって、事前にファイル変換ソフト(同梱)でデータ変換が必要です。
※3 全てのMHL対応機器や、コンテンツの動作を保証するものではありません。
※4 3D対応機器、3D対応コンテンツが別途必要です。
※5 3D視聴には、3D用メガネ「E2B v2」(オプション)が必要です。

■ K335 製品ページ
リンク

■ ビジネスプロジェクターWXGAモデル「P1383W」、XGAモデル「P1283」製品特長
・明るい部屋でも安心の高輝度モデル
WXGAモデル「P1383W」は3,100ルーメン、XGAモデル「P1283」は3,000ルーメンの高輝度光源を搭載しています。明るい部屋でも、鮮明な映像を投写します。
・熱問題と埃問題の両面を改善するシールドエンジン設計
プロジェクターの大敵である熱と埃。熱対策として吸排気効率を上げようとすると、重要パーツ部分に埃が 入ってしまったり、埃対策に重要パーツ部分の密閉度を高めると、熱排気効率が悪くなることがあります。
WXGAモデル「P1383W」、XGAモデル「P1283」では、この問題を両面から改善する「シールドエンジン設計」を採用。重要パーツ部分には、ダストシールドを設けて密閉性を高め、吸気・排気のエアフロー効率を高める内部構造にすることで、熱と埃の両面の問題を改善しています。


・多様な利用シーンに対応する便利機能
MHL(Mobile High-definition Link)対応で、接続したMHL対応スマートフォン(※3)の映像投写が可能。映像を伝送しながら、電力も供給するので、バッテリー消耗の心配もありません。
- 各種3D方式に対応するHDMI ver1.4a端子を搭載。3D対応再生機器や家庭用ゲーム機器を接続して、迫力の3D映像を視聴できます。(※4、5)
- 使い終わったらすぐ片付けたい、そんな時に最適な「インスタント・パック」機能を搭載しています。電源が点いたまま電源ケーブルを抜いて、電源を切ることができます。
- 電源を落とした後に、またすぐ使いたい時に便利な「インスタント・レジューム」機能は、電源を落としてから2分以内なら、何度でも電源のON、OFFが可能で、アイドリング運転の終了を待たず投写の再開が可能です。
※1 対応フォーマットは製品仕様をご覧ください。
※2 フォーマットによって、事前にファイル変換ソフト(同梱)でデータ変換が必要です。
※3 全てのMHL対応機器や、コンテンツの動作を保証するものではありません。
※4 3D対応機器、3D対応コンテンツが別途必要です。
※5 3D視聴には、3D用メガネ「E2B v2」(オプション)が必要です。

■ P1383W/P1283製品ページ
P1383W : リンク
P1283 : リンク

■ ビジネスプロジェクターSVGAモデル「X113」 製品特長
・コストパフォーマンスの高いビジネスエントリーモデル
SVGAモデル「X113」は、輝度2,800ルーメン、最大コントラスト比13,000:1で、鮮明な映像を投写します。
・熱問題と埃問題の両面を改善するシールドエンジン設計
プロジェクターの大敵である熱と埃。SVGAモデル「X113」は、この問題を両面から改善する「シールドエンジン設計」を採用しています。
重要パーツ部分には、ダストシールドを設けて密閉性を高め、吸気・排気のエアフロー効率を高める内部構造にすることで、熱と埃の両面の問題を改善しています。


・多様な利用シーンに対応する便利機能
- 使い終わったらすぐ片付けたい、そんな時に最適な「インスタント・パック」機能は、電源が点いたまま電源ケーブルを抜いて、電源を切ることができます。
- 電源を落とした後に、またすぐ使いたい時に便利な「インスタント・レジューム」機能を搭載しています。電源を落としてから2分以内なら、何度でも電源のON、OFFが可能で、アイドリング運転の終了を待たずに投写の再開が可能です。

■ X113製品ページ
リンク

■プレスリリースページ
リンク

■ Acerについて エイサーは1976年の設立以来、人々の生活を豊かにする革新的な製品の研究、デザイン、マーケティングおよび販売とサポートを続けるICTカンパニーです。限界を超えて挑戦を続ける人々に向けてパソコン、タブレット、ディスプレイ、プロジェクターを提供しています。 グローバルマーケットにおいてはノートブックパソコン売上シェア第3位* を獲得しました。エイサーは、環境に配慮した製品デザインだけではなく、サプライヤーと協同で環境保全に配慮したサプライチェーンを確立しています。 現在グループ全体の従業員数は8,000人を超えており、2012年度は売上米ドル147億を達成しています。 詳細は、www.acer.co.jpをご覧ください。 * 出典: IDC 2012

(C) 2014 Acer Inc. All rights reserved. Acer and the Acer logo are registered trademarks of Acer Inc. Other trademarks, registered trademarks, and/or service marks, indicated or otherwise, are the property of their respective owners.

■ 日本エイサー株式会社について
社 名 : 日本エイサー株式会社
所在地 : 東京都新宿区西新宿6-24-1 西新宿三井ビルディング 18F
代表者 : 代表取締役社長 ボブ・セン
URL : リンク
公式facebook : リンク
公式Twitter :リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。