logo

村上農園が人気野菜「豆苗(とうみょう)」のブランドサイトをオープン!

株式会社 村上農園 2014年01月31日 11時00分
From PR TIMES

コーポレートサイトも同時に全面リニューアル

 株式会社村上農園(本社:広島市、代表取締役社長:村上清貴)は、本日2014年1月31日(金)、近年人気の高まる緑黄色野菜「豆苗(とうみょう)」に特化したブランドサイトをオープンしました。(リンク
 また同時に、コーポレートサイトも全面リニューアルしました。(リンク




 村上農園は「ブロッコリー スーパースプラウト」など、一般の野菜より栄養成分を高めた「機能性野菜」や、えんどう豆の若菜「豆苗」などの発芽野菜を、全国8カ所の植物工場で生産しています。

 当社の「機能性野菜」については、野菜の機能性表示を緩和する農業政策や人々の健康志向の高まりを反映して問い合わせが急増。一方「豆苗」は、おいしさや栄養価の高さ、調理の手軽さに加えて再収穫ができるエコ野菜としての認知が浸透し、この5年間で出荷量が5倍以上に増加しています。

 こうした動きを背景に、お客さまが求める情報にアクセスしやすい利便性と、カロリー・塩分表示を備えた検索性の高いレシピなどのコンテンツの大幅な拡充を実現した2つのウェブサイトを公開しました。PCサイトを先行公開し、今年2月末にはそれぞれのスマートフォン対応サイトをオープンする予定です。


 豆苗ブランドサイト、コーポレートサイトの特長は次の通りです。


■豆苗ブランドサイト


URL リンク

名称 『豆苗研究会』

特長
 豆苗研究会は、豆苗を徹底検証し、その魅力を広く発信しようと若手社員が中心となって始めた社内プロジェクトの名称。2012年には検証活動をまとめた豆苗のレシピ本も出版しました。ブランドサイト『豆苗研究会』は、豆苗の栄養、目的別に探せる約100種の豆苗レシピ、調理方法のヒントや再収穫のコツなど、豆苗尽くしの内容です。実際の研究会員の社員がモデルとして登場しています。


■コーポレートサイト


URL リンク

特徴
● シンプルな構造と、画像中心の直観的なインターフェイスで目的の情報を見つけやすく工夫。

● レシピを大幅拡充。商品別・料理の種類別にレシピを検索でき、さらに調理時間、カロリーや塩分量、人気などの順にレシピを並べ替えることが可能。

● 食の安全が問われる中、お客さまの関心の高い「安心・安全」に関する情報と、「お客さま相談室」のFAQ情報の更新性を向上。

● ソーシャルメディアで気軽に知人にシェアできる機能付き。


参考資料  リンク


<会社概要>

設立      1978年1月10日

代表者     村上清貴

売上高     43億3,600万円(2013年12月期)

事業内容   豆苗、かいわれ、スプラウトなど発芽野菜と機能性野菜の生産・販売

事業所     本社・研究開発部(広島)
       生産センター(千葉、神奈川、静岡、山梨、三重、広島、福岡)
       営業所(千葉、大阪、広島)
       広報マーケティング室(東京)

関連会社   株式会社 沖縄村上農園(沖縄県大宜味村)

WEBサイト  リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事