logo

「やがて死ぬ」という負け戦とどう向き合う? 『松尾スズキのやさしい野蛮人入門8. そんなに生きちゃってどうすんですか?』

株式会社ブックウォーカー 2014年01月31日 09時59分
From PR TIMES

■怠惰と不摂生をしながら長生きするか、禁煙運動の果てに肺がんで死ぬか

株式会社ブックウォーカーが展開するコンパクトな電子書籍専用レーベル【カドカワ・ミニッツブック】は、役者・演出家・作家としてマルチな活躍を続ける松尾スズキ氏の大人気エッセイシリーズの第8弾『松尾スズキのやさしい野蛮人入門8. そんなに生きちゃってどうすんですか?』の配信を開始しました。



NEWS RELEASE
2014年1月31日
株式会社ブックウォーカー

「やがて死ぬ」という負け戦とどう向き合う?
『松尾スズキのやさしい野蛮人入門8. そんなに生きちゃってどうすんですか?』

株式会社ブックウォーカー(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:安本洋一)が展開するコンパクトな電子書籍専用レーベル【カドカワ・ミニッツブック】は、役者・演出家・作家としてマルチな活躍を続ける松尾スズキ氏の大人気エッセイシリーズの第8弾『松尾スズキのやさしい野蛮人入門8. そんなに生きちゃってどうすんですか?』の配信を開始しました。

■怠惰と不摂生をしながら長生きするか、禁煙運動の果てに肺がんで死ぬか

「人間は、自分が”死ぬこと”を知っている唯一の動物だ(S・キング『悪夢の種子』より)」。※1

「やがて死ぬ」という負け戦から逃げ続け、歴史上類をみない長寿社会を人類は築き上げました。
しかし、その実態は禁煙、ダイエット、アンチエイジング、ジム通い、マクロビオティックなどなど、さまざまな健康法や病院や薬に頼っての長生きです。
それは命を賭けて不自然に生きているように見えます。そんなに長生きしちゃってどうすんだ?

一方で酒や煙草など、身体に悪いものがどうしてもやめられないという業を抱えた人も大勢います。松尾さんも「酒が飲める健康体を維持したい」という理由でタバコも炭水化物もやめました。

現代社会で長生きすることと、死ぬことの意味を、松尾流思考術で軽やかに綴ります。


『松尾スズキのやさしい野蛮人入門8. そんなに生きちゃってどうすんですか?』
松尾スズキ 著
想定読了時間24分。希望小売価格200円(税別)。
公式サイト:リンク
立ち読み:リンク


■大好評シリーズ既刊

『松尾スズキのやさしい野蛮人入門1. あなたの心の中にも野蛮人はいる。』
松尾スズキ 著
想定読了時間16分。希望小売価格200円(税別)。
公式サイト:リンク

『松尾スズキのやさしい野蛮人入門2. 偽善でなにが悪いんですか?』
松尾スズキ 著
想定読了時間23分。希望小売価格200円(税別)。
公式サイト:リンク

『松尾スズキのやさしい野蛮人入門3. 友達ほんとに必要ですか?』
松尾スズキ 著
想定読了時間23分。希望小売価格200円(税別)。
公式サイト:リンク

『松尾スズキのやさしい野蛮人入門4. 大人にならなきゃだめですか?』
松尾スズキ 著
想定読了時間26分。希望小売価格200円(税別)。
公式サイト:リンク

『松尾スズキのやさしい野蛮人入門5. 仕事で報われたいですか?』
松尾スズキ 著
想定読了時間24分。希望小売価格200円(税別)。
公式サイト:リンク

『松尾スズキのやさしい野蛮人入門6. 正しい恋ってありますか?』
松尾スズキ 著
想定読了時間28分。希望小売価格200円(税別)。
公式サイト:リンク

『松尾スズキのやさしい野蛮人入門7. それでも笑って生きませんか? 』
松尾スズキ 著
想定読了時間25分。希望小売価格200円(税別)。
公式サイト:リンク


■著者について

松尾スズキ(まつお すずき)
1962年12月15日、福岡県生まれ。?1988年「大人計画」旗揚げ。作家、演出家、俳優、映画監督、脚本家。?97年『ファンキー! 宇宙は見える所までしかない』で第41回岸田國士戯曲賞受賞。2001年に第38回ゴールデン・アロー賞演劇賞受賞。初の長編映画監督作『恋の門』が、ヴェネツィア国際映画祭(2004年)に正式出品される。小説『クワイエットルームにようこそ』が、第134回芥川賞候補作となり、自身が監督・脚本を務め映画化。小説『老人賭博』が第142回芥川賞候補作に。映画『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』の脚本で、第31回日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞。エッセイ・コラム・小説・戯曲などの著書、連載多数。
朝日新聞にて小説「私はテレビに出たかった」連載中。メルマガ「松尾スズキの、のっぴきならない日常」配信中。メルマガの人生相談コーナーをまとめた『人生に座右の銘はいらない』、初めての描き下ろし絵本『気づかいルーシー』発売中。

※1
リブロポート刊『悪夢の種子』(1993年)
ティム・アンド−ウッド編 風間賢治 監訳


■スマホ時代のライフスタイルにベストマッチの電子書籍【カドカワ・ミニッツブック】

「カドカワ・ミニッツブック」は30分前後で読み切れる手頃な分量と100~350円を中心とした価格帯の電子書籍専用レーベルです。現在、KADOKAWAの多彩なジャンルから88タイトルを発売中です。
ミニッツブックというレーベル名には「分単位で読める本」という意味が込められ、表紙の右上には「○○min」と想定読了時間の目安が明記されています。通勤・通学の「スキマ時間」に手軽に読めて、満足感のある内容をお届けします。KADOKAWAの直営ストアBOOK☆WALKERをはじめとするスマートフォンや電子書籍端末に対応している各電子書籍ストアで絶賛発売中です。

カドカワ・ミニッツブック公式サイト: リンク
カドカワ・ミニッツブックCM動画:リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事