logo

武庫川女子大と阪神電鉄が子育てママにオススメのスポットを紹介「mama's smile 阪神沿線 子どもとおでかけナビ(阪神なんば線編)」が完成!

阪神電気鉄道株式会社 2014年01月24日 16時10分
From PR TIMES

武庫川女子大学と阪神電気鉄道株式会社の共同制作による、子育て中の母親が訪れやすい阪神沿線のスポットを紹介するマップ「mama's smile 阪神沿線 子どもとおでかけナビ(阪神なんば線編)」が完成しました。

阪神電車の沿線情報紙「ホッと!HANSHIN」(タブロイド判、毎月10万部発行)1月25日発行号に掲載するほか、持ち運びやすいリーフレット(1万部発行)として1月25日から阪神電車の主要駅等に配布します。誌面では、お子さま連れでも利用しやすい飲食店や、子どもがのびのび遊べるプレイスポットなど、全12施設を紹介しています。

このマップは、2011年から毎年エリアを変えて発行しており、今回が第4弾です。なお、これまでの対象エリアは、2011年「西宮・堀江」、2012年「神戸」、2013年「西宮~神戸東部」です。

mama's smile 阪神沿線 子どもとおでかけナビ
WEBサイト→ リンク

◎制作の経緯
沿線の活性化に資する様々な施策を積極的に推進すると同時に子育てに優しい沿線を目指している阪神電気鉄道と、教員・保育士養成で実績のある武庫川女子大学が協力して企画。毎年、文学部教育学科の西本望教授(幼児教育学)ゼミの4年生が担当しており、今年は、原 真里奈(代表)、伊藤 彩花、櫻井 悠花、原田 満香、牧野 由維の5名が調査・取材し、制作しました。

◎対象エリアと紹介する施設
今回は、本年3月に開通5周年を迎える阪神なんば線沿線を対象エリアとし、尼崎や西九条、大阪難波などにある12施設を紹介しています。「安心・安全」というテーマのもと、子育て世代が利用しやすく、お子さまと一緒に楽しめる施設を学生が調査・選定しました。例えば、アレルギー対応ケーキのあるカフェやキッズスペースの充実した施設、お子さまの肌に優しいものを販売する雑貨店など紹介施設は様々で、学生の視点で紹介するコメントは子育てママにうれしい情報が多く並んでいます。また、「ベビーカーでの来店OK」や「禁煙・分煙」、「授乳スペースの有無」など、お子さまを連れて外出する時に気になるポイントについても調査し、イラストのマークで表示して一目で分かるようになっています。

◎子育て中の母親524人のアンケート結果を掲載
大阪、尼崎、西宮、芦屋、神戸各市にお住まいの0歳~小学校低学年の子どもを持つ母親524人に実施した、「離乳食」や「お出かけ」をテーマとしたアンケート結果を掲載。他にも、子育てサークルの母親10人で、「乳幼児の服選びのポイント」をテーマに座談会を実施した結果も紹介しており、現役の子育てママのリアルな意見を知ることができます。

◎新コーナー掲載・スマートフォンでの閲覧にも対応
今回から新しく掲載した「おもちゃをいっしょにつくってみよう!」のコーナーでは、家にあるものを使って親子で一緒に作ることのできる簡単なおもちゃの作り方をご紹介しています。また、前回まではリーフレットと同内容を掲載したホームページを作成していましたが、今回はスマートフォンでの閲覧に対応したページも作成し、紙面にQRコードを掲載しています。


阪神電気鉄道 リンク

発行元:阪急阪神ホールディングス
    大阪市北区芝田1-16-1

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。