logo

クラウド型PACS「Xronos(クロノス)」 2014年4月1日よりサービス提供を開始

いつでもどこからでも医用画像を閲覧可能に



ライフサイエンス コンピューティング 株式会社(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:小林亮一、以下LSC)は、クラウド型の医用画像管理システム(PACS※1)「Xronos(クロノス)」を開発し、本日2014年1月15日より申込受付を開始し、2014年4月1日よりサービスの提供を開始いたします。

「Xronos」により、クラウド上に保管された各種医療検査機器(モダリティ)での撮影医用画像をノートパソコンやiPad、iPhoneなどの端末からインターネット経由でいつでもどこからでも読影可能となり、患者様の急変時や在宅、往診時等の院外医療現場での診療活動をサポートします。

また、院内で使用する場合には、院内に設置する「Xronosサーバ」に、患者様を受付した時点(※2)でクラウドから当該患者様の医用画像を先行ダウンロードするため、ストレス無く診察を開始できます。

サービスプランは、病院向けの「XronosプランS」と、診療所・クリニック向けの「XronosプランH」の2種類があり、クラウド型電子カルテとして定評のあるLSCの電子カルテ「OpenDolphinクラウド」とシームレスに連携することで、クラウド型医療システムの強みを更に強固にします。

LSCは今後も遠隔読影サービス、病診連携やマトリックスビューなど、随時サービスメニューの拡充をはかり、「Xronos」を継続的にバージョンアップしていきます。

◆ 主な特長 ◆
1.外出先からノートパソコンやiPad、iPhoneなどの端末を使ってインターネット経由でいつでも医用画像が読影できます。
2.患者様を受付した時点でクラウドから画像データを先行ダウンロードし、ストレス無く診察を開始できます。(※2)
3.医用画像は日本国内2ヶ所のデータセンターに保管され、関係省庁のセキュリティガイドラインに準拠した24時間安心の監視体制で管理されます。地震や火災などの災害時にも安心です。

◆ サービス料金 ◆
Xronos プランH 初期費用:800,000円~(税別) 月額使用料:45,000円~(税別)
Xronos プランS 別途御見積

※1 Picture Archiving and Communications Systemの略。CR、CT、MRI等の各種医療検査機器にて撮影された医用画像を管理、保存、検索、読影する医用画像管理システム。
※2 LSC電子カルテ「OpenDolphinクラウド」を使用している場合のみ、他社システムとの連携にも随時対応します。

■ ライフサイエンス コンピューティング 株式会社について
LSCは、2009年11月に設立され、医療システムの開発から医療機器の販売まで総合的に医療ITソリューションを提供しています。LSCは前身の会社から数えて20余年医療画像処理、特にDICOMを中心とした製品開発に携わり、高度な開発技術を蓄積してきました。少子高齢化社会や医師不足のために過重労働化する医療現場、その一方で削減を求められる医療費、このような社会情勢に対して、LSCは高性能、高信頼性、オープンで安価な医療システムを提供することにより社会に貢献します。


【報道関係者からのお問い合わせ】
 ライフサイエンス コンピューティング 株式会社 担当 中台
 Email:info@lscc.co.jp 電話番号:03-5911-1455

【お客様からのお問い合わせ】
 ライフサイエンス コンピューティング 株式会社 担当 末武
 Email:sales@lscc.co.jp 電話番号:03-5911-1455

 ※ OpenDolphinは、ライフサイエンスコンピューティング株式会社の登録商標です。
 ※ iPhone、iPadは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
   記載している社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。