logo

小型のスマートフォンやデジタル・カメラの光学手ブレ補正機能向けに新しいジャイロ・センサを発表

STマイクロエレクトロニクス 2014年01月14日 09時30分
From PR TIMES



多種多様な電子機器に半導体を提供する世界的半導体メーカーで、コンスーマ・
携帯型機器向けを含むMEMSセンサのトップ・サプライヤ(1)である
STマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、スマートフォンや
デジタル・カメラの光学手ブレ補正機能向けに最適化された2軸ジャイロ・
センサの新製品を発表しました。非常に小型のL2G2IS(2.3 x 2.3 x 0.7mm)は、
部品サイズが重要な手ブレ補正機能付き次世代カメラ・モジュールに簡単に
実装することができます。同製品は、前世代品よりも面積が50%、体積が60%
小型化されているだけでなく、アプリケーションや消費者が求める高い性能も
提供します。

STのモーションMEMS事業部ジェネラル・マネージャであるFabio Pasoliniは、
次の様にコメントしています。「光学手ブレ補正機能は、専用のMEMSジャイロ・
センサの登場により、今日のスマートフォンやデジタル・カメラに不可欠な機能に
なりつつあります。STは、この重要な機能の実現に必要な体積と面積をL2G2ISに
よって大幅に縮小したことで、新たな基準を打ち立てました。」

L2G2ISは、±100dps / ±200dpsの検出範囲、3線式および4線式の
SPIインタフェース、帯域幅を選択できる内蔵ローパスおよびハイパス・
フィルタなどを主な特徴としています。同製品は、電源電圧1.7V~3.6Vで動作
します。

MEMS売上が10億ドルを超えた初の企業(2)で、MEMSのワンストップ・サプライヤ
であるSTは、加速度センサ、ジャイロ・センサ、圧力センサ、地磁気センサ、
MEMSマイクロフォンの総合的なポートフォリオを提供する他、これらの製品を
マルチセンサ・コンボとして、オンボードの信号処理、各種制御機能、
センサ統合アルゴリズム、ワイヤレス接続と統合する能力も有しています。
またSTは、市場リーダーであるだけでなく、MEMS技術の開発の最前線にあり、
世界中で900件以上のMEMS関連特許(出願中特許含む)を保有しています。

新しい2軸ジャイロ・センサであるL2G2ISは現在サンプル出荷中で、
単価は、1000個購入時に約1.70ドルです。

(1)IHS: Consumer and Mobile MEMS Market Tracker H1 2013 (2)Yole Developpement

STマイクロエレクトロニクスについて
STは、「センス & パワー、オートモーティブ製品」と「エンベデッド・
プロセッシング ソリューション」の多種多様なアプリケーションに半導体を
提供する世界的な総合半導体メーカーです。エネルギー管理・省電力からデータ・
セキュリティ、医療・ヘルスケアからスマート・コンスーマ機器まで、そして、
家庭、自動車、オフィスおよび仕事や遊びの中など、人々の暮らしのあらゆる
シーンにおいてSTの技術が活躍しています。STは、よりスマートな生活に向けた
技術革新を通し、「life.augmented」の実現に取り組んでいます。
2012年の売上は84.9億ドルでした。さらに詳しい情報はSTのウェブサイト
リンク )をご覧ください。

◆ お客様お問い合わせ先
〒108-6017 東京都港区港南2-15-1
品川インターシティA棟
STマイクロエレクトロニクス(株)
アナログ・MEMS・パワー製品グループ
TEL: 03-5783-8250 FAX: 03-5783-8216

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。