logo

集中管理型バックアップソフト「Secure Back 4」に クラウドバックアップ機能を搭載

アール・アイ 2014年01月14日 00時00分
From PR TIMES

~専用クラウド環境で安全にデータ保護~

アール・アイは集中管理型バックアップソフト「Secure Back 4」に、専用クラウド環境へのバックアップができるオプション機能を追加し、2014年1月14日から発売します。

純国産バックアップソフトメーカーの株式会社アール・アイ(東京都千代田区 代表取締役:小川 敦)は、集中管理型バックアップソフト「Secure Back 4」に、専用クラウド環境へのバックアップが可能となるオプション機能「Secure Back クラウドオプション」を追加し、本日より提供開始します。

企業がDR・災害対策に取り組む場合、必ず課題となるのがデータのバックアップ先です。バックアップのためだけにデータセンターを利用するのはコストが高くついてしまいますし、自社の拠点を活用すればコストは抑えられる反面セキュリティやデータのバックアップ状況に不安が生じます。低コストに抑えられるクラウド環境を活用することは有効な解決策の一つですが、一般的なパブリッククラウドはデータがどのように取り扱われているかが全くわからないため、個人情報や知財情報などを含む企業の秘匿性の高いデータのバックアップ先として十分とは言い難い状況です。

Secure Back クラウドオプションでは、バックアップ専用のクラウド環境をアール・アイが提供し、同一システム内ではバックアップ以外の用途で使われることもなく、セキュリティポリシーの高い企業でも安心して利用することができます。

Secure Back クラウドオプションは、Secure Back 4のユーザ(PC Packを除く)が利用可能で、通信回線など専用の設備を用意する必要はありません。ユーザはオプションライセンスを購入するだけでバックアップ専用クラウド環境とVPN接続し、購入した容量分のデータをいつでもバックアップすることが可能です。
価格は1年間分の使用権が100GBで180,000円(税別)、1TBで960,000円(税別)となっています。


■ アール・アイについて
アール・アイは、製品の企画・開発・販売を一貫して行なっている純国産のバックアップソフトメーカーです。主な製品として、集中管理型バックアップソフト「Secure Back」シリーズ、スタンドアロン型バックアップソフト「Air Back」シリーズがあります。
※ Air Back、Secure Backは株式会社アール・アイの登録商標です。
※ その他、記載された会社名及び製品名は各社の商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事