logo

サンディスクのX110 SSD、ASUSのZENBOOK UX301LAに採用 高速スピードと応答性の実現に貢献

革新的なASUS Ultrabookに高度なフラッシュストレージを提供

※本資料は、1月6日(米国現地時間)に発表された英語版プレスリリースの抄訳です。

2014年1月6日(CES 2014、ネバダ州ラスベガス発) ― フラッシュストレージソリューションで世界をリードするサンディスクコーポレーション(NASDAQ: SNDK)は本日、ASUS ZENBOOK(TM) UX301LA Ultrabook(TM)のインテリジェントな超高速フラッシュストレージとして、非常にコンパクトなSanDisk(R) X110ソリッドステートドライブ(SSD)が採用されたことを発表しました。

ASUSの新型Ultrabookは、印象的な薄型設計と高性能タッチスクリーンを併せ持つノートパソコンで、パフォーマンスを向上させるRAID 0設定により2つのドライブへの同時書込みを実現したM.2 2260の薄型軽量フォームファクタのSanDisk X110 SSD(128GB(*1) または256GB)を2基搭載しています。これにより、薄型の流麗な外見はそのままに、最大512GBのパワフルで応答性の高いフラッシュストレージを搭載することが可能となりました。サンディスクの高度なフラッシュメモリーアーキテクチャーを採用したSanDisk SSDは、このUltrabookのパフォーマンスを大幅に向上させ、素早いアプリケーションの起動、データの高速転送、ノートパソコンのタッチスクリーンによるスムーズで軽快なアプリケーション操作が可能となります。

ASUSのノートブックビジネスユニット担当コーポレートバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーのS.Y.シアン氏は、「ZENBOOK UX301LAで、当社はハイエンドなノートパソコンの楽しみ、パワフルなコンピューター性能および、これまでの当社の製品の中でも特にスタイリッシュで高い機能性を誇るUltrabookを創るための驚異的な薄型設計を同時に取り入れました。サンディスクの高速なX110 SSDにより、高い応答性と信頼性、真に楽しいユーザー体験を当社の新型ZENBOOKで実現しつつ、SSDの小型フォームファクタにより薄型軽量の高い携行性も維持することが可能となりました」と述べています。

このASUSのノートパソコンに採用されるインテリジェントなSATA 6GbpsのSanDisk X110 SSDは、起動・シャットダウンの時間を大幅に短縮し、スリープへの移行やスリープからの起動を迅速に行うことができます(*2)。さらに、X110 SSDにはDEVSLPといった自動電力管理機能が搭載されており、モバイルパソコンユーザーはバッテリー寿命を気にすることなく驚異的なパフォーマンスを手にすることができます。

サンディスクのクライアントストレージソリューション担当シニアバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーのケビン・コンリーは、「高いコンピューティング性能と豊富な高機能を組み合わせ、美しく優れた技術を搭載するZENBOOK UX301LAで、ASUSはさらに高い目標を今回も実現しました。SanDisk X110 SSDがASUSの新型Ultrabookにもたらす高いパフォーマンスと信頼性は、サンディスクのソリッドステートソリューションが、多くの主要ノートパソコンメーカーのコンシューマープラットフォーム、企業向けプラットフォームに今後も選ばれ続けるであろうことを示唆するものです。当社は、サンディスクのSSDテクノロジーを活用したイノベーションを推し進めていただくために、ASUSとの長期的な連携を継続できることをうれしく思います」と述べています。

SanDisk X110 SSDは、パソコンのOEMメーカーのほか、企業の大量購入向けにサンディスクのコマーシャルビジネスチャンネルを通じて提供されており、CIOやITの意思決定者はSSDをデスクトップやノートパソコンに容易に組み込み、サンディスクのフラッシュストレージによりオフィスのクライアントパソコン機器のパフォーマンスをさらに強化することができます。

■サンディスクについて
フォーチュン500ならびにS&P500カンパニーであり、データストレージソリューションで世界をリードしているサンディスクコーポレーション(NASDAQ: SNDK)は、これまで25年間にわたって斬新なアイデアと革新的な製品でエレクトロニクス業界に変革を起こしてきました。サンディスクの最先端のソリューションは、世界最大級のデータセンターの多くに採用され、スマートフォンやタブレット、そしてパソコン用の組み込みストレージとしても幅広く使われています。また、サンディスクのリテール製品は、世界中で販売されています。

サンディスク株式会社は、東京に本社を置き、大船、四日市にオフィスがあり、日本での営業・マーケティング業務拠点ならびにNANDフラッシュメモリーの開発・製造を行っています。

(*1)1ギガバイト(GB)=10億バイト。すべての容量をユーザーストレージとして使用することはできません。
(*2)7200 RPM SATA 2.5インチハードドライブとの比較。公表されている仕様と社内ベンチマークテストに基づきます。


(C) 2014 SanDisk Corporation. All rights reserved.
サンディスクとサンディスク・ロゴはサンディスクコーポレーションのトレードマークであり、米国及び海外諸国で登録されています。本リリース内で記述されている他のブランド名は識別の目的で記されたものであり、それぞれの登録者のトレードマークである場合があります。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。