logo

アルテラ、東京工業大学との共同開発システムを『第6回国際カーエレクトロニクス技術展~カーエレJAPAN~』にて披露

日本アルテラ株式会社 2014年01月08日 10時26分
From PR TIMES

ステレオ・カメラ方式走行安全システムの産みの親、東京工業大学 實吉准教授による特別セミナーも実施 

アルテラ・コーポレーション (本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、社長、CEO兼会長:ジョン・デイナ NASDAQ:ALTR) の日本法人、日本アルテラ株式会社 (東京都新宿区 代表取締役社長:ハンス・チュアン 以下、アルテラ) は、2014年1月15日(水)~17日(金)東京ビックサイトにて開催される 『国際カーエレクトロニクス技術展 ~カーエレ JAPAN~』 に出展いたします。

アルテラ・ブース(西1-14)では、「FPGA で実現できる カーエレクトロニクス向けソリューション」をテーマに、先進運転支援システム(ADAS)向けの初登場デモを3つ、インフォテイメント・ソリューション用デモを2つ、初心者向け展示ならびに「ISO26262」機能安全ソリューションを、シアター・デモを交えてご紹介いたします。

ステレオ・ビジョン・デモは、車載ステレオ・カメラ研究の第一人者である、東京工業大学放射線総合センター 実吉敬二 准教授が開発したアルゴリズムを、アルテラのFPGAに実装したものです。2つのカメラで取り込んだ60フレーム/秒の映像から、対象物までの距離をリアルタイムで計算できるため、走行距離にして約28cm間隔での情報処理を可能にします。インフォテイメント向けには、ルネサス社 R-Car SoC と 接続可能な開発キット「Hydra(ハイドラ)」をはじめとするデモをご紹介いたします。

また出展社セミナーとして、1 月15 日(水)11:30-12:00に、實吉准教授による特別セミナー「ステレオカメラの今、そして未来(ステレオカメラ開発物語)」を実施いたします。 ステレオ方式の優れた特性や FPGA によるブレイクスルー、開発秘話などをご紹介いただきます。

<国際カーエレクトロニクス技術展 出展概要>
■ 会期: 2014年1 月 15日 (水) ~ 17 日 (金) 10:00 ~ 18:00 [17日(金)のみ17:00終了]
■ 会場: 東京ビックサイト
■ ブース番号:西1-14

【主な展示/デモ内容】
・ ADASソリューション
o ステレオ・ビジョン・デモ <展示会初公開>
o サラウンド・ビュー・デモ <展示会初公開>
o ADAS ソリューション <展示会初公開>

・ インフォテイメント・ソリューション
o ルネサス R-Car SoC と接続可能な開発キット“Hydra” デモ
o グラフィック・レンダリング IP コアによる HUD ソリューション・デモ <展示会初公開>

・ その他の展示
o FPGA 初級編「マイコンと FPGA の違い」
o アルテラ SoC による「ISO26262」 機能安全ソリューション

・ シアター・デモ:アルテラ FPGA を活用した、ADAS およびインフォテイメント・ソリューションを、ショート・プレゼンテーションとデモを交えて紹介

【出展社セミナー(無料)】
■ 日時: 1 月 15 日(水)  11:30-12:00  展示会場内 西1会場 50席 当日先着順
■ 講演:「ステレオカメラの今、そして未来 (ステレオカメラ開発物語)」
ステレオ・カメラ方式走行安全システムの産みの親、東京工業大学 實吉准教授による特別セミナーを実施します。 ステレオ方式の優れた特性や FPGA によるブレイクスルー、開発秘話などをご紹介頂きます。
■ 講師:東京工業大学 放射線総合センター 理学博士 准教授 實吉(さねよし) 敬二 氏

詳細は、こちらでご確認ください:
リンク

アルテラ・コーポレーションについて
アルテラ・コーポレーションは、プログラマブル・ロジック・ソリューションの世界的リーディング・カンパニーです。1983年にシリコンバレーで創業した世界で最初のファブレス企業であり、1988年にNASDAQに上場しました。FPGA/CPLD、SoCなど、カスタム・ロジックの分野でテクノロジー・リーダーとして高成長を続け、顧客企業のイノベーションに貢献しています。世界各国に拠点を持ち、日本法人である日本アルテラ株式会社は1990年に設立されました。顧客志向のソリューションが高く評価され、日本におけるPLD市場でトップシェアを維持しています。
アルテラのFPGA、CPLD、およびASICデバイスついての詳細情報は、アルテラのウェブサイト(www.altera.co.jp)をご覧ください。Facebook、RSS、Twitter でも情報提供を行っています。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事