logo

ユニクロからの新提案、はきやすさで選ぶジーンズ  CMでは本田圭佑選手を起用

株式会社ファーストリテイリング 2014年07月01日 14時07分
From 共同通信PRワイヤー

2014年1月7日

株式会社ユニクロ

ユニクロからの新提案、はきやすさで選ぶジーンズ
CMでは進化し続けるアスリート・本田圭佑選手を起用
変わらないポリシーと進化を語る

ユニクロはこの春、ジーンズの伝統的なかっこよさはそのままに、快適なはき心地にこだわるジーンズコレクションを展開いたします。2014年1月17日(金)から順次オンエアするTV-CMでは、世界で活躍するアスリート・本田圭佑さんを起用。日本人プロサッカー選手として「世界一になる」という目標に向けて、努力を惜しまず世界を舞台に「進化」し続ける彼の姿を通じ、世界中の人に愛されるジーンズを目指すユニクロ・ジーンズの進化をお伝えします。

日本発のグローバルブランドとして世界一を目指すユニクロは、お客様がその時々に求める最適な「LifeWear」を提供することを目標に常に「進化」し続けています。ユニクロの代表的なアイテムの一つであるジーンズもまた妥協のない物作りを続け「進化」させています。そんなユニクロが今年辿りついたのは、ジーンズ本来のオーセンティックな風合いやディテールにこだわり続けながらも、ジーンズ選びの基準すら変えてしまう、快適なはき心地。硬くて動き辛いイメージのあるジーンズを、繊維・素材メーカーと共同で素材を一から見直し、最高のはき心地の為に進化させました。また、シルエットは、今の時代のスタイルに合うよう、ミリ単位の調整を加えました。

今回、世界一を目指して「進化」という共通のテーマで結びついた、ユニクロのジーンズと本田選手。
「ジーンズに求めるものは履きやすさ。疲れるのが嫌なので、気楽に履けるのが重要なポイント。」と言う本田選手からも、止まることなく「進化」を続けるユニクロのジーンズに共感頂き、CMへの出演が決定いたしました。
1月17日からスタートするTV-CM第1弾「進化するジーンズ~将来の夢~篇」では、小学生の本田選手が卒業文集で書いた作文「将来の夢」を、現在の彼自身が朗読します。「大人になったら世界一のサッカー選手になりたいと言うよりなる。」で始まる作文は、「世界一練習し、外国から呼ばれて、ヨーロッパのセリエAに入団する。」と続いています。有言実行し、まさに夢が叶ったように見える本田選手ですが、CMの撮影現場では「まだ夢の途中。これからが一番重要」と語ってくれました。
「進化」するジーンズを着用した「進化」するアスリート・本田選手のCMは、まさに今を生きる人達に前向きな勇気を与えてくれる、メッセージ性のある作品に仕上がっています。

また、CM放送に先駆け本日より、ユニクロのホームページ上(リンク)では、本田選手のインタビュー映像を公開いたします。彼自身の言葉で語られる、彼の進化へのポリシー、これからのビジョンをぜひご覧ください。

【CM情報】

<第1弾>
タイトル : 進化するジーンズ~将来の夢~篇
放映開始日 : 2014年1月17日(火)より順次
地域 : 全国
CM内容 : 小学生の本田圭佑選手が書いた作文「将来の夢」を、現在の彼が朗読。「ぼくは大人になったら、世界一のサッカー選手になりたいと言うよりなる。今はヘタだけどガンバって、必ず世界一になる。そして、ぼくは外国から呼ばれて、ヨーロッパのセリエAに入団します。」少年時代の写真から、今の本田圭佑選手に変わり、当時から現在に至るまで、ずっと変わっていない彼のビジョンを語ります。

<第2弾>
タイトル : 進化するジーンズ~想い~篇
放映開始日 : 2014年3月中旬
地域 : 全国

撮影エピソード
サッカーだけではなく、生き方にも強いこだわりを持っている本田選手ですが、今回のCM撮影においてもそのこだわりを存分に発揮されました。最高気温が6℃ととても寒い日の撮影で、衣装はシャツ1枚であるにも関わらず、自らカメラのモニターを確認し、監督と話し合い、納得がいくまで何回も繰り返し撮影を重ねました。
また小学校での撮影では、撮影の合間、サッカーボールで遊んでいる子供に歩みより、一緒にサッカーをする場面も。パスの出し方を教えたり、ドリブルのテクニックも披露。子供が本田選手からボールを奪うと、周囲では大きな拍手が起き、本田選手も笑顔を見せていました。

出演者プロフィール
 本田圭佑(ほんだ けいすけ)

 生年月日:1986年6月13日
 出身地:大阪府摂津市

 現所属:セリエA ACミラン (イタリア)
 ポジション:MF・FW
 利き足:左足

[経歴]
摂津FC→ガンバ大阪JY→星陵高(石川)→名古屋グランパスエイト→
VVVフェンロ(オランダ)→CSKAモスクワ(ロシア)→ACミラン(イタリア)

2010年FIFAワールドカップ南アフリカ大会で注目され、2011年アジアカップで優勝、そしてMVPを受賞するなど2014年ブラジルワールドカップに向けて着実に進化を続ける、世界でも注目の選手の一人である。

【2014年 春夏ジーンズコレクション 商品情報】

ユニクロのジーンズは、長年蓄積した経験や発見をもとに、常にアップデートを重ねてまいりました。そして、「究極の普段着」であるジーンズで、ユニクロが最もこだわったのは、毎日の生活を快適に変えていく最高のはき心地です。ジーンズ本来のかっこよさはそのままに、より快適で、よりすごしやすいジーンズに進化させています。

■「最高のはき心地」のために進化した、こだわりの素材

はき心地を最も左右する素材は、繊維メーカー、素材メーカーと共同で開発いたしました。綿100%でごわごわと硬いイメージのあるデニムを、各シルエットや今の時代のムードに合わせて研究開発し、進化させました。

<メンズ>
・スリムフィットストレートジーンズ
 東レ×カイハラ社と共同開発した、高いストレッチ性と型崩れしにくいキックバック性を兼ね揃えた、
 非常に滑らかでやわらかい“パウダーソフトデニム”を採用。
・レギュラーフィットストレートジーンズ(セルビッチ)
 3年ぶりにユニクロ全店で発売となる高品質デニムの代名詞であるセルビッチデニム。
 世界的にも有名な広島のデニムメーカー、カイハラ社の協力により、ジーンズ本来の魅力は
 そのままに柔らかく、しなやかな素材にアップデート。

<ウィメンズ>
・ウルトラストレッチジーンズ
 ストレッチデニムを代表する世界的メーカー、トルコのイスコ社と協力し、
 驚異の伸張率40%、回復率80%を誇る素材を使用。女性の美脚と快適さを両立。

■ポリシーは変えずに時代に適合したシルエットへ

定番アイテムと呼ばれているジーンズも、今の時代のスタイルにぴったり合うように、シルエットもミリ単位のアップデートを毎年繰り返しています。今年の、メンズのレギュラーフィットジーンズは、すそ幅を少し細く、すっきりとさせ、ウエスト、股上、太もも周りなどもミリ単位で微調整いたしました。ルーツはアメリカの労働者のための衣料であったジーンズを、今の時代の人のスタイルに合わせ、洗練された「LifeWear」へと進化させています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事