logo

シーメンス、TESIS PLMwareを買収し、産業用ソフトウェアのポートフォリオを拡張

・ソフトウェア統合の大手プロバイダーを買収し、シーメンスのPLMとERP、MES、
CRM、SCMとのシームレスな相互運用性を確保

・TESIS PLMware、エンタープライズ向けITアプリケーションにシーメンスの
Teamcenterを統合して、製造業の効率性向上とコスト削減を強化

シーメンスは、製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアと他のエンタープライズ
向けアプリケーションとの統合で高い評価を得ているTESIS PLMwareを買収する
契約を締結しました。この買収により、シーメンスの産業用ソフトウェアのポート
フォリオがさらに拡大します。TESIS PLMwareは、シーメンスのTeamcenter(R)と
世界の主要なERPシステムやMES、CRM、SCMなどのエンタープライズ向け
アプリケーションとの実証済みの統合ソリューションを提供して、顧客のITコス
トの削減と効率性向上を支援しています。買収後、TESIS PLMwareはシーメンス
産業オートメーション事業部のビジネスユニットであるシーメンスPLMソフトウェア
に組み込まれます。この買収契約には、ドイツ、ミュンヘンに本社を置くTESIS
PLMware GmbHと米国における同社の事業所が含まれます。買収の契約
条件は開示されていません。

コストを抑制しながら競争優位性を確保していくには、エンタープライズ向け
ソフトウェアの統合、とりわけPLMとERPの相互運用性を高めて情報交換を
シームレスに効率化していくことが非常に重要となります。1992年以来、
シーメンスPLMソフトウェアの重要なパートナーであるTESIS PLMwareを買収
することで、シーメンスの顧客はそれぞれ自社のグローバルな製品開発/
製造環境にTeamcenterのPLMポートフォリオをよりシームレスに統合できるよう
になります。

「シーメンスは、次世代の製造業を牽引する当社のお客様の革新的なもの
づくりを支援するクラス最高のソリューションの提供に取り組んでいます。
シーメンスはTESIS PLMwareを買収して、当社の産業用ソフトウェアのポート
フォリオをさらに拡張していきます。世界の主要なERPシステムとの実証済み
の安定したインターフェイスを確保することで、お客様のエンタープライズ向け
ソフトウェア環境に当社のPLMソリューションが完全統合されていきます。
これにより、より迅速で効率的、かつ柔軟でコスト効率の高いソフトウェア統合
が可能になります。本日の発表は、産業用ソフトウェアに的を絞った当社の
買収戦略を大きく前進させるものです」と、シーメンスPLMソフトウェアの
プレジデント兼CEOのチャック・グラインドスタッフは述べています。

TESISグループのメンバーであるTESIS PLMwareは、中堅~大企業向けに、
統合PLM環境や高度に効率的な製品開発プロセスの構築を支援するコンサル
タント/ソフトウェア企業として1988年に設立されました。

シーメンス インダストリーセクターについて
シーメンス インダストリーセクター(ドイツ・エアランゲン)は、産業向けに
革新的で環境にやさしい技術とソリューションを提供している世界的な
サプライヤーです。統合オートメーション技術と産業用ソフトウェア、各産業
に特化した豊富な専門知識、技術に基づく各種サービスを提供して、お客様
の生産性、効率性、柔軟性の向上に貢献しています。シーメンス インダストリー
セクターは、産業オートメーション事業部、ドライブテクノロジ事業部、カスタマー・
サービス事業部、金属テクノロジーのビネスユニットからなり、全世界で
100,000人を超える従業員を擁しています。
詳細はwww.siemens.com/industryをご覧ください。


注意:SiemensおよびSiemensのロゴはSiemens AGの登録商標です。
Teamcenterは、米国およびその他の国におけるSiemens Product Lifecycle
Management Software Inc.またはその子会社の商標または登録商標です。
その他の商標、登録商標、サービス・マークはそれぞれ各所有者に帰属します。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。