logo

Cloudera、Amazon Web Service 上のEnterprise Data Hub 認定およびサポートを発表

Cloudera株式会社 2013年12月24日 10時00分
From PR TIMES

Cloudera、企業向けにAmazon Web Serviceでデータマネジメント機能 やアナリティクス機能およびサポートを提供

カリフォルニア州パロアルト - 現地時間2013年12月19日-米Cloudera(本社:カリフォルニア州パロアルト、CEO:Tom Reilly)は本日、Amazon Web Service(AWS)上でのCloudera Enterpriseのデプロイを認定し、エンタープライズ・グレードのサポートを提供することを発表しました。高品質で平易に利用できるCloudera Enterpriseデータマネジメント・プラットフォームと、強力なAWSインフラ、そしてテクニカルサポートを融合させることで、顧客企業は完全性と堅牢性を備えたEnterprise Data Hubの機能およびパフォーマンスをAWS経由で利用できます。これにより、大規模環境へのビッグデータ導入サポートに必要な機能を提供いたします。

現在組織は、多種多様なデータハブの目的に応じ、さまざまなシステムを導入しています。こうしたシステムは、従来型のデータやワークロードに合わせられており、今日起こっているような急激なデータ量の成長や形態の変化、またはデータからのインサイトを求める多様なユーザーのニーズに対応できないという課題があります。実際、ユーザーの目的はシンプルなもので、「単一でセキュア、かつ信頼できるロケーションにおいて、元データに忠実な形式で任意の量のデータを取得・結合し、ビジネスニーズに応じて、あらゆるユーザーにできるだけ迅速にインサイトを提供する」ということです。Clouderaは、Cloudera Enterpriseデータマネジメント・プラットフォームによりその目的の達成を支援し、また企業がAWSクラウドでClouderaのソリューションをEnterprise Data Hubとして活用できるようになりました。

451 Research社のリサーチ・ディレクターであるMatt Aslett氏は次のように語ります。「当社は、企業が自社のインフォメーション・マネジメント・アーキテクチャの近代化を進め、次世代のデータマネジメント・プラットフォームを定義する中、クラウド環境でのHadoop稼働に対する関心が高まっていくことを予想していました。ClouderaのAWS対応により、潜在ユーザーは『Hadoopプラットフォームとクラウドインフラの両方において、市場を率いる第一人者のサポートがある』という安心感を得られると思います」

クラウド環境のHadoop:エンタープライズデータマネジメントにおける次のフロンティア

企業がHadoopベースのビッグデータ開発に挑む中、クラウド環境でのデータ格納・処理・分析をシームレスに実現する機能へのニーズが出てくるようになりました。Clouderaは今回の発表により、AWSプラットフォームにおいて、強力かつ商用製品品質のビッグデータ・クラウドソリューションを提供することで、どこに企業のデータが格納されていようと、Enterprise Data Hubとしての機能実現を保証します。

Distil Networks社共同設立者兼CEOのRami Essaid氏は次のように述べています。「Distil Networks社は、悪意あるボットからWeb攻撃を守るパブリック・プライベートクラウドセキュリティの第一人者として、リアルタイムに情報を収集・分析し、それに基づいた施策を打つ必要があります。当社のEnterprise Data HubとしてのClouderaに、AWSインフラが持つ柔軟性ならびに効率性が備わることで、Webセキュリティのさらなる向上を目指すわれわれのミッション実現を強力に支援してくれます」

Cloudera Enterprise on AWS導入の主な効果:

・開発における柔軟性の高さ、インサイトの迅速化
AWSの利用により、どのようにもHadoopを開発できる高い柔軟性に加え、長期にわたるインフラの選定や調達プロセスを回避することで、Clouderaビッグデータ・プラットフォームの早期稼働が実現し、データから即時にビジネスバリューを見つけることができるようになります。

・スケーラブルなデータマネジメント
多くの大企業では、既存のデータクラスタに新しいノードを追加するために数週間から数カ月もかかっています。Cloudera Enterprise on AWSの実装により、システム拡張サイクルを効果的に短期化できるので、企業はビジネスの成長に合わせてデータハブをスケールできるようになります。

・効率性を改良し、コスト抑制効果を向上
AWS上でのデプロイにより、従来データセンターの維持にかかっていた専用リソースのニーズを削減し、コアコンピタンスへの集中が可能になります。平均的な企業の年間データ成長は急上昇し続けており、比較的新しいデータマネジメントシステムでも、高パフォーマンスなワークロードを実現するには大きな負荷がかかることがあります。データマネジメント・プラットフォームをクラウドに移行することで、企業はオンプレミスのデータインフラに必要となる、新しいエンタープライズデータやアプリケーション、ワークロードに対応するための年間投資コストを相殺あるいは回避できます。

AWSのワールドワイドパートナーエコシステム担当取締役Terry Wise氏は次のように語ります。「AWSでClouderaのEnterprise Data Hubの機能を提供することで、クラウドでの実装における選択肢をより多く顧客企業に提示できるようになりました。お客様は、従来のモデルの数分の一のコストで、強力な分析・データマネジメント機能を提供する主流のHadoopへアクセスできるようになります。AWSクラウドがもたらす利益を資本にしたいお客様に対し、AWSとClouderaがより良いサポートを提供していくことを、大変喜ばしく思っています」

Cloudera コーポレートビジネス開発担当バイスプレジデント Tim Stevensは次のように述べています。「オンプレミスのデータマネジメント導入は、これからも一部の企業にとって選択肢のひとつとなるでしょう。その一方で、クラウドの柔軟性や経済性を好む企業も存在します。データマネジメント・ソリューションは、データをどこでどのように蓄積するかを押し付けるのではなく、データそのものに向かう必要があります。企業はクラウド内で完全に運用でき、優れた機能と柔軟性を持ち、そしてスケーラブルでコスト効率性の高いデータストレージならびに処理、分析機能を提供するEnterprise Data Hubの開発・運用を実現できます」

利用について

Cloudera Enterprise on AWSは現在利用可能です。詳細情報や価格についてはこちらをご覧下さい:リンク

【Clouderaについて】

2008年設立。Clouderaは、徹底的な検証を重ね、商用・非商用環境を問わず、世界で最も幅広く採用されているApache Hadoopディストリビューション「CDH」で、企業向けHadoop市場を開拓してきました。Clouderaは現在、ビッグデータ・プラットフォームである「Cloudera Enterprise」によってデータマネジメントソリューションを進化させ、すべてのデータに対する「Ask Bigger Questions(TM)」の実行と、より機知に富んだ実行可能なインサイトの迅速かつ容易な獲得を実現することで競争優位性をもたらす「価値」を提供し、企業を支援しています。また、Apacheオープンソースプロジェクトのトップコントリビュータとして、さまざまな業界にわたる何百社の企業、数万ノードのHadoop管理経験を背景に、データプロフェッショナルの教育・育成を牽引しています。これによりClouderaは、企業向けHadoopのデファクトを確立したリーディングカンパニーとして認知されています。

▼Cloudera の情報は下記よりご覧いただけます。
・ウェブサイト(日本語): リンク
・ブログ(日本語):リンク
・Twitter(日本語): リンク
・Facebook(日本語): リンク

【報道関係者の方からのお問い合わせ先】

Cloudera株式会社
マーケティング担当:木林
press-jp@cloudera.com

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事