logo

◎フランコ・ドラゴン監督によるKyz Zhibek Operaがアスタナ・オペラハウスで上演 

国立オペラ・バレエ劇場「アスタナ・オペラ (Astana Opera) 」 2013年12月24日 16時19分
From 共同通信PRワイヤー

◎フランコ・ドラゴン監督によるKyz Zhibek Operaがアスタナ・オペラハウスで上演 

AsiaNet 55380

【編註】クライアントからの要請により、提供された原稿をそのまま配信します。
    共同通信JBNでは一切編集を行っておりません。

フランコ・ドラゴン監督によるKyz Zhibek Operaがアスタナ・オペラハウスで上演 

【2013年12月20日PRニュースワイヤー】‐‐

世界的に有名な監督であるフランコ・ドラゴン (Franco Dragone) 氏はアスタナ・オペラハウス (Astana Opera House) で優れた作曲家のエフゲニー・ブルシロフスキー (Yevgeny Brusilovsky) 氏によって作曲された、キズ・ジーベック (Kyz Zhibek)・オペラの新たな制作を発表します。

マルチメディアのニュースリリースは以下をご参照ください。
リンク

制作についての仮契約は、サン・カルロ劇場 (Teatro di San Carlo) の「アイーダ (Aida) 」のプレミアに出席するため、劇場経営者と巨匠フランコ・ドラゴン氏によって招待されたナポリ (Naples) まで、アスタナ・オペラハウスの監督であるトレゲン・ムハメヤノフ (Tolegen Mukhamejanov ) 氏を訪問した際に合意されました。

トレゲン・ムハメヤノフ氏は「フランコ・ドラゴン氏はキズ・ジーベック・オペラに関心を持っていました。同氏は来年1月にアスタナ・オペラハウス座と会談するために、アスタナを訪問することが期待されています」述べました。ムハメヤノフ氏はまた「キズ・ジーベック・オペラのプレミアは2014年4月に予定されています」と語りました。

詩的な民話に基づくキズ・ジーベック・オペラの台本は、勇敢な戦士のトレゲン (Tolegen)と美しいジーベック (Zhibek) のラブストーリーについて語っています。物語はカザフスタンの土地が内紛で苦しんだ16世紀と17世紀に設定されています。トレゲンは彼の狡猾なライバルのビークジャン (Bekezhan) によって殺害され、ジーベックもまた、トレゲンの死について知った後に自殺しました。

会談中に、トレゲン・ムハメヤノフ氏とフランコ・ドラゴン氏はまた、来年のモーツァルトの歌劇「魔笛(The Magic Flute)」の上演の可能性について議論しました。

さらに、ムハメヤノフ氏は振付家のボリス・エイフマン (Boris Eifman) 氏との、2014年春にサン・カルロ劇場で上演されるモーツァルトのバレエ「レクイエム (Requiem) 」の共同制作について、サン・カルロ劇場と合意に達しました。バレエは2014年秋に、アスタナ・オペラハウスで上演されます。また、サン・カルロ劇場と共同でアスタナ・オペラハウスは、 2015年にプッチーニの歌劇「トゥーランドット (Turandot)」を制作します。またゲスト演奏は、同じ年に、アスタナ・オペラハウスおよびサン・カルロ劇場で上演されます。

スカラ座(Teatro alla Scala)は、6月のミンクス (Minkus) のバレエ「ドン・キホーテ (Don Quixote) 」とアスタナ・オペラハウス・ツアーに参加します。

全部で8つのプレミアが、2014年にアスタナ・オペラハウスで上演される予定です。それらは、チャイコフスキー (Tchaikovsky) のバレエ「白鳥の湖 (Swan Lake) 」、アドルフ・アダン (Adolphe Adam) のバレエ「ジゼル (Giselle) 」、アラム・ハチャトゥリアン (Aram Khachaturian) のバレエ「スパルタク (Spartak) 」、ジュバノヴァ (Zhubanov) のバレエ「カラゴズ (Karagoz) 」、ブルシロフスキーのオペラ「キズ・ジーベック (Kyz Zhibek) 」、プッチーニのオペラト「トスカ (Tosca) 」、ヴェルディ (Verdi) の「アイーダ (Aida) 」、モーツァルトの「魔笛 (The Magic Flute)」です。

ジーベック・ジョーリィ (Zhibek Zholy) バレエとオペラ・フェスティバルは、9月と10月の後半に上演されることが期待されています。ウィーン国立歌劇場 (Wiener Staatsoper) 、マリインスキー劇場 (Mariinsky Theatre) およびその他の劇場が、祭りのためにアスタナ・オペラハウスに参加する計画を立てています。




ソース:国立オペラ・バレエ劇場「アスタナ・オペラ (Astana Opera) 」

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。