logo

「Ameba mama」が2013年度「ママ川柳」優秀作品を発表  優秀賞は、「キャラ弁を LINEで送り 目で食べる」に決定

ソーシャルメディア活用、晩婚・晩産化など、現代ママたちの実態をあらわした作品が多数

株式会社サイバーエージェントが運営する、ママ向け情報サイト「Ameba mama(アメーバママ)」は、2013年11月28日~12月4日まで募集をおこなった、2013年度「ママ川柳」の優秀賞・入賞作品を決定いたしました。



■2013年度「ママ川柳」優秀賞・入賞作品
「ママ川柳」は、子育てママたちの日常を、五・七・五の十七音で自由に表現いただく企画です。2013年度は、「Ameba mama」会員を対象に2013年11月28日~12月4日まで募集をおこない、合計120件のご応募をいただきました。
「Ameba mama」編集部による厳正な審査の結果、優秀賞・入賞作品は下記に決定いたしました。

▼優秀賞(1名)
・キャラ弁を LINEで送り 目で食べる

▼入賞(10名)
・キャラ弁を 頑張った日は 力尽き
・高い服 着た日にかぎって スタイなし
・ママ好きと ギュウして眠る チビ彼氏
・赤ちゃんと 親歴一緒だ 子育ては
・ママブロで 心はいつも 20代
・疲れても ノンストップだよ 主婦業は
・ママ友を 作るミッションが ランクSS
・お孫さん? 娘といたのに そう聞かれ。
・年齢を 聞いていいのか ママ友の
・「おいてくよ!」 おいてかないよぉ だいじだもん。

■「Ameba mama」編集部のコメント
優秀賞に決定したのは、「キャラ弁を LINEで送り 目で食べる」。手間ひまかけた力作のキャラ弁の写真を、「LINE」を活用して送っている姿が、現代ママたちの日常をよくあらわしている、という理由で優秀賞に決定しました。この作品の投稿者の方は、「キャラ弁の写真を家族に送ると喜んでもらえる」ということで、夫や子どものために頑張るママの甲斐甲斐しさが伝わってきます。

その他に目立ったのが、「お孫さん?娘といたのに そう聞かれ。」、「年齢を 聞いていいのか ママ友の」といった、子育てママの「年齢」にかかわる川柳。普段の生活においても、ママたちが現代女性の晩婚・晩産化を実感する場面は少なくないのかもしれません。

さらに、「高い服 着た日にかぎって スタイなし」、「疲れても ノンストップだよ 主婦業は」、「キャラ弁を 頑張った日は 力尽き」など、ごはんの支度や子どものお世話におけるママたちの苦労や努力がうかがえる作品も多く寄せられました。

また、他のママのブログを読んだり、自分のブログでも少し若いテンションを演出したりして気分転換を楽しんでいる様子がうかがえる「ママブロで 心はいつも 20代」といった作品や、「ママ友を 作るミッションが ランクSS」という、リアルなママ友よりもインターネット上のママ友の方が本音を相談でき信頼できる、という様子がうかがえる作品など、優秀賞の作品も含めて、SNSやソーシャルメディアなどを上手に活用する現代ママならではの姿も感じられる結果となりました。

■「Ameba mama(アメーバママ)」とは
「Ameba mama」は、ブログやニュースを中心に育児中の女性に向けた最新情報を提供するサービスです。ママタレントや人気ママブロガーのブログランキングをはじめ、旬な話題を集めたブログコンテンツ、ママ関連の最新情報を配信する「アメママニュース」、Amebaオフィシャルブロガーがプロデュースしたオリジナル商品などを紹介しています。

■ URL
「Ameba mama」 リンク

■ 会社概要
社名 株式会社サイバーエージェント リンク 
所在地 東京都渋谷区道玄坂一丁目12番1号
設立 1998年3月18日
資本金 7,203百万円 (2013年9月末現在)
代表者 代表取締役社長 藤田 晋
事業内容 Ameba事業、インターネット広告事業、ソーシャルゲーム事業、投資育成事業

■リリースに関するお問い合わせ先
株式会社サイバーエージェント  Ameba広報担当  E-mail:ameba_pub@cyberagent.co.jp

以上

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事