logo

◎アーセナル・キャピタル・パートナーズ、モデルに基づく医薬品開発のリーディング企業サターラを買収

アーセナル・キャピタル・パートナーズ 2013年12月20日 10時50分
From 共同通信PRワイヤー

◎アーセナル・キャピタル・パートナーズ、モデルに基づく医薬品開発のリーディング企業サターラを買収

AsiaNet 55371

【編註】クライアントからの要請により、提供された原稿をそのまま配信します。
    共同通信JBNでは一切編集を行っておりません。

アーセナル・キャピタル・パートナーズ、モデルに基づく医薬品開発のリーディング企業サターラを買収

ニューヨーク、2013年12月20日 - ニューヨークに拠点を置く非上場企業で、中規模市場の医療及び専門性の高い事業会社への投資におけるリーディング企業である、アーセナル・キャピタル・パートナーズは、医薬品開発の研究開発市場向けの、モデルに基づく医薬品開発とデータ解析のソフトウェアならびにコンサルティング・サービスのリーディング・プロバイダーであるサターラの買収を本日発表しました。

サターラは、業界最高レベルの科学的コンサルティング・サービスにより裏付けられた、コンピュータによるモデルから成る、高度に専門的かつ統合的なプラットフォームを提供し、それは、医薬品開発における創薬から前臨床、臨床の各ステージに及んでいます。サターラのソリューションは、データ主導型の意思決定を可能にすることで、新薬を市場に送り出すまでの時間や経費を大幅に削減すると共に、失敗のリスクを減らし安全性を向上させるための、より正確にデザインされた研究開発を牽引します。そしてこれは、厳しい規制と増大するコストに直面する研究開発環境におけるひとつの利点となります。

アーセナルのパートナーの一人で、ヘルスケア・グループの共同ヘッドであるStephen McLeanは、「私達は、このように医薬品開発プロセスの生産性の向上に重要な貢献を果たす刺激的な企業に投資することをうれしく思います。今日の平均的な新薬の研究開発コストは、約1,500億円を超え、その期間は10年から15年に及びます。これは明らかに世界的な医療費削減の責務と矛盾するものであり、サターラはこれに変化をもたらすことになるでしょう。」と述べています。

2013年のノーベル賞生理学・医学賞を受賞した、Dr. James Rothmanは、アーセナル・キャピタル・パートナーズのヘルスケア・グループにおける自身の役割としてサターラの買収についての評価を行いました。「アーセナルは、医薬品開発プロセスの効果と効率の両方を向上させることができるサターラの能力を評価し、買収には興味を持っていました。」 「モデルに基づく医薬品開発により、製薬企業は、より厳格で定量的な医薬品開発のアプローチを導入することができます。これは、どの新薬候補を次のステージに進めるか、どのように臨床試験デザインを最適化するかに関して、より豊富な情報に基づく意思決定を可能にし、医薬品業界、さらに最終的には患者にとってより良い結果をもたらします。」 サターラの取締役への就任が決まったDr. Rothmanはこのように述べています。

「アーセナルは、データ解析や科学的知識を適用して医薬品に関する知識を広めるという、私達のビジョンを共有しています。慎重な評価の後、私達のミッションや価値に対するアーセナルの深い理解に感銘しました。私達は今回の買収が、サターラにとって適確なものであり、私達の顧客とスタッフの両方の利益になるものと確信しています。」と、サターラのCEO、Jim Hopkinsは述べています。

オペレーティング・パートナーでアーセナルのヘルスケア・グループの共同ヘッドである、Dr. Donald A. Deiesoは以下のようにコメントしています。「私達の企業ポートフォリオにサターラを加えることは、私達がフォーカスする、製薬業界の現在の慣例を転換させるソリューションの提供を強化するものです。技術主導のインフォマティクス・モデルはより経済的な結果をもたらすだけではなく、個別化医療や臨床ケアを提供する基盤としての役割をも果たします。私達は、これまでのサターラの医薬品開発ソフトウェアとコンサルティング・サービスを積み上げ、この会社をより一層強く、製薬企業にとってのより多才なパートナーとして、最終的にはアーセナルの個別化医療のビジョンを実現すべく計画しています。」

アーセナルによるサターラの買収は、2012年のWestern Institutional Review Board (WIRB)、Copernicus Group IRBおよびIRBNetのWIRB-Copernicus Group (WCG)への買収と統合に続くものです。サターラの買収は、そのポートフォリオ企業群が製薬企業および医薬品開発業務受託機関に提案できるサービスの幅を広げるものです。WCGは独立したIRBのサービスの提供と連邦委任統治のIRB委員会を運営しています。

アーセナル・キャピタル・パートナーズについて
アーセナル・キャピタル・パートナーズはニューヨークに拠点を置く非上場企業で、中規模市場の医療及び専門性の高い事業会社への投資におけるリーディング企業です。アーセナルは、重要な高い知識と経験を持つ企業が存在する領域への投資を行います。アーセナルは、成長を加速し、企業の経営改善能力を高めるべく、経営陣と緊密な連携をとることで、より一層価値を創造する可能性を持つビジネスをターゲットにしています。アーセナルは現在約1,700億円の委託出資資金を保有しています。アーセナル・キャピタル・パートナーズに関する情報は、www.arsenalcapital.comをご参照ください。

サターラについて
サターラは、医薬品開発に対するトランスレーショナル・アプローチの支援に特に注力しながら、創薬から臨床開発に至る、広範囲のソフトウェア製品群とコンサルティング・サービスを提供することで、人の健康改善に貢献しています。モデルに基づく医薬品開発ツールのリーディング・プロバイダーであるサターラは、業界リーダのTripos、SimcypおよびPharsight Corporationの買収と統合により設立されました。サターラ・ファミリーの各ブランドは創薬、医薬品開発プロセスにおける重要なフェーズにそれぞれフォーカスしており、独自の科学的モデリング、データ解析およびシミュレーションの機能群を提供することで、トランスレーショナル・サイエンスの取り組みに必要な学術分野横断的なアプローチを可能にします。より詳しい情報は、www.certara.comをご覧ください。

より詳しい情報に関する連絡先:
経理財務に関するお問合わせ  Chris Tofalli  +1-914-834-4334  chris@tofallipr.com
アーセナルに関するお問合わせ  David Seldin  +1-202-393-7337  dseldin@brunswickgroup.com
サターラに関するお問合わせ    Lisa Osborne  +1-206-992-5245   lisa@ranahealth.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。