logo

地域密着型のデジタル広告専門会社「電通デジタル・ネットワークス」の設立について

株式会社電通 2013年12月16日 11時15分
From 共同通信PRワイヤー

2013年12月16日

株式会社電通

地域密着型のデジタル広告専門会社「電通デジタル・ネットワークス」の設立について

株式会社電通(本社:東京都港区、社長:石井 直、以下「電通」)の100%子会社である株式会社電通デジタル・ホールディングス(本社:東京都港区、社長:遠谷 信幸、以下「DDH」)は、株式会社オプト(本社:東京都千代田区、社長:鉢嶺 登)の100%子会社であるソウルドアウト株式会社(本社:東京都千代田区、社長:荻原 猛、以下「ソウルドアウト」)と、ソウルドアウトの子会社である株式会社サーチライフ(本社:東京都千代田区、社長:山中 仁史、以下「サーチライフ」)とのJV(ジョイントベンチャー)として、地域密着型のデジタル広告専門会社「株式会社電通デジタル・ネットワークス」(以下「DDN」)を設立し、1月中旬より営業を開始いたします。

リスティング広告を中心とする運用型広告は、都市圏の大企業のみならず、地方の中核企業、中小企業に至るあらゆる事業者の方々にインターネットを活用した販促活動を可能にし、その市場の裾野は拡大を続けています。一方で、運用型広告を取り扱っていくためには独自の運用体制と専門的なノウハウが求められるため、一般的な広告会社では十分な体制が確保できず、地方ではクライアントに十分なサービスが提供できているとは言えない状況が生じています。
そこで、こうした課題やニーズに対応していくため、各地の電通関係会社が長年培ってきた地域に密着したビジネス基盤と、ソウルドアウトグループの中小事業主向けの運用型広告に関するノウハウを融合させたJVとしてDDNを設立することにいたしました。DDNでは今後、電通関係会社のオフィス内にDDNの営業所を開設し、地域において豊富な営業経験を持つ電通関係会社の社員と、運用型広告の提案から運用までの実務に長けたソウルドアウトグループのスタッフでチームを編成し、地域のクライアントに対し費用対効果を最大化する販売促進プランの提案を行ってまいります。また、クライアントの状況に応じ、電通本社やネクステッジ電通もこれらの協業を支援していきます。

 DDNの全国展開にあたり、まずは平成26年1月から、広島(株式会社電通西日本広島支社と協業)、岐阜(株式会社電通名鉄コミュニケーションズ岐阜支社と協業)、長野(株式会社ながのアド・ビューロと協業)で営業を開始し、今後も全国各地で順次営業所を開設していく予定です。なお、電通グループならびにソウルドアウトグループは営業所開設エリア外でのクライアント・サービスの体制も整備し、各地におけるデジタル・ビジネス市場の拡大、活性化に貢献してまいります。また、ソウルドアウトの既存11拠点(札幌/新潟/大宮/東京/横浜/静岡/名古屋/福井/大阪/神戸/福岡)はこれまで通りソウルドアウト単体として営業活動を行ってまいります。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事