logo

◎PW Power SystemsがアルジェリアのSPEに20基のFT8 MOBILEPACを納入

PW Power Systems, Inc. 2013年12月13日 15時50分
From 共同通信PRワイヤー

◎PW Power SystemsがアルジェリアのSPEに20基のFT8 MOBILEPACを納入

AsiaNet 55316
共同JBN 1512 (2013.12.13)

【グラストンベリー(米コネティカット州)2013年12年13日PRN=共同JBN】三菱重工のグループ企業PW Power Systems, Inc.(PWPS)は13日、Sonelgazの子会社La Societe Algerienne de Production de l'Electricite(SPE)と契約し、アルジェリアの4カ所にある20基のFT8(登録商標)MOBILEPAC(登録商標)ユニットを提供すると発表した。SPEは国営企業でアルジェリアの発電業務を担っている。この契約には、燃料システム、脱塩水システム、可動型自浄式吸気システム、ブラックスタート発電機、戦略的な予備部品も含まれている。

MOBILEPACユニットは自給式ガスタービン発電機で、Pratt & Whitneyが供給するFT8(登録商標)エンジンを使って駆動する。MOBILEPACユニット1基は25メガワットを発電し、ガスないしは液体燃料で稼働する。パワーパッケージ一式は世界のどこにでも陸路、空路あるいは海路によって素早い搬送が可能で、顧客は長期ソリューションだけでなく、緊急事態を緩和するために迅速展開することができる。

PWPSのピーター・クリストマン社長は「SPEが迅速で信頼できる電力の必要性に対処するために、MOBILEPACを再び採用したことをうれしく思う。PWPSはアルジェリアでの営業領域を急拡大しており、アルジェリアでのエネルギー基盤を拡大するうえでSPEをサポートできることを光栄に思う」と語った。

20基のMOBILEPACユニットは、アルジェ近郊の2カ所、アルジェリア中部1カ所、アルジェリア東部1カ所の計4カ所に設置される。ユニットは2014年夏の電力需要ピーク時に対処するために納入される。

▽PW Power Systems, Inc.について
PW Power Systems(PWPS)はコネティカット州グラストンベリーに本社があり、発電業界向けエネルギー・ソリューションを供給する世界的リーダーである。PWPSはガスタービン・パッケージ、工業用ガスタービンのアフターマーケット・サービス、再生エネルギーシステム、エンジニアリング・調達・建設サービスを含む、さまざまな製品とサービスを提供する。PWPSは世界有数の重機械メーカーであり、2013年3月31日までの会計年度の連結売上高が約340億ドルの三菱重工(本社東京)の1部門である。三菱重工の多様な製品およびサービスは、造船、発電プラント、化学プラント、環境機器、鉄鋼構造物、工業用および一般機器、航空機、宇宙システム、空調システムなど。PWPSの詳細はリンクを参照。

ソース:PW Power Systems, Inc.

▽問い合わせ先
Lucia Maffucci
+1-860-368-5535
Lucia.Maffucci@pwps.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。