logo

車載・ポータブルAV機器用 地上デジタル放送受信フロントエンドLSIを開発~チューナと復調機能の4ダイバーシティ対応をシングルチップで実現、機器のコスト削減と低電力化に貢献

パナソニック 2013年12月13日 12時30分
From PR TIMES



パナソニック株式会社は、地上デジタル放送規格(ISDB-T/Tmm/Tsb・DVB-T)[1]に準拠し、RFチューナを統合した4ダイバーシティ[2]対応DTV復調LSI (品番:MN88541)を業界で初めて(※1)シングルチップにて開発、2013年12月よりサンプル出荷を開始します。お客様ニーズに応じて、2ダイバーシティ仕様のラインナップ(品番:MN88541D)も提供します。

▼「地上デジタル放送受信フロントエンドLSI」の商品情報
リンク
▼「地上デジタル放送受信フロントエンドLSI」の商品リリース(2013年12月13日)
リンク

【効果】
本製品を使用することにより、車載・ポータブルAV機器等の地上デジタル放送受信機能をより高感度、小型、低消費電力で実現可能であり、システムコスト削減に貢献します。

【機器のコスト削減と低電力化に貢献するRF統合4ダイバーシティDTV復調LSIの特長】
本製品は以下の特長を有しています。
1.RFチューナとOFDM[3]復調回路を各4系統、および誤り訂正用メモリ[4]をシングルチップに統合。小型BGAパッケージ採用により基板実装面積を大幅に削減すると共に、中継局サーチ等のシステム設計自由度を向上。
2.ISDB-Tフルセグ時の受信感度を約25%向上(※2)すると共に、移動時の速度限界を約50%向上(※2)。さらに地上波特有のマルチパス妨害[5]耐性強化により、業界最高水準(※1)の受信性能を実現。
3.ISDB-Tフルセグ受信時の消費電力を約40%削減(※2)。機器の省エネ化と周辺部品コストの合理化を実現可能。

【内容】
本製品は以下の技術によって実現しました。
1.高感度なRFチューナをDRAM混載プロセス上に搭載可能とする高周波回路設計技術
2.車載・ポータブルAV機器の移動受信に最適なOFDM復調性能を実現する高精度伝送路推定・等化処理技術
3.低電圧動作でも高感度を実現するRFチューナ技術、およびデジタルアシスト技術

【従来例】
車載・ポータブルAV機器等の移動受信端末におけるダイバーシティ対応DTVフロントエンド回路において、高精度なアナログ特性を必要とするRFチューナと、大容量のメモリが必要な復調部は半導体プロセスが異なるため、別チップ構成による実現が一般的でした。別チップ構成では、機器のコスト削減や小型化が困難なため、シングルチップ化のニーズが高まっていました。

(※1)RF統合4ダイバーシティ対応DTV復調LSIとして。2013年12月13日現在、パナソニック調べ。
(※2)パナソニック従来品(品番:MN884441UB)比。

【実用化】
サンプル出荷開始:2013年12月
量産開始:2014年3月
価格:数量応談

▼「地上デジタル放送受信フロントエンドLSI」の商品情報
リンク
▼「地上デジタル放送受信フロントエンドLSI」の商品リリース(2013年12月13日)
リンク

【用語の説明】
[1]地上デジタル放送規格
・ISDB-T(Integrated Services Digital Broadcasting-Terrestrial)
日本・南米等で採用されている地上デジタル放送の規格名称です。
・ISDB-Tmm
2012年春に日本でサービスが開始された携帯端末向けマルチメディア放送(VHF-H帯域)に採用されている規格名称です。
・ISDB-Tsb
ISDB-TのVHF-low帯域(90~108MHz)を使ったマルチメディア放送規格です。
・DVB-T(Digital Video Broadcasting-Terrestrial)
欧州・アジアを始め世界の多くの地域で採用されている地上デジタル放送規格です。

[2]ダイバーシティ
様々な方位からの電波をしっかり捉え、4つの独立したチューナの高速デジタル合成処理、データの誤り・劣化を自動補正し、最適な1つのデータへと合成処理する機能です。複雑な反射や時間差で到来する電波をより正確に捕えることで、より安定した受信が可能となります。

[3]OFDM(Orthogonal Frequency Division Multiplexing:直交周波数分割多重)
多数の搬送波を用いて変調・多重を行う伝送方式の一つであり、日本・南米・欧州地域の地上デジタルテレビジョン放送の伝送方式に使用されています。

[4]誤り訂正用メモリ(デインターリーブメモリ)
移動時等時間的なレベル変動やバースト的なノイズに対する信号レベルの変動に対して、強固な誤り訂正を実現するため、ISDB-T/Tmm/Tsb規格では時間インターリーブが採用されており、その処理に使用するメモリです。

[5]マルチパス妨害
建物、山岳等の障害物への反射、および、SFN(Single Frequency Network:単一周波数ネットワーク)において同じチャンネル周波数を使って放送する複数の中継局の電波の到来遅延により発生する妨害であり、地上デジタル放送で一般的な妨害の一つです。

▼本件に関するお問合せ先
●報道関係お問合せ先
システムLSI事業部 企画グループ
TEL:06-6904-4732
●商品に関するお問合せ先
リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事