logo

◎Altiboxがノルウェーのイエルメラン地区で初の1Gb/sブロードバンド敷設へ

Altibox 2013年12月12日 14時32分
From 共同通信PRワイヤー

◎Altiboxがノルウェーのイエルメラン地区で初の1Gb/sブロードバンド敷設へ

AsiaNet 55290
共同JBN 1503 (2013.12.11)

【オスロ2013年12月11日PRN=共同JBN】ノルウェーの西海岸は、同国通信事業者Altibox初の次世代高速ブロードバンドの敷設サイトになろうとしている。イエルメラン地区の各世帯、ホリデーホーム所有者、地方政府オフィス、公共サービスプロバイダーそして企業は、1000Mb/s(1Gb/s)のスピードの光ファイバー・ネットワークを提供される。

敷設は既にフィヨルドおよび山岳地区で始まっている。最初の顧客は2014年上半期までにオンラインでつながる。2016年末までに敷設される光ファイバー・ネットワーク接続を希望する、地区内のすべての人々を接続するのが目的だ。

  (Photo: リンク
  (Photo: リンク
  (Photo: リンク

Altiboxのトリル・ナーグ取締役会長によると、イエルメランは広い敷地をとったビルがあり、ノルウェーでは恐らく光ファイバー・ネットワークを設置される最も問題の多い地区の1つである。同会長は「このプロジェクトは地方政府、地域住民、サービスプロバイダーすべてが共通の目標に向けて努力すれば実現できる新たな基準を設定することになる。われわれの評価では同地区は現在、幹線ケーブルから離れており、経済的観点から言えば光ファイバー接続に投資するにはふさわしくない世帯数は少ない」とコメントした。

この地区は地形、居住者の数、既存の高速ブロードバンドサービスのないことが重なり合って、光ファイバーがどのような変化を生み出しうるかという興味あるテストケースになる。トリル・ナーグ会長は「Altiboxはこの地域の発展を詳細にモニターする。われわれはユーザーの行動、公共サービスの展開、ホリデーホームの利用、ビジネス開発の貢献度、住民向けの新しいラーニング・チャンネルなどを注視する。イエルメラン地区はノルウェーにおける高速ブロードバンドに対する実験場になるだろう」と語った。Altiboxから現在提供されている光ファイバー・ネットワークを利用するノルウェーのすべての人々は、最終的にイエルメラン住民が現在提供されるものと同じスピードでアクセス可能となる。

▽将来はギガビット時代を迎える
ノルウェー政府は、すべての国民が2017年までに最低100Mb/sのブロードバンド接続になると述べている。EU諸国の目標は契約者の50%が2020年までに少なくとも100Mb/sのブロードバンド相当のスピードを利用できることである。イエルメランの住民はEU目標の10倍の1000Mb/sを提供され、これは1Gb/s相当である。イエルメランは新しいネットワークによって、ノルウェー政府によるブロードバンドカバレッジの目標に対応するとともに、ヘルスケア、教育のなどの分野と地方政府サービス提供でなどその他の目標が確実に達成されることを支援することになる。

Altiboxのトリル・ナーグ会長は「われわれは将来を築きつつある。Googleが行った分析によると、ギガビット(Gb)容量は今後増大する必要条件に対応するため必須であり、それによっていくつかの(機器)ユニットの同時ストリーミング、デジタル画像品質の向上、健康・福祉面のテクノロジー、輸送、より高度な公共サービスなどに対応できる」と語った。

同地区は新基準の光ファイバースピードを提供するインフラストラクチャーを備える初の広域地域である。地域のタウンホール、学校、ソーシャルケアセンターなど公共ビルは、最初にブロードバンド接続される。その後はイエルメランの住民2800人のほとんどすべて、約1000戸のホリデーホーム所有者、地域企業全部が光ファイバー・ネットワークへの接続が提供される。

イエルメラン住民は1カ月約120ユーロの料金で、1000Mb/sのインターネット、TVサービス、IP電話を提供される。

▽スマートハウス・テクノロジーと新しい自立ソリューション
地方政府ビル、最初の住宅(複数)、選ばれた企業が2014年上半期中に同ネットワークに組み込まれる。

イエルメランのトリーヌ・ダニエルセン市長は「われわれは極めて素晴らしい年を迎えることができる。われわれはノルウェーに最も先端的なデータ通信インフラを敷設することが、老いも若きもここにいるすべての人々が生活できる、より魅力的な地域にすることだと信じている。長期的には例えば、光ファイバー・ネットワークによって、より高齢者がスマートハウス・テクノロジーや新しい自立・自助ソリューションの助けによって、家庭にあってより長生きすることができるようになる」と語った。

同市長は「さらに、新しい光ファイバー・ネットワークは、地域全体のビジネス開発を増進して、既存の企業とブランドニュー企業の双方が構築する強力なプラットフォームを提供する」と語った。

▽ファクトシート
光ファイバー・ネットワークは最速、最も安定した現代的タイプのブロードバンド基盤である。光ファイバー・ブロードバンドはほとんど限界なしの容量を持ち得て、データは光速で送信され、アップロードおよびダウンロードのスピードは同じである。それぞれの世帯への専用光ファイバー回線は、顧客が近隣居住者の利用による影響を受けないことを意味する。光ファイバーケーブルはまた、長距離利用可能というもう1つの利点を持っている。銅線は電話交換所から離れた所では、性能と信頼性が著しく下落してしまう。光ファイバーケーブルではそのような問題はまったくない。

シスコ(Cisco)によると、世界のインターネット・トラフィックは2017年には、年間1.4ゼッタバイト(1.4セクスティリオンバイト=10の21乗バイト)超となる。これは2012年トラフィック量の3倍増である。ネットに接続される(機器)ユニット数は、地球全体の人口より3倍数となる。Altiboxは2013年に約4万新規契約者を得た。33万世帯が現在、Altiboxとそのパートナーが提供する光ファイバー・ネットワークとサービスを受けている。

▽メディア問い合わせ先
Toril Nag,
Chairman of the Board,
Altibox: +47-934-88-888

Lars Rasdal,
Press Officer,
Altibox: +47-934-88-142

Trine Danielsen,
Mayor of Hjelmeland District Council: +47-404-39-010

ソース:Altibox


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事