logo

テレビ東京「MISSION 001」にて「Ponta」と連動したインタラクティブTV企画を実施

株式会社ロイヤリティ マーケティング 2013年12月11日 17時39分
From PR TIMES

-共通ポイントを活用した「便利・おトク・楽しい」新たな視聴体験を提供-

 株式会社ロイヤリティ マーケティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:長谷川 剛、以下「LM」)が運営する共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」とテレビ視聴を連動させた新たなインタラクティブTV企画、視聴者参加型番組「MISSION 001~みんなでスペースインベーダー~」が、2014年1月3日(金)夜11時30分からテレビ東京系列にて放送されます。



<実施の背景>

 当該番組は、“テレビを使ってみんなで一緒にゲームをする”というコンセプトの視聴者参加型双方向番組です。往年の名ゲーム「スペースインベーダー(※)」をモチーフにすることで、ファミコンやアーケードゲームを体験した世代から現代の若者まで、幅広い視聴者が参加できる番組を目指したものです。
 LMは、「Ponta」の魅力である「便利・おトク・楽しい」が “家でも・街中でも”どこでも広がる生活密着型サービスコンセプト 『B2O2O(Broadcast to Online to Offline)』を推進しており、今回、当該番組内で、共通ポイントサービスとエンターテインメントの連動による新たな「楽しさ」の提供を目指したインタラクティブTV企画を実施します。
(※)(C) TAITO CORP. 1978


<企画の内容>

 番組は「ドラマ部分」と「ゲーム部分」で構成されています。視聴者は、スマートフォン・タブレット端末・パソコンを使って「ゲーム部分」に参加することができます。ゲームへの参加者数や全国の順位などは、番組放送中にリアルタイムで紹介していきます。当該番組のトータルスコア上位1000名の参加者には、賞品として計「100万Pontaポイント」が贈られます。
 また、バッジを集めることでPontaポイントがたまるスマートフォン向け無料アプリ「Pontaタイム」とも連動し、当該番組にご参加頂いた視聴者向けに、おトクなクーポンのついた参加賞バッジを「Pontaタイム」上で配布します。


 LMは、「Ponta」が“家でも・街中でも”どこでも広がる生活密着型サービスコンセプト 『B2O2O(Broadcast to Online to Offline)』のもと、Ponta会員には更なる「便利・おトク・楽しい」体験を提供し、またPonta提携社には、顧客のニーズに即したこれまでにない新たなマーケティング支援を提供することで、企業理念である「無駄のない消費社会への貢献」を目指して参ります。


[番組概要:「MISSION 001~みんなでスペースインベーダー~」]

 宇宙から戦争を挑んでくる地球外生命体。秘密裡に用意されていた、スマホで操作できる宇宙船を駆使して戦うのは、テレビの前の視聴者だ。敵を倒すには、スマホを起動して敵と同じ色のボタンをPUSH!みんなの連打で敵を倒し、地球を救え!

 ・放送日時: 2014年1月3日(金)夜11:30~0:55 テレビ東京系列にて生放送
 ・出演者:   片岡愛之助 ・真野恵里菜 ほか
 ・番組公式サイト:  リンク
  番組公式Twitter: @TX_MISSION001


[参考:BSジャパン「BLOODY TUBE」について]

 テレビ番組に参加した視聴者がPontaポイントを獲得できるという日本初のインタラクティブTV企画第1弾として、テレビ東京系BSジャパン特別番組「BLOODY TUBE(ブラッディチューブ)」を2013年6月15日に実施いたしました。
 視聴者がスマートフォンを使い、プレイヤーとして総勢14,906名が参加し、参加者によってTwitterやFacebookを通じて多数のコメントが寄せられ、番組終了後の僅か5分間にPontaポイント提供対象者1,000名の約7割がPonta会員IDをスマートフォン画面に入力するなど、視聴者からの大きな反響が得られました。
 ・プレスリリースは下記よりご確認ください。
 リンク


【共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」とは】
1枚のポイントカードで様々な提携企業の共通ポイントを、ためる、つかうことのできる便利でおトクなサービスです。会員数5,914万人(2013年11月末日時点)を有する共通ポイントサービスで、提携企業70社、日本全国約22,500店(2013年11月1日時点)にて利用が可能です。
 Pontaオフィシャルサイト「Ponta.jp」: リンク
 Ponta公式Twitter: リンク
 Ponta公式Facebook: リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。