logo

◎RTS Realtime SystemsがFOWの年間最優秀データセンター賞を受賞

RTS Realtime Systems Group 2013年12月11日 16時06分
From 共同通信PRワイヤー

◎RTS Realtime SystemsがFOWの年間最優秀データセンター賞を受賞

AsiaNet 55251
共同JBN 1482 (2013.12.11)

【ロンドン2013年12月11日PRN=共同JBN】世界をリードするトレーディングソリューション・プロバイダー大手の1つであるRTS Realtime Systems Group(RTS)は11日、FOW誌の年間最優秀データセンター賞を受賞した、と発表した。受賞は前夜ロンドンで開かれたFOW賞表彰夕食会の席上、公表された。同賞はFutures & Options World (FOW)誌からDerivatives Worldロンドン会議の期間中に授与されたもので、RTSのグローバル・データセンターネットワークに新しく加わった上海、香港、東京のアジア太平洋(APAC)データセンター・ハブの成功が授賞に値すると認定された。

 (Logo:  リンク

RTSは世界11カ所にデータセンターを戦略的に配置し、幅広い資産クラスにわたり世界85カ所のトレーディング拠点への超低レイテンシー・アクセスが可能なプロキシミティーホスティングやコロケーションのサービスを顧客に提供している。

RTSのシュテッフェン・ゲミュンデン最高経営責任者(CEO)は次のように語った。「APACデータセンター・ハブが授賞したことは栄誉であり、うれしく思う。われわれのアジア投資とわれわれの顧客に対する機会を拡大するための施設を同地域に建設する、という経営陣の判断が認められた価値ある賞である。われわれはアジアの成長に顕著な重点を置き、堅牢な経営基盤を築いて地元のトレーディングとアジア市場から、およびアジア市場へのグローバルなトレーディングをサポートしている。当社の上海、香港オフィスは成長を継続しており、グローバルな接続能力、市場への直接アクセス、それにアジア、欧州、米国でのアルゴリズムトレードに対する需要は力強い」

2012年4月から2013年5月までの活動がFOW賞の対象になった。この期間中、RTSは香港、上海、東京にデータセンターを開設しただけでなく、中国に最初のオフィスも開き、香港オフィスのスペースも拡大した。バイサイドとセルサイドの拡大する需要に対応するためである。この夏にはドバイにもデータセンターを開設した。中東地域で初めてのデータセンターである。

▽Realtime Systems Groupについて
RTS(www.rtsgroup.net)はあらゆる資産クラスおよび大陸を対象に優良金融機関や商社むけの高パフォーマンス、エンドツーエンド・テクノロジー製品とサービスを提供している。当社は強固な電子トレーディングソフトウエア、コネクティビティー、ホスティング、マッチングおよびリスクマネジメント・ソリューションで世界をリードしている。標準化された低レイテンシー接続ゲートウエー(リンク)を利用して世界135カ所以上の取引所・拠点を結び、グローバルデータ・ネットワークを通じて80カ所以上のプロキシミティーホスティングとコロケーションのサービスも行っている。RTSのインフラストラクチャーは顧客が複数のトレーディングデスクとサイトを通じて高機能のトレーディング戦略を迅速かつ安全で、コスト効率に優れた形で展開することを可能にする。RTSのオフィスはアムステルダム、シカゴ、フランクフルト、香港、ロンドン、ムンバイ、ニューヨーク、プネ(インド)、上海、シンガポール、シドニーにある。

ソース:RTS Realtime Systems Group

▽問い合わせ先
Ellen G. Resnick, Crystal Clear Communications,
+1.773.929.9292 (o);
+1.312.399.9295 (c),
eresnick@crystalclearPR.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事