logo

仮想環境・クラウド環境に対応する エフセキュア仮想スキャンサーバをリリース

エフセキュア株式会社 (本社: 東京都港区、カントリーマネージャ: アリエン ヴァン ブロックランド、以下 エフセキュア)は、仮想環境・クラウド環境に特化したセキュリティ・ソリューション「エフセキュア仮想スキャンサーバ」をリリースしました。今後より盛んになっていくITシステムの仮想化やクラウド化で課題となるセキュリティ対策を提供します。

ITシステムの仮想化やクラウド化は今後さらに進展すると予測されますが、仮想環境やクラウド環境でのセキュリティは、従来の環境と比較して、新たな課題が生じます。それら課題とは主に、パフォーマンスの向上を図りながらセキュリティレベルを維持すること、容易な構築と混在環境を含めた一元管理が求められること、構成の柔軟性と拡張性を確保することの3点になります。エフセキュア仮想スキャンサーバは、こうした仮想環境・クラウド環境の特有の課題を解決し、適切なセキュリティ対策を提供します。


パフォーマンスの向上とセキュリティレベルの維持


一般にエージェントレスと呼ばれるセキュリティ・ソリューションでは、パターンファイルによるファイルの検査しか行えず、未知のウイルス対策や脆弱性対策などへの対策が不十分になります。仮想環境であっても、脅威の内容は、物理環境と変わりありません。エフセキュア仮想スキャンサーバでは、各クライアントには未知のウイルス対策や脆弱性への対策の機能は残しつつ、大半の検査エンジンを取り除きスリム化したエージェントに進化させることで、クライアントで使用するCPUやメモリリソース、ディスク容量を削減します。これらのクライアントから取り除かれた検査エンジンは仮想スキャンサーバで実行され、スキャン結果の共有などを行うことにより、検査効率の向上を図っています。この方法により、パフォーマンスは向上させながらも、従来からセキュリティレベルを落とさないことに成功しています。


容易な構築と混在環境を含めた一元管理


エージェントレスのプログラムでは、実際にはドライバレベルで動作する"隠されたエージェント"として機能します。このような方式は、従来のデスクトップを管理していた管理者には馴染みが薄く、導入や管理に戸惑う原因のひとつとなります。しかし、エフセキュア仮想スキャンサーバでは、各クライアントの導入方法や管理方法は従来型の製品と変わらないため、物理環境と仮想環境が混在する場合も、一台の管理サーバで、戸惑うことなく管理することが可能です。さらに設定やステータス監視について仮想環境を特別に考える必要がなく、既に規定しているセキュリティポリシーをそのまま適用することができます。また、エフセキュア仮想スキャンサーバは仮想アプライアンスの形式で提供されるため、OSレベルでのサーバの知識を必要とせず、簡単に構築・運用が可能であり、導入・メンテナンスのコストの削減に寄与します。


構成の柔軟性と拡張性


さらにエージェントレスのソリューションは、特定のハイパーバイザーでしか利用できず、またその動作の実態もブラックボックス化され、特定のベンダーの技術に大きく依存してしまいがちです。しかし、エフセキュア仮想スキャンサーバでは、クライアントと仮想スキャンサーバ間の通信に、標準化されたプロトコルを使用しているため幅広いハイパーバイザーで利用が可能であり、高い柔軟性と拡張性を確保して大規模な環境であっても簡単に負荷分散を行なうことができます。


エフセキュア仮想スキャンサーバをご提供することにより、仮想化やクラウド化の一層の活用をご支援してまいります。


*エフセキュアの社名、ロゴ、製品名はF-Secure Corporationの登録商標です。
*本文中に記載された会社名、製品名は各社の商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。