logo

【ブロケード】Brocade 定期セミナー 1月開催スケジュールのご案内

ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社 2013年12月09日 13時10分
From PR TIMES

ブロケードでは、エンドユーザ様およびパートナー様向けの各種無料定期セミナーを随時開催しております。仮想化、クラウドといったトレンドを踏まえた最適なデータセンター・ネットワーク構築のための基礎から最新の技術概要、実際の導入・構築方法までを解説。またITリソース管理や運用の効率化を可能にするブロケードのソリューションおよび最新技術動向など、お客様の担当業務、知識レベル、興味分野に合わせて各種セミナーをご用意しております。講座内容および開催日程を確認の上、ぜひご参加ください。



【開催日】

・2013年12月13日(金) SAN ソリューション講座 ~仮想化環境における SAN の最適化~
・2014年01月17日(金) データセンター・ファブリック講座 ~イーサネット・ファブリック~
・2014年01月24日(金) SANソリューション講座 ~ディザスタ・リカバリテクノロジ~
・2014年01月31日(金) ネットワーク仮想化基礎講座 ~仮想ルーティング技術~

▼お申し込み・詳細はこちら
リンク

【講座内容】

■SAN ソリューション講座 ~仮想化環境における SAN の最適化~

概要: サーバ仮想化を導入する際には、併せてストレージ環境を最適化することが重要となる。本講座では、サーバ仮想化環境で最大の効果を得るために忘れてはならないSAN最適化のポイントをわかりやすく解説。さらに、データ量の増大、グリーン、投資保護などに対応する次世代データセンターのための考慮点および求められるテクノロジについて説明する

<プログラム>
・仮想化に向けたデータセンター動向
・サーバ仮想化とFC SAN

対象者: サーバ仮想化および関連システムの導入・提案業務に関わる全ての方(営業、技術)

■SANソリューション講座 ~ディザスタ・リカバリテクノロジ~

概要: 災害対策の基本的な考え方と、SANやFAN(NAS)を利用したディザスタ・リカバリの技術および構築の手法を解説

<プログラム>
・何故BC/DRなのか?ユーザの最終目的は?
・DRシステムに関する考慮点
・DRストレージ・アプリケーション(RDR)
・距離の違いによるSAN構築の選択
・Fibre Channel over IP(FCIP)にかかわる各種テクノロジ
・主要各社のDRアプリケーション例(Disk複製)
・主要各社のDRアプリケーション例(Tape複製)
・SAN Extensionシステムの今後の動向

対象者: ディザスタ・リカバリサイトの導入を検討されている方、および関連技術に興味のある方(営業、技術)

■ネットワーク仮想化基礎講座 ~仮想ルーティング技術~

内容: 仮想化環境に最適な仮想ルータについて、その役割と機能、ユースケースについて解説。また、APIを使用したネットワーク管理の自動化の仕組みについても併せて説明する。

<プログラム>
・SDNの時代
・Vyattaの概要
・デモ

対象者: データセンター・ネットワークの構築・提案業務に関わる全ての方(データセンター・ネットワークの構築・提案業務に関わる全ての方

前提条件: Routingおよび仮想化環境に関しての基礎知識を有すること(VMware/Hyper-Vなどの概念を理解していることが望ましい)

※プログラムの内容は変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。

お申し込み・詳細はこちら>リンク


【お問合せ】
ブロケード コミュニケーションズ システムズ 株式会社
電話:03-6203-9100(代表)
リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。