logo

人気マンガ家の作品が無料で読める 週刊のマンガ雑誌アプリ「マンガボックス」12月4日創刊!

株式会社 ディー・エヌ・エー 2013年12月06日 13時22分
From Digital PR Platform


株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:守安 功、以下DeNA)は、新たなモバイルエンターテイメント領域の拡大を目指し、人気マンガ家の連載作品が無料で読めるスマートフォン及びタブレット端末向けのサービスを開始します。新サービスの名称は「マンガボックス」。2013年12月4日から、専用アプリケーション(以下、アプリ)によるサービスとなります。

「マンガボックス」は、連載マンガを無料で読むことができる週刊のマンガ雑誌アプリ(iOS/Android版)です。毎週水曜日に最新号の更新を開始し、毎日3~5作品ずつ一週間で全作品が更新されます。講談社、小学館などとの提携で、異なる出版社の人気マンガ家の新作や人気マンガのスピンオフ作品などを「マンガボックス」に集約し計28作品を創刊号から連載します。
バックナンバーについては、最新号を含む過去12号分が常時閲覧可能です。それ以前の部分については、各作品の冒頭100ページ程度を『マンガボックス』のアーカイブから閲覧できるとともに、印刷物のマンガ雑誌と同様に電子書籍化、単行本化しての販売も行います。
編集長には、マンガ原作者、脚本家、小説家として活躍中の樹林伸(きばやししん)氏が就任。サービス開始の時点で日本語版と英語版を用意し、将来的にはさらなる多言語対応も検討しています。

今年に入り、複数の出版社から相次いで「連載マンガ」の電子配信がスタートしています。DeNAは、独自の立場から連載マンガのプラットフォームともなる「マンガボックス」をスタートさせ、モバイルとマンガの融合による新しい価値を提案します。モバイルインターネットの分野においてNo.1を志向する当社は、ソーシャルゲームに次ぐ新たな事業としてモバイルエンターテインメントを有力な領域と位置づけ、その中心的役割を担う事業の一つとして、『マンガボックス』を将来的に収益性のある事業に成長させていきたいと考えております。

【サービス概要】
サービス名:マンガボックス

開始日:2013年12月4日(水)

URL:
iOS端末向け リンク
Android端末向け リンク
PC向け紹介ページ リンク

配信先:日本、欧米、アジアなど140の国と地域

対応機種:iOS:6.0以上/Android:2.3.3以上

対応言語:日本語、英語 (他言語に関しても対応を検討)

利用料金:無料(掲載作品は、電子書籍や単行本として販売の予定)

【編集長プロフィール】
樹林伸(きばやし しん)
マンガ原作者、脚本家、小説家
1962年7月22日、東京都出身。早稲田大学卒業後、講談社に入社。編集者を経て1999年に独立。マンガ原作、小説、脚本など、複数のジャンルごとに異なるベンネームを用いて幅広く活躍中。今回、「マンガボックス」の編集長に就任し、異なる出版社(版元)のマンガ家とマンガ作品の発掘に尽力し、垣根のない新たなマンガ界のプラットフォームを目指す。

代表作:
金田一少年の事件簿、探偵学園Q、リモート(天樹征丸 名義)、サイコメトラーEIJI、クニミツの政、シバトラ(安童夕馬 名義)、サイコドクター、神の雫(亜樹直 名義)、BLOODY MONDAY(龍門諒 名義)、リインカーネイション、ビット・トレーダー、陽の鳥(樹林伸 名義)

iPhoneはApple Inc.の商標です。iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
iOSは、Cisco の米国およびその他の国における商標または登録商標であり、ライセンスに基づき使用されています。
Google、Android、Google Play(旧 Android マーケット)は、Google Inc.の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事