logo

『グランド・セフト・オートV』2013年PlayStation(R) Awardsのプラチナプライズ受賞

株式会社バイスプロダクションズ 2013年12月04日 17時45分
From PR TIMES

PlayStation(R) Awards 2013

グランド・セフト・オートV』は今年9月の発売日から100万本を突破したゲームタイトルとして第19回PlayStation(R)Award2013にて唯一“プラチナプライズ”を受賞いたしました。ロックスター・ゲームスは欧米のゲーム会社初この賞を獲得いたしました。受賞は1つのみならず日本やアジアのプレーヤーに選ばれ“ユーザーズチョイス賞”も受賞いたしました。

『グランド・セフト・オートV』は7つものギネス世界記録を更新、その中には「24時間で1つのエンターテイメント資産により最も高く生み出された収益」や「10億ドルの売上に最も早く到達したエンターテインメント資産」が含まれ、世界中で高く評価されています。




■『グランド・セフト・オートV』

太陽が降り注ぐ広大な都市、ロスサントス。かつては欧米諸国から憧れのまなざしを集めていたこの街も、今や自己啓発を説く教祖、スターの卵、輝きを失いつつあるセレブで溢れ、不安定な経済と安っぽいトークショーがはびこる時代の中で必死にもがいている。
そんな混乱の中、個性の全く異なる3人の犯罪者が生き残りと成功を画策する。ストリートギャングで、本物のチャンスと大金を掴みたがっているフランクリン。プロの犯罪者から足を洗ったものの、望んでいたバラ色の引退生活を送れずにいるマイケル。凶暴な性格で、次の大規模な強盗計画に突き動かされているトレバー。打つ手が尽きた彼らは身を立てるため、全てを賭けて大胆かつ危険な一連の強盗に挑む。
かつてないほど大規模でダイナミックな多様性に富んだオープンワールドを誇る『グランド・セフト・オートV』は、ストーリーテリングとゲームプレイを新しい手法で融合。プレイヤーは3人の主人公をたびたび切り替えて、それぞれの立場で複雑に絡み合うストーリーを体験できる。
革新的なシリーズの最新作が登場。驚くほどこだわり抜いたディテール、現代の文化に対する強烈なユーモアなど、『グランド・セフト・オート』ならではの魅力に加え、大胆なアプローチを採用した全く新しいオープンワールドのマルチプレイが楽しめる。


■『グランド・セフト・オート:オンライン』(以下『GTA:オンライン』)

『GTA:オンライン』は最大16人でプレイできる、ダイナミックで永続的なオンラインワールドです。『グランド・セフト・オートV』のコンテンツとシステムを用いつつも、ロックスター・ゲームスやプレイヤーによって作られるコンテンツによって、この世界は拡張、進化をし続けていきます。オープンワールドの自由度、ランダムに発生するアクティビティー、ミッション型のゲームプレイといった基本コンセプトに則り、驚くほどダイナミックなオンラインワールドでのマルチプレイを可能にしました。プレイヤーは独りで探索することも、仲間と協力してミッションを達成することもできます。ロスサントス内で他のプレイヤーと共にアクティビティーやランダムに発生するイベントに参加したり、コミュニティ全体と従来型のゲームモードで競い合ったり、すべてが『グランド・セフト・オートV』独特の雰囲気と洗練されたシステムの中で行えます。

プレイヤーはまず独自のキャラクターを一から徹底的に作り、成長させていきます。キャラクターのカスタマイズ、ステータスの改善、乗り物のカスタマイズや個人財産の購入、犯罪社会で上りつめるチャンスとなるジョブやミッション、アクティビティーへの参加を通して、プレイヤーはキャラクターを作り上げていきます。
『GTA:オンライン』は、続々と投入される新たなコンテンツによって絶えず拡張と進化を続けていき、かつてない永続的でダイナミックなGTAの世界を実現します。『GTA:オンライン』初となる無料追加コンテンツ、「ビーチバム」アップデート版が2013年11月27日(水)に配信開始されました。

全く新しいコンテンツ「ビーチバム」は、タイトルアップデート(1.06)で自動的に『GTA:オンライン』に追加されます。新しい2つの武器、水陸用の頑丈で楽しい4つの乗り物、アクション満載の様々なジョブに加え、バラエティ豊かで素敵な服、ヘアスタイル、タトゥーのカスタマイズ・オプションが収録されています。


【新しいジョブ】

「ビーチバム」アップデート版により、『GTA:オンライン』にアクション満載の新しいジョブが多数追加されます。ビーチをテーマにした新しい「レース」「デスマッチ」「パラシューティング」「ラスト・チーム・アライブ」「サバイバル」、そして縄張り争いが好きな人のために「ギャング・アタック」もご用意しています。

・「グラス・ルート2」(レース): 人気が高い「グラス・ルート」レースの第2弾。                  この白熱するオフロードのレースでは、ザンクード川北部の土手からスタートし、危険な湿地帯を越え、      北チュマシュのビーチで輝かしくゴールを決めます。

・ 「デル・ペロ波止場のサバイバル」(サバイバル): 観覧車には目もくれず、手強い敵を次々と倒しながらスリル満点で 命懸けな海辺のアトラクションを味わいましょう。

・ 「ベスプッチの眺め」(パラシューティング): 上空2980フィートからパラシュートでベスプッチ・ビーチに降下し、  ヤシの木の間をすり抜け、レクリエーションセンターにあるバスケットボールのコートに着地します。       スキルがあれば、チェックポイントの最初のいくつかはパラシュートを開かずに通過できます。

・ 「パレト・ビーチ」(チームデスマッチ): 地元住民は何も起こらない退屈な街だと文句を言います。ライバルチームと の銃撃戦で、彼らの目を覚ましてあげましょう。このロマンチックな海岸線で繰り広げられるチームデスマッチは   4~8人でお楽しみいただけます。

・ 「サンデードライブ」(バイクレース): 二輪車ロケットで厄介なベスプッチ・ビーチを走り、危険なカーブを切って  優勝を目指すこのバイクレースは、ファンの新しいお気に入りになること間違いなしです。


【新しい乗り物】

砂浜や波をものともせず、新しい「ビーチバム」のレースやマシンデスマッチにぴったりな乗り物で海岸に繰り出しましょう。デューンバギー「BF ビフタ」、頑丈なオフロードトラック「カニス カラハリ」、ビーチ用キャンピングカー「ブラヴァド パラダイス」、『GTA』シリーズで特別に復活する速くてオシャレなスピードボート「スピーダー」の4つは、どれもゲーム内費用がかかりません。陸用の乗り物はゲーム内の携帯でsouthernsanandreassuperautos.comのウェブサイトから、スピーダーはdocktease.comからご利用いただけます(配送はペガサスにご連絡を)。これらの乗り物は、ストーリーモードのマイケル、トレバー、フランクリンでも使用可能です。所有しているガレージまたはマリーナに行けば、車とボートにそれぞれアクセス可能です。


【新しい武器】

2つの無料武器を入手して、武器コレクションを増やしましょう。「SNSピストル」はコンパクトながら殺傷能力が高く、凶悪な新しい近接武器「割れたボトル」は接近してくる相手に効果的にメッセージを伝えます。どちらの武器も『GTA:オンライン』内のアミュネーションから無料で受け取ることができ、ストーリーモードの主人公3人の所持品に直接追加されます。


【新しいカスタマイズ・オプション】

『GTA:オンライン』のキャラクターをビーチにぴったりの新しい装いで着飾ることができます。オシャレなボードショートパンツ、ネオン色のサーファーファッション、ワイルドなトライバルタトゥー、シャギーヘアなど、どれも西海岸の無干渉主義的な雰囲気にぴったりです。

この他にも今後新しいコンテンツ・アップデートを続々と予定しています。今後登場予定の「コンテンツ・クリエイター」、極限の協力モード「強盗ミッション」、『GTA:オンライン』版「キャプチャー・ザ・フラッグ」のほか、刺激的なストーリーモードのアップデートに関する情報などをお伝えしていきます。


■『グランド・セフト・オート:サンアンドレアス』

「グランド・セフト・オート」シリーズをもっと楽しみたい方には必見、PlayStation(R)2でベストセラーになった『グランド・セフト・オート:サンアンドレアス』が2013年冬にモバイル版として発売する予定です。モバイル用に最適化された画質やタッチコントロールでサンアンドレアスを楽しみましょう。詳細は今後配信予定です。


□ロックスター・ゲームスについて□

ロックスター・ゲームスは、最も革新的で進歩的なエンターテインメントを生み出すために1998年に設立。エディンバラ(スコットランド)、リーズ(イギリス)、ロンドン(イギリス)、ニューイングランド(米国)、サンディエゴ( 米国) と トロント(カナダ)にスタジオを持っています。今までに発売されたゲームタイトルは「グランド・セフト・オート」シリーズ、「ミッドナイトクラブ」、「マックス・ペイン」、「レッド・デッド・リデンプション」や「ブリー」など世界的に成功を収めた数多くのタイトルがあります。


++ ++ ++

参考ウェブサイト

・ 『グランド・セフト・オートV』公式ホームページ:リンク

・ 『グランド・セフト・オート:オンライン』:リンク

・ 「ビーチバム」アップデート:
リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事