logo

超絶Hyper-Vコラム「Hyper-Vが持つリソースの制御機能」(ビズポイント小塚大介氏)

ビズポイントの小塚氏、マイクロソフト・エバンジェリスト高添氏のHyper-Vコラム

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(略称:CTC)のグループ会社で、ITシステムの保守サポート、運用サービス及び教育サービスを提供するシーティーシー・テクノロジー株式会社(代表取締役社長:藁谷二郎、本社:東京都千代田区、以下:CTCテクノロジー)はマイクロソフトHyper-Vテクニカルコラ「Hyper-Vが持つリソースの制御機能」 (小塚大介氏) を公開しました。

###
 Hyper-Vは大規模環境にも対応できるハイパーバイザーですが、実際にたくさんの仮想マシンを作って運用していると、1つの仮想マシンが大量のリソースを消費してしまって、他の仮想マシンの動作に影響してしまうこともあります。これはHyper-Vに限らず仮想化システムでは想定しておかなければいけない事象です。この事象は開発環境やテスト環境で発生するのであればある程度許容できますが、本番環境だとユーザーからクレームが上がってしまうかもしれません。
 今回はこのような事象を解消するためにHyper-Vが持つリソースの制御機能について取り上げます。一部、過去のコラムと重複する部分がありますが、クラウドサービスにおけるSLA(サービスレベルの契約)にとって重要な要素であるため、ご容赦ください。なお、今回扱う制御機能にQoS(サービスのクオリティ設定)という言葉を使うことがあります。ストレージQoS、ネットワークQoSという言葉が出てきたら、本コラムの事を思い出してください。

(このコラムの続きは以下をご覧ください)
リンク

このコラムのアップデートはメルマガで配信してます。興味がある方は以下より申し込みください。
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。