logo

クラウドベースの企業データ共有ソリューション Citrix ShareFileを試す Webインターフェイスの使い方(ユーザー操作編1) (提供:デスクトップ仮想化ニュース)

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(略称:CTC)のグループ会社で、ITシステムの保守サポート、運用サービス及び教育サービスを提供するシーティーシー・テクノロジー株式会社(本社:東京都千代田区、以下:CTCテクノロジー)はテクニカルコラム「クラウドベースの企業データ共有ソリューション Citrix ShareFileを試す Webインターフェイスの使い方(ユーザー操作編1) (提供:デスクトップ仮想化ニュース) 」を公開しました。

###
シトリックス社が提供するセキュアなストレージサービスCitrix ShareFile(以下、ShareFile)。2013年7月より日本国内でも提供がスタートしました。

 ShareFileは、一般的なクラウドで提供されるオンライン ストレージ サービスと異なり、企業向けに提供されるため非常にセキュアかつ企業システムとの連携性に優れている特長を持ちます。

 ShareFileでは、ネットワーク接続はSSLの通信が標準となっているだけでなく、アップロードされたデータは、すべて自動的に暗号化されます。また、個人が作成するフォルダごとに、アクセスできるユーザーを設定できたり、きめ細かな権限設定ができます。もちろん全てのアカウントユーザーを管理者が一括で管理できるためユーザーがアクセス可能なフォルダやアカウントのワイプなどが簡単に行なえます。また、監査証跡機能としてユーザーのアクティビティの取得も可能です。

 日本国内で展開されるShareFile Enterpriseでは、Active Directoryと連携する機能も用意されているため企業システムとの親和性も高いだけでなく、自社のデータセンターにあるストレージをファイルストアとして利用できるため、クラウドサービス上に重要なファイルを置きたくない企業にとっては朗報と言えるでしょう。

 シトリックスは実際にShareFileをすぐに試せる無料トライアルを実施しています。本稿では、無料トライアルを利用し、実際にShareFileを試してみます。

 ShareFileの評価を希望される方は、Citrix ShareFile エンタープライズエディション無料トライアルフォームへ必要事項をご記入の上、お申し込みください。

この続きは以下をご覧ください。
リンク

このコラムのアップデートはメルマガで配信してます。興味がある方は以下より申し込みください。
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事