logo

個人でも法人でも!マネーフォワード、クラウド型経営サポートツール 『マネーフォワード For BUSINESS』(β版)を完全無料で提供開始

株式会社マネーフォワード 2013年11月29日 11時52分
From PR TIMES

~個人の確定申告や法人の経理・会計を簡単で楽なものに~

株式会社マネーフォワード(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長CEO 辻庸介、以下当社)は、本日、確定申告・法人決算を簡単で楽なものにするクラウド型経営サポートツール『マネーフォワード For BUSINESS』(β版)の提供を開始いたしました。



当社は、資産管理・家計管理サービス『マネーフォワード』を昨年12月にリリース後、iPhone、Android、iPad全てでファイナンスランキングNo.1を獲得するなど、好評頂いております。そのような中、ユーザーの皆さまから、面倒な確定申告を楽にするサービスや事業者向けのサービスも出して欲しい、というご要望を多く頂戴して参りました。
日本国内の確定申告者数は2,000万人超に上る一方、申告手続の大半は未だ手書きの面倒な作業が中心となっております。また、法人の経理・会計業務においても、手作業が多くかつ専門的な会計知識が必要な状態であり、会計の知識が不十分でも使用可能なサービスはまだ十分整っておりません。
当社は、資産管理・家計管理サービス『マネーフォワード』と同様に、できる限り手作業を削減し、自動化されたツールをご提供することで、個人の確定申告や中小企業の会計・経理の手続きを簡単で身近なものへと変えていきたいと考え、『マネーフォワード For BUSINESS』(β版)(リンク)をリリースすることとなりました。


■ 『マネーフォワード For BUSINESS』(β版)の主なメリットと機能
『マネーフォワード For BUSINESS』(β版)の主なメリットと機能は以下となります。
1. 金融機関データの自動取得により手作業を大幅に削減~既存ユーザーのデータも同期~
1,200以上の金融機関における入出金データを自動で取得することで、自分で手入力する手間を大幅に省くことができます。また、資産管理・家計管理サービス『マネーフォワード』でご利用頂いていた入出金データを、そのままご利用頂くことも可能となっております。
2. 面倒な仕訳作業が簡単に。請求書の作成や自動消込が可能に。
取得した入出金データは、その文言を元に半自動で仕訳作業が行われます。また、請求書の作成から、未実現の入出金を管理することも可能で、入金予定時期を過ぎても入金がない取引などを通知します。今後、仕訳ルールの自動学習や、一括処理機能も追加予定となっております。
3. 経営サポート機能が充実。レポートや決算・申告書類を簡単に作成
仕訳されたデータは、キャッシュフロー・レポート、収益費用レポート、さらに税務申告や企業決算に必要なフォーマットなどを自動作成します。今まで手作業で集計していた作業が全て自動で行えるだけでなく各種レポート作成の手間をかけることなく、簡単に経営に必要な情報を確認することができます。


4. いつでもどこでもご利用可能。もちろんMacにも対応
すべての機能がブラウザ上から利用できるので、WindowsはもちろんMacにも対応しております。また、iPad等のタブレットでも使用可能なので、いつでもどこでもご利用になれます。
5. 領収書読み取りにも対応を予定
今後、日本初となる領収書の読み取り機能を備えたスマートフォン用アプリをリリースする予定です。
領収書やレシートを自動で取り込むことにより、面倒な手入力を削減します。
6.最安価格でご提供、更新費用なし~β版は完全無料でお使いいただけます~
β版期間中はすべての機能を無料にてご利用いただけます。
なお、正式版リリース後は、個人向けは月額980円、法人向けは月額1,980円でご提供予定です。


『マネーフォワード For BUSINESS』はβ版につき、今後の正式版リリースに向けて、決算書類の作成機能や消費税変更への対応等を、2014年1月を目処に進めて参ります予定です。
今後『マネーフォワード For BUSINESS』(β版)は、面倒な確定申告を簡単に、また中小企業の経理・会計はもちろんのこと、経営サポートツールとしても、より便利なツールとして強化して参ります。ご期待ください。


■ 株式会社マネーフォワードについて
1)株式会社マネーフォワードの概要
会社名 株式会社マネーフォワード(英語表記: Money Forward, Inc.)
会社サイト  リンク
代表者 代表取締役社長CEO 辻 庸介
資本金 643,445,000円(資本準備金含む)
所在地 東京都渋谷区恵比寿4-11-9 クオーレエビスビル203
2)マネーフォワードの理念
マネーフォワードの理念は、サービスを通じて、個々人のお金に関する悩みや不安を軽減し、日々の暮らしの改善や夢の実現をサポートすること。そして日本国内の「お金の流れ」が変わり、より世の中が活性化し、新たなチャレンジを生み出しやすい環境づくりに貢献することです。
3)経営陣のご紹介
代表取締役社長 辻 庸介
京都大学農学部を卒業後、ソニー株式会社に入社。その後、2004年にマネックス証券株式会社CEO室に出向(その後転籍)。2011年ペンシルベニア大学ウォートン校卒業(MBA取得)。COO補佐、マーケティング部長を経て、株式会社マネーフォワード創業、代表取締役社長CEOに就任。
取締役CTO 浅野 千尋
早稲田大学大学院基幹理工学研究科情報ネットワーク専攻修了。2006年にトレード・サイエンス株式会社を設立。数理研究開発部長を経て、チーフアルゴリズムアーキテクトに就任。金融市場分析プラットフォーム開発、アルゴリズム研究開発業務に注力。2010年に金融市場分析部門を独立させ株式会社インテリジェント・シープを設立。金融ITコンサルティング業務に注力。2012年株式会社マネーフォワード取締役CTOに就任。
取締役 開発本部長 都築 貴之
2001年 横浜国立大学大学院工学部電子情報工学専攻修了後、ソニー株式会社入社。5GHz帯無線LANルータの開発、著作権保護システムの開発、PlayStationシリーズ向けコンテンツ配信サービスの立ち上げ、製品セキュリティ対策業務などに従事。2013年株式会社マネーフォワード取締役開発本部長に就任。
取締役 COO 瀧 俊雄
慶應義塾大学経済学部卒業後、野村證券株式会社入社。株式会社野村資本市場研究所にて、家計行動、年金制度、金融機関ビジネスモデル等の研究に従事。2011年スタンフォード大学経営大学院卒業(MBA取得)。2011年より野村ホールディングスCEOオフィスに所属。2012年より株式会社マネーフォワード取締役COOに就任。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事