logo

公民連携によるアプリコンテスト「YOKOHAMA Ups!」 開催中!

横浜市 2013年11月29日 10時00分
From Digital PR Platform


横浜市では、企業等の様々な担い手の皆様との対話を進め、それぞれが持つ資源やノウハウを活用することにより、今日的な社会課題や地域課題に対して、新たな解決策を見い出し、実現していく「共創」の取り組みを進めています。
今回、共創の取り組みのひとつとして、横浜市とデジタルハリウッド大学大学院、株式会社パソナテック、株式会社tvkコミュニケーションズ、一般社団法人リバースプロジェクトと連携したアプリコンテスト「YOKOHAMA Ups(ヨコハマ アップス)!」を開催しています。

日常をちょっと便利で楽しくしたいという想いを持つ、横浜市の未来を担う「若者」、豊かな知識・経験を持つ「高齢者」、そして専門領域の強みを持った「民間企業」等が、アイデアとスキルを持ち寄ってアプリとして具体化させるムーブメントをつくることにより、市民生活の向上につなげていくことを目指しています。

多くの皆様からのステキなアプリのご応募をお待ちしております!

■開催概要
●「アプリ開発部門」
“優れたアイデアとアプリ開発スキル”を保有した方を対象として、具体的なアプリの開発を募集
●「アイデア部門」
アプリ開発のスキルは無くとも“優れたアイデア”を募集

 <アプリのイメージ>
 「横浜の魅力を発信したり、集客につながるアプリ」
 「横浜に住んでいる方の身の周りの利便性をちょっと向上させるアプリ」
 「水・緑・自然などの横浜の環境を親しむアプリ」
 「その他、横浜での生活に彩りを与えるアプリ」 
  など自由な発想での提案をお待ちしています。

■スケジュール
・平成25年12月9日(月)
 アプリケーション開発部門の提案書類の提出締切
・平成26年2月28日(金)
 アプリケーション開発部門のアプリケーション及び
 アイデア部門の提案書類の提出締切
・平成26年3月下旬
 表彰式

■応募方法
 応募方法等の詳細については、下記のホームページをご覧ください。
 リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。