logo

世界的に著名な日本人投資家 松藤民輔氏の電子書籍『チャートだからひと目でわかる!2014年! 超・金融大恐慌-1月にダウ平均が上がれば3月に大恐慌が始まる!』11月27日配信!



この情報の詳細は、当社コーポレートサイトでもご覧頂けます。
リンク

コンテンツの企画制作プロデュース事業、クリエイター・エージェンシー事業を展開する株式会社クリーク・アンド・リバー社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井川 幸広)は本日、投資家として世界的に著名な松藤民輔氏の書き下ろし電子書籍「チャートだからひと目でわかる!2014年! 超・金融大恐慌-1月にダウ平均が上がれば3月に大恐慌が始まる!」を配信いたしました。日本のバブル崩壊を読み切り、金鉱山オーナーとしても知られる著者が、直近の米中そして日本経済を大胆に予測し、今後の株価、金価格、為替、商品相場をチャート(図式)をふんだんに使用して説明しております。当社が電子書籍制作、配信までを一貫して行った「チャートだからひと目でわかる!」シリーズの電子書籍第2弾です。


タイトル:
『チャートだからひと目でわかる!2014年! 超・金融大恐慌-1月にダウ平均が上がれば3月に大恐慌が始まる!』
著者:松藤民輔 
発売日:11月27日
販売価格:2000円
販売サイト:
≪Amazon kindle≫ リンク 
≪楽天Kobo≫ リンク

【 本書の紹介文より 】
資金流入の続く株式市場で、世界は再び強気市場に転換しています。「株価はまだまだ上昇する!」と世界中の主要メディアは報道しています。世界中の指導者は株価を上げることのみに腐心しています。

一定時間に降るゲリラ豪雨が未曾有の災害を引き起こしたように、騰がりすぎた株価は悲惨な人災を呼びます。新高値にもかかわらずテクニカルには新高値にはなっていません。
いよいよ大恐慌のタイミング近し、と考えるべきなのでしょうか…?
「サブプライム危機」に日本でいちばん早く警鐘を鳴らしたベストセラー『アメリカ経済終わりの始まり』(講談社)の著者が直近の米中そして日本経済を大胆に予測した電子書籍でしか読めない、この一冊。

株価は? 金価格は? 為替は? 商品相場は?
チャートをふんだんに使い、松藤氏がここまで解き明かします!

【目次】
はじめに
■パート1
  売りサイン点灯!1月にダウが上がれば、3月に合衆国は経済破綻する!
 主要指標が天井を打った!
 バブル終了のサイン
 正しくまちがえている?
 オバマ政権は最悪
 最後の貸し手?
 市場をコントロールするのは経済学者ではない!
 エコノミスト、アナリストほどいい加減な商売はない!
 短期金利の急落と株式市場の暴落
 中央銀行なんていらない!
 予算がなくてフードスタンプは停止中!
 格差のピークは大恐慌と同じ!
 金持ちだけがメリットを享受できる社会
 米国経済を根底から蝕むQE依存体質!
 史上最大のジャンク市場が崩壊する!
 かくもあつかましい金融機関の強欲さ
 アメリカ経済はきわめて脆弱!
 デトロイト破綻は氷山の一角!
 民主主義からどんどんかけ離れていく!
 米国から離れていくサウジアラビア
 イギリスは米国を見限った!
 だれも知らないドイツ危機の現実

■パート2
 3度目の天安門事件が起こった! 中国自壊の可能性は120パーセント!
 天安門事件は何度も繰り返される!
 中国の輸出ストップ! 内需拡大にも失敗!
 金利が13%に跳ね上がった!
 香港の実業家が金購入に走る理由
 220兆円もの不正送金!
 米国は本気で中国を包囲網するのか?

■パート3
 アベノミクス・バブルは賞味期限1年! インフレでは日本は救われない!
 アベノミクスは日本企業の構造転換を読み損なった!
 世界でも希有なアベクロミクス
 正味期限はあと1年!
 日本は円高でいい!
 重税国家から脱出する富裕層が激増している!
 外国人の気分次第で恐慌のトリガーが引かれる!
 欧米エリートの退場と大衆国家日本の登場!


クリーク・アンド・リバー社では電子書籍の企画・制作から大手プラットフォームへの配信取次事業のほか、作品プロデュースや、書籍の版権を取り扱うエージェンシー事業ならびに出版関連事業を積極的に展開しております。開始当初から順調に事業を拡大しており、今後も電子書籍を含む出版分野において新しい取り組みを加速させてまいります。


■【著者プロフィール】松藤民輔(まつふじ たみすけ)
株式会社ジパング代表取締役会長。明治大学卒業後、日興證券、メリルリンチ、ソロモン・ブラザーズを経て日本のバブル崩壊を読み切り、投資の主役はペーパーマネー(株式、債券)からゴールド(金現物)に移ると予見し、1995年、株式会社ジパング設立。2005年にネバダ州の金鉱山を買収し現在にいたる。1994年「ザ・エコノミスト」誌に、この10年間でいちばん注目しているエコノミストとして紹介された唯一の日本人。主宰する経済情報ブログ「松藤民輔の部屋(リンク)」はサブプライム危機や株価急落をいち早く予見した日本と北米のアナリストたちが、日本の大手メディアでは得られない情報を連日提供している。

■株式会社クリーク・アンド・リバー社 会社概要
社  名:株式会社クリーク・アンド・リバー社
本  社:東京都千代田区麹町二丁目10番9号 C&Rグループビル
設  立:1990年3月
代 表 者:代表取締役社長 井川 幸広
事業内容:クリエイティブに特化したエージェント、プロデュース、アウトソーシング、著作権及びコンテンツの管理・流通
URL:リンク| リンク(クリエイターのための情報サイト「CREATIVE VILLAGE」) 


----------------------------------------------------
この件に関するお問い合わせ
株式会社クリーク・アンド・リバー社
経営企画部 TEL:03-4550-0008

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。