logo

懐かしの“日本映画″が手軽に楽しめるようになります!邦画5社共同企画、来年1月スタート決定!

株式会社ハピネット 2013年11月27日 10時00分
From 共同通信PRワイヤー

2013年11月27年

ハピネット ピクチャーズユニット

あの頃、銀幕の中のスターが恋人だった―。シニア世代が青春を謳歌した昭和20~40年代に、
人々の憧れの眼差しを一身に受けて輝いた往年の大好きだったあのスターにまた会いたい… 

そんなシニア世代のセカンドライフをサポートし、心の充実を応援するため、
趣味のひとつとして「映画DVDをレンタルする」というライフスタイルを提案します。
この度、邦画5社 KADOKAWA (大映)、松竹、東映、東宝、日活は共同企画として、全国のDVDレンタル店にて、1970年前後の邦画作品を中心に集めたコーナー『昭和キネマ横丁』を2014年1月22日にスタート致します。

戦後日本の高度経済成長を支えた団塊の世代、今や日本人の4人にひとりが65歳以上という時代。高齢者と呼ぶにはまだまだ元気な皆さんに、セカンドライフをより一層充実していただくための新たなライフスタイルのご提案です。

すっかり定着したと思われる「DVDレンタル」ですが、シニア世代には浸透しておらず、レンタル店を利用している人口は、1~2%程度と言われており、そのほとんどが未経験です。
シニア世代の皆さんがDVDをレンタルしやすいよう、本企画の主旨にご賛同いただいた全国のレンタル店約2000店舗(TSUTAYA、ゲオ他)に1970年前後の邦画作品を中心に集めた『昭和キネマ横丁』コーナーを設置し、バックアップします。
”映画“を「DVDでレンタルする」というご家庭でできる簡単な趣味を増やすことで、”懐かしいあの頃”が蘇ります。

時代を彩った憧れのスターと共に過ごした、あの素晴しき青春の日々をもう一度。
『昭和キネマ横丁』2014年1月22日スタート!

「日本映画が日本を元気に!」
株式会社KADOKAWA 角川書店/松竹株式会社/東映株式会社/東宝株式会社/日活株式会社/株式会社ハピネット

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事