logo

「リスク軽減から競争優位へ」ブラック・ダック・ソフトウェアCEO、Tim Yeaton基調講演決定

ブラック・ダック・ソフトウェア株式会社 2013年11月27日 09時00分
From 共同通信PRワイヤー

2013年11月27日

ブラック・ダック・ソフトウェア株式会社

ブラック・ダック・ソフトウェアCEO、Tim Yeaton 、
Linux Foundation主催Enterprise User’s Meeting基調講演決定、
「リスク軽減から競争優位へ」

11月26 日米国マサチューセッツ州バーリントン、11月27 日東京、
オープンソースソフトウェア(OSS)のマネジメント、ガバナンス、安全な利用を自動化するための戦略、製品やサービスの世界的なリーディングプロバイダであるブラック・ダック・ソフトウェアは、オープンソース業界のイベントで頻繁に講演している代表取締役社長 兼CEO、Tim Yeatonが、オープンソース利用の成長に関し議論するLinux Foundation主催Enterprise User’s Meeting(12月11日-横浜)で基調講演、 Open Compliance Summit(12月12日-横浜)でも講演することを本日発表しました。

「弊社の日本のお客様や、巨大なグローバルソフトウェア開発業界では、オープンソースの採用は驚異的な速度で成長し、産業全体をよりよくするための競争の原動力が変化していることを見てきました。」また、「特に日本でも、企業のソフトウェア開発組織に “インナー・ソーシング”と呼ばれる、オープンソース コミュニティの共同開発モデル導入への関心が高まり始めています。」とYeatonは述べています。

2013年12月11日開催のEnterprise User’s Meetingでは、コラボレーションの促進、日本のエンタープライズ ユーザおよびグローバルなLinuxコミュニティとの間の相互作用を奨励しています。12月12-13日のOpen Compliance Summitでは、ベストプラクティス、および取組みを議論し、共通のコンプライアンス課題を軽減するために、オープンソース業界で法務、コンプライアンスの専門家のためのフォーラムを提供しています。

「日本でも、米国や欧州のように、 Linux Foundationとブラック・ダックの強固な関係は、オープンソースの使用の利点を示す原動力となっています。」「オープンソースとLinuxプラットフォームは、日本およびアジアにおける組込みソフトウェア開発と、エンタープライズITの中で、最も重要な技術革新を推進しています。弊社の日本国内セールスパートナー6社(*注1)により成長している当社のアジア太平洋地域事業は、当域企業へのOSSの重要性の証です。」 と、ブラック・ダック・ソフトウェア株式会社アジア・パシフィック、リージョナル・ディレクター 金 承顕は、述べています。

「OSSの採用への伝統的なITの障壁 - 品質、セキュリティ、サポートに関する懸念-それらは、 急速に解消している。」とThe Linux Foundation、 エグゼクティブ ディレクター、Jim Zemlin氏は述べ、次のように語っています。 「Linux Foundationは、オープンソースが、前例のない速度でイノベーションを作り出すモバイル、クラウド、ビッグデータ、ソーシャルメディアなど、今日の最も重要な技術トレンドの進化に影響を与えていることを理解しています。ブラック・ダックや、その志を同じくする企業と協力し、開発、大幅な技術革新のペース改善を積極的にサポートします。」

Linux Foundation のEnterprise User’s Meeting、Open Compliance Summit,の詳細は以下のURL、当社サイトをご覧ください。
リンク
リンク
リンク

(*注1)
ブラック・ダック・ソフトウェア株式会社(日本)のセールスパートナー(敬称略・順不同)
株式会社ベリサーブ -  リンク
株式会社日立ソリューションズ - リンク
東芝情報システム株式会社 - リンク
株式会社 グレープシステム - リンク
日本電気株式会社 - リンク

その他のパートナーについては、当社URL リンク
をご覧ください。

ブラック・ダックについて
OSSの利用、ガバナンスと管理における有力なパートナーとしてブラック・ダックは評価の高いソフトウェアとコンサルティング、OSSの技術と手法を提供し、様々な規模の企業でブラック・ダックを利用いただいています。幅広いOSSコミュニティの中でブラック・ダックはOhloh.netを通して開発者にOSS情報を提供、Open Source Delivers blogでは専門家による最新情報を提供しています。ブラック・ダックはOpen Source Think Tankという国際イベントを主催し、著名人によるOSSの未来形作に取り組んでいます。ブラック・ダックは米国ボストンに本社を置き、サンマテオ、セントルイス、パリ、フランクフルト、香港、東京、ソウル、北京にオフィスがあります。

日本サイト:リンク
英文サイト:www.blackducksoftware.com
ツイッター:@black_duck_sw


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事