logo

「スマ・エコ プロジェクト」が第10回エコプロダクツ大賞においてエコプロダクツ部門国土交通大臣賞を受賞

大和ハウス工業株式会社 2013年11月26日 14時30分
From 共同通信PRワイヤー

2013/11/26

大和ハウス工業株式会社
代表取締役社長 大野直竹
大阪市北区梅田3-3-5

当社のスマートコミュニティ「SMA×ECO PROJECT(スマ・エコ プロジェクト)」が
「第10回エコプロダクツ大賞」において
「エコプロダクツ部門国土交通大臣賞」を受賞しました

 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:大野直竹)は、エコプロダクツ大賞推進協議会が主催する「第10回エコプロダクツ大賞」に応募し、当社の低炭素社会に向けた新しい街づくりを目指す「SMA×ECO PROJECT(スマ・エコ プロジェクト)」が、「エコプロダクツ部門国土交通大臣賞」を受賞しました。

■「SMA×ECO PROJECT」の受賞評価コメント
 エネルギー自給自足へシフトしていくための街づくりのプロジェクトであり、共用部に設置した太陽光パネルの発電と蓄電池を組み合わせることにより、街にあるLED街灯、集会所冷暖房、電気自動車への電力供給が可能である点など、「街全体のエネルギー見える化」や「住民自身が関わる環境保護」の仕組みを取り入れている点を高く評価した。また、エネルギー消費削減率が上位の家庭に、カーシェアリングに利用可能なポイントを付与する仕組みも、楽しみながら省エネ意識を向上させる取り組みとして評価した。

■「SMA×ECO PROJECT」について
 「SMA×ECO PROJECT」は、当社が2011年10月に開始した、エネルギー自給自足を目指すための街全体でのプロジェクトです。
 「SMA×ECO PROJECT」の第1弾として、2013年6月にまちびらきをした「SMA×ECO TOWN(スマ・エコ タウン)晴美台」は、65区画全ての住戸に家庭用リチウムイオン蓄電池(6.2kWh)※1や当社オリジナルのエネルギーマネジメントシステム「D-HEMS II(ディー・ヘムス ツー)」、太陽光発電システムを搭載するとともに、街全体のエネルギーの見える化や集会場の屋根や地下式の調整池上にも太陽光発電システムを設置したパーフェクトスマートタウンです。
 今後も当社は、全国で「SMA×ECO PROJECT」を展開し、エネルギーを自給自足できる街づくりを目指すことで、低炭素社会の実現に寄与していきます。
 ※1.エリーパワー株式会社製。

URL リンク


未来をつなごう、We Build ECO

●エコプロダクツ大賞について
 「エコプロダクツ大賞」は、すぐれたエコプロダクツを表彰することを通じて、エコプロダクツの供給者である企業等の取り組みを支援し、エコプロダクツの開発・普及の促進を図るとともに、エコプロダクツに関する正確な情報を事業者や消費者等に広く伝えることを目的に、2004年から実施されているものです。
 エコプロダクツ大賞は、財務省、厚生労働省、農林水産省、経済産業省、国土交通省、環境省後援のもと、「エコプロダクツ部門」と「エコサービス部門」で構成され、各部門において、後援各省の大臣賞(大賞)が授与されます。また、大賞に次いですぐれたエコプロダクツには、エコプロダクツ大賞推進協議会会長賞(優秀賞)が授与されます。
 なお、表彰式は、12月12日(木)に東京ビックサイトで開催されるエコプロダクツ展(エコプロダクツ2013)で行われます。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。