logo

◎究極のポルシェ・スポーツカーが広州国際モーターショーの見学者を魅了

ポルシェ 2013年11月26日 14時36分
From 共同通信PRワイヤー

◎究極のポルシェ・スポーツカーが広州国際モーターショーの見学者を魅了

AsiaNet 55135
共同JBN 1442 (2013.11.26)

【広州(中国)2013年11月25日PRN=共同JBN】
*広州国際モーターショーに、新型918スパイダーと新型911ターボSが登場

11月21日、広州のPazhou International Exhibition Centreでポルシェ(Porsche)が2台の画期的なスポーツカーを初公開した。新型ポルシェ918スパイダー(Porsche 918 Spyder)と新型ポルシェ911ターボS(Porsche 911 Turbo S)がアジアで初公開され、その瞬間、2台の新型車は中国で高い評価を受けた。

 (Photo: リンク
 (Photo: リンク

中国およびポルシェワールドからメディアとVIPが広州に集まり、この最新車両の初公開を目撃した。ホスト役を務めたポルシェ・チャイナのディーシュ・パプケ最高経営責任者(CEO)は初公開の重要性について「今日、中国はポルシェが世界で成功を収めるうえで主要な柱となった。なぜならば、われわれは当社の車種レンジのあらゆるモデルに備わるパフォーマンスとエフィシェンシーの価値を高く評価するポルシェ・エンスージアストの忠実なコミュニティーを素早く築き上げたからである。毎年、がポルシェ・スポーツカーの魅力に気付く中国人がますます増えてきた」と説明した。中国にあるポルシェ・センターを通じて2013年の最初の10カ月間で3万406台のスポーツカーが販売されており、中国は世界で2番目に大きなポルシェ市場である。

この日のハイライトは、未来のビジョンを体現する新型ポルシェ918スパイダーで、608bhpを生み出す4.6リッターV8エンジンと、286bhpを生み出す2基の電気オーターを搭載し、全体出力は887bhp(8500rpm)に達する。重量最適化されたワイスバハ・パッケージを搭載したこの車は0-100 Km/h加速2.6秒、最高速度343 Km/hを誇る。

伝統と革新を求めるならば、今年50周年を祝ったポルシェ911をおいて他にはない。われわれはポルシェ911ターボの第1世代の誕生40周年も祝った。広州国際モーターショーでは、さらにもう一つのハイライト、新型ポルシェ911ターボSがアジア初公開された。

新型911ターボSのために、ワイサッハのエンジニアはリヤアクセル・ステアリング、乗用車では初めて使用される最新のポルシェ・アクティブ・エアロダイナミックス(PAA)に加え、従来モデルよりも大きなエンジンパワーと多くの標準装備を搭載するためにコンポーネントの90%を新たに開発した。3.8リッター水平対向ツインターボエンジンは6500rpmから6750rpmの間で560bhpを達成し、0-100 km/h加速3.1秒、最高速度318 km/hを記録する。

2013年広州国際モーターショーで展示されたすべてのモデルは、モーターショーの公式モットーである「Lead the Trend, Steer the Future」を忠実に体現し、称賛していた。レーストラック上や一般路上のいずれを走行しても、助手席や運転席のいずれに座っても、すべてのポルシェからはモータリング伝説と未来へのメッセージが伝わってくる。

▽ポルシェ・チャイナ(Porsche China)について
ポルシェは1931年、ドイツのシュツットガルトでフェルディナンド・ポルシェ氏が創設し、長年にわたり世界最高級の自動車ブランドとして知られてきた。「Porsche Intelligent Performance」の信条の下で、ポルシェはほかに先駆けて、パフォーマンスとエフィシェンシーの完全一体化が可能であることを実証する新世代のスポーツカーを提供する。

詳細な情報、問い合わせはウェブサイトwww.porsche.cnを参照。

ソース:Porsche

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事