logo

日本初!のWordpressサイトの改ざん復旧サービス「WebRepair(ウェブリペア)」を開始

Cross&Crown合同会社 2013年11月25日 17時30分
From DreamNews

経営コンサルティング業を展開するクロスアンドクラウン合同会社(本社:東京都町田市 代表:増子貴仁)は、WordPressサイト改ざんの復旧サービスの提供を2013年11月26日開始する。金融系システム構築のマネージャークラスが中心となり、中小企業向けの平易な表現を中心としたセキュリティの「入り口」サービスを志向、初年度1,000件の受注と、製作会社向けセミナーによる業界のノウハウ底上げを目指す。

WordPressサイトの改ざん復旧サービスの概要


<金融系システムの築マネージャークラスを中心としたセキュリティチーム>
クロスアンドクラウンでは、これまで金融系システム構築と安価なWebサービスWebma!などを中心に積み上げたノウハウをもとに、昨今多発しているWebサイト改ざんに対応する復旧サービスを開始した。
これまでも製作会社を中心に約40件/月程度の復旧作業を行っておりこのノウハウを生かしたものとなる。中小企業の場合、専門会社の高額なサービスを受けることが難しいこと、また製作会社による復旧以外の選択肢がないことなどから、中小企業のWeb集客を安定化させセキュリティ意識を高めることを狙いとしている。



<再制作より低コスト>
復旧費用はわずか29,800円(税抜)
CMSのうちWordPressで制作されたHPの改ざんを修正し復旧を行うサービスです。
低価格な理由としてはサービス対象をWordPressサイトに絞り、これまでの復旧ノウハウを生かし、webだけでの集客に限定。営業マンゼロ、オフィスコストを大幅削減しているからです。
これまでHPの復旧サービスは制作をお願いした会社に依頼する事が一般的でした。納品時のデータを保持し、サイト構造を理解し、不審なファイルを見つけることができるからです。しかしながら昨今はwebの開発環境が整い、中小企業であれば“デキル担当者”が自社のHPをWordPressなどのCMSを用いて制作することが多くなってきています。
また、制作会社でもCMSのテーマを購入してPHPやHTMLなどのコーディングを行わず顧客に納品する格安HP制作も増えてきています。
しかし“HPを制作できるスキル”ではクラッカー(悪いハッカー)から改ざんを被るとバックアップがなければ復旧はほぼ絶望的です。
対応方法をネットで集めながら試行錯誤するしかありません。


確かに格安のHP制作サービスがあります。でも育てたホームページがなくなってしまうというのはとても残念なことです。SEOを意識した記事とそれに費やした費用と時間、作り上げたコンテンツを生かしたいと思う企業と個人の方々にご利用いただきたいと考えております。


<再改ざん保障>
基本料金の中に3か月以内の再改ざんに対する保障をお付け致します。


弊社では再発防止の処置を行いますが、万一復旧後に再度改ざんを行われた場合は無償にて再復旧作業を行います。



下記の症状に覚えがあるホームページの管理者は不審なファイルにお気を付け下さい。
改ざんされたサイトの挙動の特徴
・サイトの表示が前触れもなく重くなった。
・トップの画面が真っ白になった事があり、何もしていないが復旧した。
・見慣れないプラグインがあるが削除はなんとなく心配なので放置している。
*サーバー内に設置されていたバックドアの画面キャプチャはこちら
リンク



サービス提供地域および本リリースに関するお問い合わせ
WebRepairは全国どの企業様・個人の方もご利用頂けます。


*注:中小企業向けのHP改ざん復旧サービスは日本初


総合窓口:クロスアンドクラウン合同会社 システムソリューション事業部 WebRepairチーム
WebRepair事業責任者 増子貴仁
東京オフィス:〒195-0053 東京都町田市能ヶ谷2-11-61
 Tel:0120-980-939
Email: consulinfo@crossandcrown.jp
リンク


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事